? 【V.LEAGUE18/19シーズン】ファイナル6 3/9 サントリーサンバーズvs堺ブレイザーズのミカタ。 | バレーボールのミカタ

【V.LEAGUE18/19シーズン】ファイナル6 3/9 サントリーサンバーズvs堺ブレイザーズのミカタ。

Vリーグ18/19シーズン, サントリーサンバーズ, 堺ブレイザーズ

どうも。バレーヲタのリオです。

2月中の記事は時間を作って書きますので、先にこちらを…。

この熱戦を、是非会場で…!

試合結果

サントリーサンバーズ 3-1 堺ブレイザーズ

実況

試合のポイント:1セット取ってから相手の変化に対応できない堺。サントリーは対応を変えて乗り切った試合

堺は1セット目にうまくいったんですよね。

しかしそこからが…。

そして1セット目からニコ選手に打数が集まっていたのが気になっていましたが、やはり後半にガス欠となってしまいました。

ニコ選手が消耗し過ぎたのは、ローテーションに関係がありましたね。

髙野・出耒田・関田選手が前衛の時は、ニコ選手はライトからバックアタックがあります。

樋口・松本・ニコ選手が前衛の時は、なぜかこの日松本選手のクイックが少なく、そして樋口選手も2セット目以降はサントリーのムセルスキー選手とのマッチアップに苦しみ、ニコ選手に打数が集まってしまいました。

その後、松本選手を竹元選手に交替し、さらにクイックが減った印象…。

関田選手は出耒田選手のクイックは使えていたのですが、竹元選手にもっとあげたかったですね…。

悩んでいる様子でしたから、セッターを交替してみても良かったかもしれません。

そして最終的には後手に回ってしまった試合でしたね…。

4セット目になって、ようやくムセルスキー選手に樋口選手ではなく髙野選手を当てるローテーションにして、ようやく戦えて来ましたが、時すでに遅し…。

サントリーとの試合はムセルスキー選手とのマッチアップが避けられませんが、髙野選手の方が戦えていたかなと。

内定の樋口選手にはまだ勉強といった印象です。

ローテーションを回し、OHを交替して試合を乗り切ったサントリー。対応はお見事

1セット目は正直あれ?と思う内容でしたが、2セット目以降はコート内の選手達も大分楽になったのではないかと思います。

それくらい戦術というのは大事ですね。

そしてメンバー交替で秦選手→米山達也選手となりましたが、本当に良い仕事をしますね。

途中で出てきて活躍するというのは、基本的には難しいんです。

ベテランというのもあるのでしょうが、試合に対するモチベーションは尊敬するものがありますね。

ただ自分が試合に出たいだけじゃなくて、チーム全体のことを考えていて、自分が出たらどう戦うかをイメージしたりしていないとできないですね。

1セット目は取られましたが、その後の対応はお見事としか言いようがありません。

サントリーはこういう戦い方なのかなと。もはや割り切っていい気がしてきました…。

後手と思われがちなんですけど、悪かった時の修正能力はちゃんとあると言いますか。

相手の堺はベンチの対応がもっと遅かったですしね。

 

これは衝撃でしたね…。

ケガは付き物ですが、それでも秦選手も頑張っていましたし、米山達也選手もきちんと仕事をしましたし。

戦力的には戦えると思うので、今後の試合も注目していきたいと思います。

ケガはないに越したことはないんですが…。

Vリーグ観るならDAZN!