? 【V.LEAGUE18/19シーズン】2/2 東レアローズvsFC東京のミカタ。 | バレーボールのミカタ

【V.LEAGUE18/19シーズン】2/2 東レアローズvsFC東京のミカタ。

FC東京, Vリーグ18/19シーズン, 東レアローズ

どうも。バレーヲタのリオです。

まだ1週間遅れでして、今週の試合も終わってしまっていますが、祝日も試合を消化したり記事を書いたりして何とか追い付く努力はしたいです。

試合結果

東レアローズ 3-0 FC東京

実況

試合のポイント:良いところまでは行くがセットは取り切れなかったFC東京。東レにはまだ余裕があった

FC東京は良いバレーはしているんですよね…。

それがなかなか結果に結び付かなくて苦しんでいるのです。

産みの苦しみのような時期は終わっていて、これから殻を破る時期に来ています。

きっかけになるような試合があると良いですね。

面白いバレーなんですけどもね…。

栗山選手のクイックについて解説の伊藤氏が話してくれました。

対称的に東レの李博選手のクイックが速過ぎてセットしてすぐ打ってリードブロックに引っ掛かっているということも指摘していました。

栗山選手のクイックはもっと他の日本人選手が真似して良いものです。

栗山選手はブロックを見ながら打てるので、状況判断が良く、それが決定率の高さに繋がっているんですよね。

サイドが決まらなくなってくると、栗山選手を決定打に使うセッターの手原選手もわかっていると思います。

東レは状態は悪くなかったし、髙橋健太郎選手が起用で安定してきた

髙橋健太郎選手の活躍については東レにとって好材料ですよね。

フル出場できる機会も増していて、よく戦っていると感じます。

としながらも、

課題もあります。

解説の伊藤氏がわりと東レの攻撃は単発では速いけどもシンクロはしていないことを指摘してくれていて、それが試合によって諸刃の剣になってしまうこともあります。

天皇杯決勝などがそうですね…JTのディフェンスにバレていましたから。

この試合はブロックされても他の攻撃が活きていたので良かったのですが。

こういうこともあり。

そこだけは今後注意していきたいですが、この試合は乗り切ることができて良かったですね。

 

解説の伊藤氏の語録です。

いろいろ紹介し切れなかったと思いますが、かなり有意義な解説なので、本当に試合を観て体感していただきたいです。

Vリーグ観るならDAZN!