? 【Vリーグ20/21シーズン】10/17 V1 パナソニックパンサーズ vs FC東京 ツイートまとめ - バレーボールのミカタ

バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ20/21シーズン パナソニックパンサーズ

【Vリーグ20/21シーズン】10/17 V1 パナソニックパンサーズ vs FC東京 ツイートまとめ

投稿日:

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-1 FC東京

試合実況

雑感

・「トランジションを制した者がゲームを制す」のような戦いだった
・開幕戦なのに見ごたえが
・実際セットを取るときは20点以降のサービスエースが肝だったが
・というので、やはりパナが上回っていた
・ただ、サービスエースがなければ、パナが勝てていたかは疑問
・清水とクビアクが素晴らしく
・セットは荒れていたし、思うような場所に来なくて打てないとかがあって結構酷かった
・トランジションについてはFCが上だった
・いや、本当に清水とクビアクが良かった
・清水は途中交替になったが
・あと4セット目は後半に大竹のサービスエースもあった
・やはり20点以降のサービスエース
・パナはこんな恥ずかしい試合をしていたらいよいよ優勝が見えてこなくなるので、今後のチーム完成に期待
・そんな悪い状況を新しくやってきたティリ監督は敏感に感じていたと思う
・選手たちは開幕だからなって感じで、余裕ではないけどわかっているけど悪いなりにうまく戦ってくれたと思う

 

・長友は復帰戦は上出来です
・ラリー中(トランジション)で、高くボールを上げて味方にいい状態を作り出すの良かった
・チャンスボールなどを高ーく上げて全員走れる状態になると、パナのブロックが迷っていて、クイックがかなり決まっていた印象
・2セット目に多用、3セット目にパタリとそれやめたのは敢えてだろうか…
・3セット目は普通の?高さというか
・しかし3セット目の逆転はお見事
・太一郎との連携も試合中だんだんと良くなっていく
・リードブロックでクイックをドシャットしてたのも良き
・深津3が焦っていたのはブロックからのプレッシャーか
・それでもスパイカーが何とかしていたが…そういう時コースに打たれて拾えなかったが、そこは諦める方針っぽい
・レセプションは高く上げないんだろうか
・とりあえずワンを高く上げて間を作って4枚シンクロはパナ相手に通用していた

 

2試合目も気になりますが、とりあえず時間がないので、今夜は長野テクトを観ますし、その後サントウルドも観ます。

-FC東京, Vリーグ20/21シーズン, パナソニックパンサーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2020 All Rights Reserved.