? 【V.LEAGUE18/19シーズン】2/9 東レアローズvsサントリーサンバーズのミカタ。 | バレーボールのミカタ

【V.LEAGUE18/19シーズン】2/9 東レアローズvsサントリーサンバーズのミカタ。

Vリーグ18/19シーズン, サントリーサンバーズ, 東レアローズ

どうも、バレーヲタのリオです。

まだ追いつきませんが、3月中には間に合うといいなと…。

試合結果

東レアローズ 3-1 サントリーサンバーズ

実況

試合のポイント:東レのサーブが良かった試合。サントリーはベンチワークが機能せず

サントリーについては、ベンチワークが問題だったと思います。

選手の調子は悪いってとは思えませんでしたが、セットが低めに来ていてスパイカーがあまり打てていなかったのと、サーブで狙われたOHをどう起用するかですね。

堺ブレイザーズも似たような問題を抱えていますが、この試合も裏目に出ました。

まず、藤中選手がサーブで狙われて、途中でベテランの米山達也選手や秦選手を投入したのは良かったですが、サーブで崩されるとまた4セット目は途中藤中選手に戻しました。

藤中選手が崩されている時間帯はレセプションが乱れることも苦しかったのですが、それ以上にスパイクがなかなか決まらなかったのが辛かったはずです。

米山達也選手や秦選手が入ることにより、スパイクは決まるようになっていました。レセプションは崩されていてもスパイクは決まっているというのはそこまで悪い状態ではなかったです。

ですが、レセプションもスパイクも崩されていた藤中選手を4セット目にコートインさせてしまった…サーブも乱しやすいブロックしやすい選手を東レに献上してしまったわけです。

もちろん藤中選手を信頼していたというのはあると思いますが、ケガ明けでしたし、本調子とは言えなかったのでは?と思います。

それでも戦える選手がサントリーには揃っていると思いますから、入ってきた選手は良い仕事をしたと思います。

何とかしたかった試合でしたね。

サーブの狙いがハマった東レ

かなりハマっていましたよね。

取られたセットに関しては、サントリーのサーブが良過ぎました。

ですが、引きずる必要がないセットでしたからね。

巻き返しは流石でした。

また、途中で入ったリベロの渡辺選手の働きが素晴らしく…。

ディフェンスをまとめてくれるんですよね。

コミュニケーションを取るのが上手い選手なので、味方を冷静にさせることもできるし、相手にとっては嫌なリベロですよね。

なぜスタメンに定着していないのか不思議なくらいです。

監督としては井手選手を推したいのかな…謎ですが。

 

東レの米山裕太選手とサントリーの米山達也選手、米山兄弟対決がこの試合ではありましたね。

圧巻だったのが、リリーフサーバーで登場した弟の米山達也選手が、バックローテーションでレシーバーに入った兄の米山裕太選手にサーブを打ってサービスエースを連続した場面ですかね。

ファンには堪らないですね。

またの対決があればまた観たいですね。

Vリーグ観るならDAZN!