? 【V.LEAGUE18/19シーズン】1/19 パナソニックパンサーズvs堺ブレイザーズのミカタ。 - バレーボールのミカタ

バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ18/19シーズン パナソニックパンサーズ 堺ブレイザーズ

【V.LEAGUE18/19シーズン】1/19 パナソニックパンサーズvs堺ブレイザーズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

落ち込んだりしていましたが、記事を書くモードに入りました。

こちらの試合は、注目の沖縄大会ですね。

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-0 堺ブレイザーズ

実況

試合のポイント:万全ではない両チームだったが、やはりパナソニックは戦力をうまく起用できている

どちらのチームにとっても不安の残るスタートだったと思います。

パナソニックは前週に膝を痛めた福澤選手がベンチアウト、堺もまだニコ選手は松岡選手と併用するとの情報でした。

そんな中、堺が少し面白くなったのは、内定の樋口選手がOHで登場してからですね。

樋口選手は去年のアジアカップではMBを務めていました。筑波大学ではMBだったはずです。

アウトサイドは大丈夫なのか?と心配でしたが、彼が入ってから堺が面白くなりました。

髙野選手の対角を誰にするかのかはずっと課題ではあるのですが、彼が入ることによりサイドアウトが楽になりましたね。

パナソニックは髙野選手を主に狙っていて攻撃参加を封じていたので、その分樋口選手がフリーになり、得点しやすかったと思います。

まあ、ニコ選手が出ない時点でサイドアウトもトランジションも決定力では不安になってしまうのが堺です。

松岡選手もいますが、髙野選手にも普段より多めにトスが集まります。

そこでパナソニックは髙野選手に負荷をかけようとしていたわけです。

途中小池選手から千々木選手に交替しましたが、スパイク面はさすが、サイドアウトもトランジションもスパイクをよく決めてくれたのですが、レセプションとなると厳しかったですね。

そこで樋口選手が入って、ある程度髙野選手がレセプションをカバーする代わりにスパイクは樋口選手が決めるという形が取れて良かったですね。

内定選手が盛り上げてくれました。

危なげなかったパナソニック。クビアク選手が常時出られると強い

まあ、福澤選手がいなかったですが、久原選手には久原選手の能力があって、普通に試合が成立していましたね。

クビアク選手が抜けるときついと思うことはありますが。

久原選手はよくやってくれました。

チームの調子自体は完全には良くないのでしょうけど、そういう時期でも勝っているので。

福澤選手はどういうケガなのかあまり公表されていないようなので、不思議でしたが。

クビアク選手はすぐ出ましたよね…。

選手によって対応を変えているんですかね…不思議です。

 

面白かったのは、現地沖縄のお客さんの反応ですね。

もうキャーキャー言ってくれますね!

そこが何だか良いですね。

もっと反応してほしいなという地域もよくありますが、どんどん前に来ますね。

私も来年あったら行きたいものです。

普通に観光もしたいですしね。

いいですよね…お客さんもたくさん来てくれましたし、また来年もやっていいのではないかと思います。

-Vリーグ18/19シーズン, パナソニックパンサーズ, 堺ブレイザーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2020 All Rights Reserved.