? 【V.LEAGUE18/19シーズン】1/19 東レアローズvsFC東京のミカタ。 | バレーボールのミカタ

【V.LEAGUE18/19シーズン】1/19 東レアローズvsFC東京のミカタ。

FC東京, Vリーグ18/19シーズン, 東レアローズ

どうも。バレーヲタのリオです。

続きます。

試合結果

東レアローズ 3-0 FC東京

実況

試合のポイント:東レの調子が良く、FC東京はまだコントロールを掴むまでに時間がかかる

FC東京はこの日はセッターが手原選手でスタートしました。

そうですね…これは確かに山田選手の調子が上がっていないなと思っていましたので、納得です。

手原選手も久々で試合勘などが心配でしたが。

それでもセットの序盤は良い感じだったんですよね。

しかし、そこから試合をコントロールするまでは至りませんでした。

東レには1度勝っていて、その時はさすがに東レもケガ人がまだ復帰していない状態ではありましたが、今回は違います。

FC東京がブレイクを重ねたくても、そこをサイドアウトで切ってきます。

ここで連続ブレイクが欲しいという場面でもなかなかブレイクさせてもらえなかったのがキツかったですね。

逆にそういう悪い状況でもゲームをコントロールしていくということがFC東京には求められると思います。

まだ道のりは長いですが、チームを信じて頑張ってほしいです。

東レは髙橋健太郎選手がフル出場。そのまま戦えたことは収穫

東レは富松選手がまだ…というのは気になりますが、髙橋健太郎選手がフル出場していたのは今シーズン初ではないかと。

きちんと最後まで出場できたのはチームにとっても収穫ですね。

高いクイックはコミットしてもなかなか止まらないでしょう。

システムを試合で戦いながら体に叩き込むような感じですかね。

髙橋健太郎選手のような選手がスタートで戦えるのが理想だと思うので、頑張ってほしいです。

また、この日の東レはセットの終盤にサービスエースが飛び出すんですよね。

競ってもこれでFC東京を突き放すことができていました。

セットの終盤はいかにサーブで攻められるかですから、ここでサービスエースを取れるのは強いですね。

李博選手が戻ってきて、そういった効果はよく観られるようになりました。

ただ、李博選手が入って藤井選手がクイックを多く使えるようになったみたいな風潮はあまり…「いや、そうか?」と思ってしまうので、ファンが考えるのは良いと思うんですけど、解説はそんな感情論はしないでもらいたいですかね。

確かに2人の阿吽の呼吸は感じますけど、藤井選手は他の選手でもクイックは使うでしょうよ…と。

 

FC東京は良いバレーができていますが、悪い状況をどう打開するかですかね。

テニスを観ていても、大坂なおみ選手が「以前は悪い状況を受け入れられなかったけど、今は良い状況でも悪い状況でも変わらないようになった」と言うじゃないですか。

個人スポーツのテニスとはまた違い、チームスポーツのバレーはチーム全員で悪い状況を乗り越えないといけないわけですがね。

上位チームなんかも悪い状況を乗り越えるのがうまいなとよく思うんです。

悪い時は悪いなりに、だけど、良い状況に好転したら待ってましたと言わんばかりにうまく乗っかることができます。

悪い状況になったらよく解説で「ここは我慢だよ」と言ったりしますがその通りで、いかにチャンスが来るのを待てるかなんですよね。

チャンスが来たら全力で乗っかるために、悪い状況では無理に状況を変えようとはせず、我慢する…と言ったことが常勝するチームには必要なんでしょうね。

東レは選手の年齢層的にもチームとしてはそれをわかっている方なのですが、戦力が整うことに少し縛られ過ぎているような気もします。

戦力差を埋めるのは大変ですが、この試合の髙橋健太郎選手のように、もっと起用していかないと厳しいですね。

Vリーグ観るならDAZN!