? 【V.LEAGUE18/19シーズン】2/10 パナソニックパンサーズvs豊田合成トレフェルサのミカタ。 - バレーボールのミカタ

バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン ウルフドックス名古屋(旧豊田合成トレフェルサ) パナソニックパンサーズ

【V.LEAGUE18/19シーズン】2/10 パナソニックパンサーズvs豊田合成トレフェルサのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

この試合は、どちらも助っ人がいない状態で戦ったのですが、かなり面白かったです。

試合結果

パナソニックパンサーズ 1-3 豊田合成トレフェルサ

実況

試合のポイント:全員が攻撃に参加し、サボらない。交替で出てくる選手も活躍。高いレベルの試合になった

お互い戦力も充実していますし、かなり良い試合になりましたね。

パナソニックはまず本調子ではなさそうな福澤選手を早めに久原選手に交替したのが良かったと思います。

本当ならその前の試合まで出場していた久原選手は休ませたかったのかもしれませんが、そうはいきませんでした。

クビアク選手のポジションを渡辺選手が務め、久原選手に替わってからは攻撃力がかなり活きていましたね。

福澤選手については出来がかなり悪かったので、早めに交替した川村監督の采配が本当に良かったです。

ベテランのネガティブさがチームに伝染してしまっては困りますしね。

途中から出てくる2枚替えも状況を打開するまでには至りませんでしたが、状況を悪くすることはなかったので良かったと思います。

2枚替えは元々博打なので、怖いところですが…。

クビアク選手はベンチアウトでしたが、本当に調子の悪い選手を交替してからはかなり上向きだったですし、ディフェンス面でも良かったですし、パナソニックはこの敗戦は引きずる必要がないですね。

渡辺選手も良い仕事をしましたし、交替しても戦える状況だったので問題ないです。

それを確かめることができた試合でしたね。

豊田合成もまた交替が機能した試合

近選手→山近選手、2枚替え、白岩選手→勝岡選手などいろいろ交替していましたが、この日の豊田合成は全てハマっていましたね。

少し調子が悪いと思うと早めに対応できていたのが良かったと思います。

疲れが出てくる時期ですから、福澤選手だけじゃなくて全員パフォーマンスが落ちることはありますから。

高松選手も途中で足をひねった場面もあり、心配でしたがプレーは問題なさそうでした。

こういったケガに繋がるようなヒヤッとした場面も出てきますし、今後も気を付けていただきたいですね…。

 

別府は高松選手の地元ということで、クローズアップされていました。

そんな高松選手のお父さんが、席に座っていなくてずっと立ちっぱなしでまさか親族なのに立ち見席じゃないよね?と最初思ってしまいましたが、終始立ったままスティックバルーンを両手に持って高松選手の応援をしていて、最後はDAZNカメラにアピールまでしていて、なんかDNAから違ったんですねって思いました(笑)

立ちっぱなしと言っても、後ろの人の邪魔にならないように、席ではなくて歩く場所のようなところでご覧になっていましたが。

しかし背が高い…やはりバレー選手の親御さんは背が高いなと(笑)立ち姿を見て思ってしまったり。

途中ケガは心配でしたが、高松選手のお父さんがなんか凄いなと思ったりしていました。

-Vリーグ18/19シーズン, ウルフドックス名古屋(旧豊田合成トレフェルサ), パナソニックパンサーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2020 All Rights Reserved.