? 【V.LEAGUE18/19シーズン】1/19 大分三好ヴァイセアドラーvsVC長野トライデンツのミカタ。 - バレーボールのミカタ

バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

VC長野トライデンツ Vリーグ18/19シーズン 大分三好ヴァイセアドラー

【V.LEAGUE18/19シーズン】1/19 大分三好ヴァイセアドラーvsVC長野トライデンツのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

書けるだけ書きますか。

試合結果

大分三好ヴァイセアドラー 3-1 VC長野トライデンツ

実況

試合のポイント:決定力に差がある。その分VC長野はサーブでもっと崩さないと苦しい

元々の戦力的に決定力に差があるんですよね。

1レグの試合はVC長野が勝利しましたが、そこは大分三好の準備不足があったかと思います。

ですが、この試合は戦力が噛み合ってきた大分三好に対しVC長野がもっと手を打たないといけなかったですね。

キセレフ選手スタートだったのですが、彼では決定力に欠ける…ということで森﨑選手や小林選手が出てきますが、それだともう遅いような感じでした。

大分三好は頼りどころがあるんですよね。

しかもヤカン選手がつかまっても、今度はエスペホ選手や勝選手が決めてくる…サイドの決め手があります。

オーソドックスなバレーになります。

VC長野の場合、チーム内で1番安定感があるのはOHの栗木選手ですが、ブロックアウトを取る時などは既に結構研究されていて、ワンタッチを取らせてもらえないような状況でした。

負担にならないように、全員で攻撃したいですね。4枚攻撃。

小林選手に決定力がある時は栗木選手の負担も少なめですし良いのですが、調子の見極めが難しい…。

本当に1シーズン引きずりますね…このOP問題。

そして、サーブで攻めたい…。

栗木選手のサーブが来なければ…という状況ですから、そこも何とかしたいですね。

栗木選手が5番なのですが、ここでサーブが来なければ次までブレイクはお預けという状況にはしたくないですね。

3セット目の取られ方が悪く、しかしそれを乗り越えた大分三好

あわよくばストレートで勝ちたかったというのが大分三好の本音でしょうね。

しかし、3セット目の終盤に2連続被ブロック…。

ヤカン選手がそこまで調子は良くなかったのですが、エスペホ選手が大分踏ん張っていて、最後に2本連続でやられてしまったんですよね。

それでも次の4セット目の入りが凄く良かったのです。

嫌な雰囲気を連続ブロックで打ち消すことができました。

そこからは大分三好のペースで試合を運ぶことができたと思います。

エスペホ選手は大分ムラがなくなっていて、安定感が出てきましたね。

特に連続被ブロックを次のセットへ引きずらなかったのは良かったです。

VC長野ペースで試合が運ぶことがありましたが、そこはきちんと我慢して、チャンスをモノにすることができました。

良い戦い方ですね。

あとは上位相手にこれができるかどうかです。

5位~8位くらいには戦えるはずなんですよね。大分三好。

 

お客さんの入りが少なくて…その前の東レFC戦ですら少なかったのに、さらに減ってしまったんですよね。

どちらもホームと会場の距離があるチームなので、応援がそこまで来ないのもあるのでしょうが。

この試合は面白かったので、観てほしいんですけどね…。

-VC長野トライデンツ, Vリーグ18/19シーズン, 大分三好ヴァイセアドラー

Copyright© バレーボールのミカタ , 2020 All Rights Reserved.