? Vプレミアリーグ男子16/17 第11週 1/29 豊田合成vs東レのミカタ - バレーボールのミカタ

バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ16/17シーズン ウルフドックス名古屋(旧豊田合成トレフェルサ) 東レアローズ

Vプレミアリーグ男子16/17 第11週 1/29 豊田合成vs東レのミカタ

更新日:

どうも。バレーヲタのリオです。

あっという間にもう週末!今週で男子のレギュラーシーズンが終わってしまいます。

それから1週間空いて、ファイナル6へ突入しますが、この試合は上位争いの試合となりました。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 1-3 東レアローズ

実況

https://togetter.com/li/1077348

試合のポイント:危なっかしかったが、東レが勝利。豊田合成はサイドのディフェンスが機能せず

東レは序盤トスがあまり良くなくて、どうなることやらと思って観ていました。

ですが、合成よりもサーブからのブレイクで上回りましたね。

合成も強いサーブでブレイクはできていましたが、連続があまり続かなかったりしたのが勿体ないですね。

サイドへのディフェンスがあまり機能していなかった豊田合成

東レの、特に真ん中からのクイックが低くなったりした分はブロックにシャットアウトできてりしていましたね。

特にブロック面はニコ選手との駆け引きに勝てていなかったなという印象でした。

しかも、ニコ選手のスパイクはブロックから抜けても拾えないんですよね。それだけコースが際どい、厳しいところへ打っています。

ニコ選手のスパイクは日本も参考にしたいところです。

イゴール選手のコンディションも心配だが、もうちょっと他の選手で何とかしたい

イゴール選手のコンディションは1、2セットは完全に良くはなかったですね。

アウトサイドの高松選手が特に頑張っていて目を引きましたが、1人だけでは何ともできません。

3セット目以降はイゴール選手が復調しましたが、それでも押し切るほどのコンディションではなかったようです。

こうなってしまうとなかなか苦しいですね。

サーブが走った東レ。そして米山選手のプレーが素晴らしかった

サーブは全体的に良かったですね。

コート内の全員がそれぞれサービスエースを取ったり崩したりできていました。

そして、特に米山選手の活躍が目立っていました。

苦しいところでスパイクを決めてくれたりレセプションでサービスエースはほとんど取られずセッターに返していたり。

実況のアナウンサーが思わず「さすが全日本」と言ってしまうほどの…。

米山選手くらいプレーできる選手は日本に何人くらいいるでしょうか…。

相手コートをよく見ていて、フェイントを落としたり…思わず「うまいわ~」と唸ってしまいますね。

この試合は、米山選手を活躍を観てほしいです。是非。

-Vリーグ16/17シーズン, ウルフドックス名古屋(旧豊田合成トレフェルサ), 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2021 All Rights Reserved.