? Vプレミアリーグ男子16/17 第7週 12/10 FC東京vsジェイテクトのミカタ | バレーボールのミカタ

Vプレミアリーグ男子16/17 第7週 12/10 FC東京vsジェイテクトのミカタ

2017-04-23FC東京, Vリーグ16/17シーズン, ジェイテクトSINGS

次々と書きます。

試合結果

FC東京 1-3 ジェイテクトSTINGS

実況

試合のポイント:サーブを殴り合いと選手交替を制した方が試合を制す

この試合はサーブの殴り合いでした!

サービスエース本数が両者わりと多めに出ていたかと思います。

強いサーブで連続ブレイクを重ねるとチームが盛り上がるものです。そういった場面が多かったですね。

また、両チーム共にセッター交替を行っています。

その辺がスムーズにいったかどうかが試合を左右した部分ではないかと思います。

FC東京の勝ち点までが遠すぎる…ラリー中スパイカーへのトスが雑な部分が直らなければ勝ちは見えてこない

試合はいつ見ても面白いんですよね。ですが、勝てないんですよね…。

せめてフルセットに持ち込んで、勝ち点を取れていればチームの雰囲気も変わってくるかと思うのですが、そこがなかなか…苦しいところです。

リバウンドなどを拾って繋いで、そこまではいいのですが、スパイカーへセットする時に、雑になってしまうんです。

スパイカーがストレスを感じて、打ち損じてしまったりするんですよね。

その1点が取れていればと悔やみます。

特に自分達がサーブの時に、是が非でもブレイクを取りに行くという意識で、スパイカーへ優しいセットをしてほしいです。

FC東京はサーブは攻めの姿勢ですから、そこまではいいので、もし相手を崩して自分達のコートへ戻ってきたら、その後は丁寧に…。

そこさえ変われば大分取りこぼしがなくなると思うのですが…。

ペピチ選手も手塚選手もいいスパイカーなので、何とか活かしてほしいですね。

あと個人的にMBの栗山選手も動きがずっといいので、見逃せません。

×ブロックを見ながらブロックアウトが取れる→○ブロックを見ながらスパイクを打っているのでブロックアウトが取れる…ですね。

アタック決定率の個人成績にもよく出ていますね。素晴らしい。

セッター交替で修正できたジェイテクト

高橋慎治選手がスタートでしたが、トスが低かったりネットに近かったりと安定しなかったですね。

それに対してスパイカーがストレスになっているのも感じました。

そこで、ジェイテクトベンチが早めにセッターを交替してきたのはいい判断だと思いました。

どちらのセッターの技術がどうと言う前に、チームとしては、どちらかのセッターでうまくいかない時に乗り切る手段があるかどうかが大切です。

1レグは主に久保山選手を起用して、高橋慎治選手が修正役。

今日の場合は逆で、高橋慎治選手がスタートからどうもうまくいかず、修正役を久保山選手が務めました。

これでいいと思うんですよね。年齢や経験など関係なく、チームの勝利のためにやるべきことをやる。

実際にスパイカーのストレスの度合いはかなり改善されました。

高橋慎治選手は不調でしたかね。ベテランなので、途中で修正があるかと思ったのですが。

ともあれ、久保山選手には自信に繋がる試合だったかと思います。いいコートキャリアになりました。

あとは、ジェイテクトはレフト一辺倒になりがちなので、OPがもうちょっと仕事をしてほしいものです…疲れが出てきましたかね。

この辺が不安要素ではあります。

アマドコーチもお目見えできたので、今後に期待したいです。

Vリーグ観るならDAZN!