? 【V.LEAGUE18/19シーズン】1/13 パナソニックパンサーズvs東レアローズのミカタ。 | バレーボールのミカタ

【V.LEAGUE18/19シーズン】1/13 パナソニックパンサーズvs東レアローズのミカタ。

Vリーグ18/19シーズン, バレーボール, パナソニックパンサーズ, 東レアローズ

どうも。バレーヲタのリオです。

間に合いそうにありませんが、焦らずゆっくりと追加していこうかなと思います。

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-1 東レアローズ

実況

試合のポイント:東レは1セット目を取った後に失速してしまった。パナソニック攻略には手を休めないことだ

東レは1セット目が良かったですね。

1セット目に5点差以上のリードを作ってそれでもパナソニックは地道に追い付いてきたのですが、振り切りました。

ですが、2セット目以降はパナソニックの先行状態…。

仕掛けてチャンスを作ってモノにするということをしていかないと苦しいですね。

パナソニックは淡々とそれをやっていくだけなので。

ルジェ選手が奮闘する姿もありましたね。

納得いかないことには審判へもしっかり意見を言うし、チャレンジをもっとやろうとトライを促したりして、勝利への執念を感じました。

チームも彼に着いていきたいですね。

1セット目のフラストレーションを乗り切って戦えたパナソニック

1セット目は本当にフラストレーションが溜まったでしょうね。

しかし2セット目以降は東レのやってくることに対応しながら、自分達で仕掛けていってブレイクを重ねていました。

もうこうなってくるとパナソニックのペースなんですよね。

これを崩すのにどのチームも苦労しているのですが。

最後までフラストレーションを溜めたまま戦わせたら勝つことができるんでしょうね。

気になったのは2セット目以降ですか。

これは私も気になりました。

クビアク選手がスパイクを打つと確かに安心して決めてくれるのでしょうが、もっと他の選手にもトスを…というのは常々思います。

単純に勝つために割り切っているように見えますが、信頼している選手にしかトスを上げてないようにも見えますしね…。

セッターの深津英臣選手はトスが片寄るという課題があるはずなので、もっと分散しても…と思います。

 

バレーボールの観戦マナーにご注意を!カメラのフラッシュはおやめください。

この試合は会場内のアナウンスでこんな注意が…。

せっかくそばで観られる選手をカメラで撮影したいのはわかりますが、フラッシュはダメですし、その前に出てくる赤いランプもダメです。

カメラの説明書をよく読んで解除しましょう。

選手にベストなプレーをしてもらうためにも!!ご注意ください。

Vリーグ観るならDAZN!