? 【V.LEAGUE18/19シーズン】2/10 大分三好ヴァイセアドラーvsVC長野トライデンツのミカタ。 | バレーボールのミカタ

【V.LEAGUE18/19シーズン】2/10 大分三好ヴァイセアドラーvsVC長野トライデンツのミカタ。

VC長野トライデンツ, Vリーグ18/19シーズン, 大分三好ヴァイセアドラー

どうも。バレーヲタのリオです。

両チーム共に、逃したくない試合だったでしょう。

試合結果

大分三好ヴァイセアドラー 3-0 VC長野トライデンツ

実況

試合のポイント:V1リーグでもまれ、戦力が噛み合った大分三好がVC長野を退いた

もう最下位争いというのはなくて、勝ち点を積み重ねた大分三好が上になるのは決まっていたところですが、お互い直接対決で負けたくなかったでしょうね。

VC長野は、OPに池田選手でスタートし、それから選手交替で何とか打開したかったところでしょう。

3セット目のメンバーが面白かったですね。

OPに入っていた池田選手をOHに持っていき、OPに小林選手を入れました。

OHの栗木選手・池田選手、MBの森﨑選手のサーブが強いので、いい勝負ができるのではないかと希望が持てました。

レセプションの面でリベロの山本選手に負担がかかったりすることもあるのでしょうが、なかなか良いアイディアだったと思います。

やはりサーブである程度主導権を握りたいですね。

まだブロックに関しては、矢貫選手と森﨑選手がリードブロックで反応できている状態のように感じますが。

OPについては、今シーズンはできるメンバーである程度回しながら戦うしかないと思うので、池田選手がOHに行ってどういう変化があるのか楽しみです。

OPはできるだけ小林選手で行くのがベストじゃないかなと感じました。

池田選手は攻撃力がありますが、OHでも大丈夫だと思うので。

しかしもう残り数試合しかないのに、まだいろんなアイディアが出てくるんだなとベンチに感心したりしました。

戦力が噛み合っていた大分三好

大分三好の場合は誰をどこのポジションで起用するというのは迷いがないですから、選手達も迷うことはありませんでしたね。

しかしこの試合は結構変わっていました。

エスペホ選手はシーズン当初からほとんど2番だったので、5番をやっているのを観たのは初めてですかね…。

この試合はケガ明けの前日の試合とは違って試合勘も戻っていたようですし、動きが良くなっていました。

対角の勝選手はレセプションをするので、守備固めで辻口泰地選手が入ってくるケースが多かったですが、この日ヒーローインタビューになるくらいにスパイクを決めていたので、かなり馴染んでいましたね。

エスペホ選手はわりと攻撃参加に徹していた印象でした。

これはこれで面白かったです。

シーズン終盤でオプションを獲得したような形でしたが、戦力的に既に整っていて、誰がどんな役割かは決まっているチームですので問題なかったですね。

戦力は本当に頼もしいですね。

ヤカン選手もエスペホ選手もリーグ中に成長していますしね。

今ですら上位チームと接戦になったりしますから、来シーズンはセットを取ったり勝利したりももっと増えてくると思います。

大分三好の場合は1レグでもっとまとまりたかったですしね。

来シーズンはスタートから今のような状態で挑めると全然違ってくると思いますので、楽しみにしています。

 

両チーム共に来シーズンが楽しみですが、凡ミスのようなミスがなくなるともっといいです。

どちらにも言えることです。

その1点のおかげで追いつけなかったりするのでね…そういうところをなくして、自信を持ってプレーしていってほしいですね。

Vリーグ観るならDAZN!