? 【V.LEAGUE18/19シーズン】3/16 ファイナル6 パナソニックパンサーズvs東レアローズのミカタ。 | バレーボールのミカタ

【V.LEAGUE18/19シーズン】3/16 ファイナル6 パナソニックパンサーズvs東レアローズのミカタ。

Vリーグ18/19シーズン, バレーボール, パナソニックパンサーズ, 東レアローズ

昨日は観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

大阪ラウンドが始まりました。

試合結果

パナソニックパンサーズ 1-3 東レアローズ

実況

試合のポイント:セッターがカギを握った試合。クイックが使えたかどうかで差が出た

パナソニックはかなり不調と言えた試合だったでしょう。

選手達はそこまで調子が悪いわけではなかったように思いますが、とにかく噛み合わなかったという印象です。

いつもは拾えるようなボールが落ちたり、クビアク選手が孤軍奮闘に観えたり…。

特に攻撃のバリエーションという意味では少なかったですね。

クイックが合わなくて、その後しばらくクイックが使えなくなり、せっかくまた使った時にシャットアウトされてしまったりとかなり悪循環でしたね。

劣勢に立つとセッターの深津英臣選手が焦ってしまうのがよくあります…。

もうトスのほとんどがクビアク選手に上がり、それを全て決められるはずもなく…当然相手の東レも対応してきます。

そこは落ち着いて大竹選手にボールを集めるなどしたかったですね。

クイックももっと使いたかったです。

山内選手も白澤選手もあまり合っていなかったのですが、それでも調整しながら使うということが必要でしたが、とにかく点数を取るということを優先してしまった深津英臣選手。

せっかく4枚攻撃が準備していても、トスの上がる先が分散されなければ厳しいですね。

連携がほとんどうまく行っていなかった印象があるので、1日で修正できると良いのですが…。

スタートは福澤選手でしたが、久原選手が入ってチームが落ち着いた感もありますし…。

セッターの梅野選手がチームに馴染んできた。スパイカーがのびのび決めていた

東レは前週よりもずっと梅野選手が馴染んでいる印象でした。

梅野選手のトスは、スパイカーの打点の高さを引き出す打ちやすいトスなんですよね。

かなり合っていましたし、配球も良かったです。

クイックもそこまで多くはないですが使えていましたし、とにかくルジェ選手とアウン選手が高い打点から打ってくるので、なかなかディフェンスできなかったですね。

また、この試合は久々に登場した富松選手が良い働きをしていましたね。

ブロック面ではやはりこの人でしょうか…。

ただ、途中退場となってしまいました。

ブロックは本当にしつこくて、かなりサイドへ走って跳んでを繰り返していたので、足は痛めやすいと思いますが…。

無理してしまったかなと…しかし、本当に頑張ってくれました。

OHの星野選手も痛み止めを打ちながら戦っているという情報も…。

勝利はおめでとうですが、無理なさらず…。

ルジェ選手が特に良かったですね。スパイクをかなり決めてくれて、チームをけん引していました。

VOMは梅野選手でしたが、梅野選手はセットアップはもちろんディグもかなり良かったのですが、ルジェ選手にもあげたかったくらいですね。

バックローテーションなのに前に来てしまったトスも走って打ち込んだりと、本当に活躍していました。

東レはチーム全体的に手負いのような感じですが、チーム力が上がっているような気もします。

リーグが終わるまでこのまま行ってほしいですね。

 

集客は厳しそうですね…。

2階スタンドの上段というか、奥の方に人はいるので、その人たちは空いている席に誘導するとかできなかったものかと思ってしまいました。

何とかならないものですかね…。

Vリーグ観るならDAZN!