? 2016/17シーズン・石川祐希選手のセリエA挑戦!ラティーナ(Latina)とは | バレーボールのミカタ

2016/17シーズン・石川祐希選手のセリエA挑戦!ラティーナ(Latina)とは

2017-04-23海外バレー, 龍神ニッポン

どうも。リオです。

私も現在調査中ではあるのですが、簡単にまとめておきたいので記事にしてみます。

一応記者会見前ですが、中央大学からもLatina所属と出ているので、公式として扱います。

バレーボールのイタリア・セリエAのご紹介

イタリア セリエA公式サイト(英語表記)

せめて英語じゃないと、やってられませんな…基本イタリア語です。

それにしても簡単にご説明すると、ラティーナ(Latina)はセリエAの最高峰リーグ「SuperLega」の中のチームであるということですね。

イタリアのセリエAは以下のようなグループ構成です。
日本のサッカーで言うところの、

SuperLega = J1
Serie A2 = J2

のような感じです。

もっと下位リーグとして、B1やB2が存在しますが、ほとんどジュニアの世代の育成枠というような形ですかね。

過去、プロ契約を結んでイタリアへ渡った選手は2人です。

加藤陽一さん:SerieA1 トレビゾ(当時)
越川優選手:SerieA2 パドヴァ(現在SuperLega所属)

越川選手はなかなかの功績でして、パドヴァで2シーズンやってA2からSuperLegaへ昇格させてその後1シーズンという点ですかね。

所属チーム:ラティーナ(Ninfa Latina)公式サイト

イタリアのチーム名はスポンサー名が先に来て、そこからホームの都市の名前が来ています。

以前所属したモデナも正式には「DHL Modena」なのですが、皆「Modena」って呼びますね。

まあ、なんだ。メンバーは誰1人わからない…

私がちょっとバレーから離れていたというのもあるかと思いますが、近年見てもなかなかわかりそうもないです。

と、公式サイトを見ていたら、「FEI(フェイ)選手」を獲得したらしいです。昔はOPだったような。WSかもですが。

元イタリア代表の…!さすがに名前くらいは聞いたことがあります。

彼以外がちょっと…。

逆に言えば、レギュラーポジション獲得のチャンスかも

例えば、モデナのような世界のスター選手が名を連ねるようなチームに行っても、今の石川選手の実力では試合には出られないと思うんですよ。

あくまで現時点での話しなので、今後成長していけばまた違うとは思いますけども。

各国の代表選手のようなスターがいますからね。

しかしイタリアのリーグは「イタリア人を自チームでコート上には常に3人以上プレーしていなければならない」というルールがありますので、その辺は残り3人に石川選手が食い込んでいけるのかというのが注目です。

またモデナの時のようにベンチを温め、格下の時だけ出場を許される枠の可能性も捨てきれないが

というのも、問題は所属期間ですね。

イタリアリーグは9月~3月がレギュラーシーズンとなります。

石川選手は前回同様全日本インカレ後12月からチームに入り、3月末まで所属するということで。

前回、12月はユニフォームを着てベンチには入ったものの、試合にはほとんど出られませんでした。

中盤の2月くらいに、レギュラーのフランス代表WS・ヌガペト選手の替わりに数試合出場できたくらいです。

あれほど特別待遇だったですが、ただゲストとして扱われたのみのような感じでした。

12月からイタリアということは、9月からの秋季リーグと天皇杯予選、全日本インカレは大学の試合に出場するつもりなんですかね。

ケガの具合がわかりませんが、この酷使っぷりを見るとまたケガしかねないなと思ってしまいます。

4月に戻ってきたら、またすぐ代表へ招集がかかるかと思いますので。

来年は5~7月WL、世界選手権アジア予選、ワールドグランドチャンピョンズカップ(グラチャン)の年です。

全日本インカレまでいる必要があるのかどうか。

本気でレギュラー獲りを狙うなら、9月の開幕からいてほしいものですね。

所属チーム側がどうしても手放さないんでしょうね…卒業するまで搾取られるのでしょうか。

何だか不憫なんですが。

まあ、所属などはご本人が決めることなんでいいんですけど、せめて万全の状態になるまで体は動かしてほしくはないですし、またケガを押して試合に出場するなどは本気でやめてほしいと思います。

周囲の大人も止めてくださいと言いたいです。

ともあれ、記者会見があってからですね。いろいろと。

Vリーグ観るならDAZN!