? Vプレミアリーグ男子16/17 第6週 12/4 JTvs東レのミカタ | バレーボールのミカタ

Vプレミアリーグ男子16/17 第6週 12/4 JTvs東レのミカタ

2017-04-23JTサンダーズ, Vリーグ16/17シーズン, 東レアローズ

どうも。バレーヲタのリオです。

今日はこれ1つだけです。

インカレはいつ観られるやら…ちょっと遅くなってしまいそうですが、年内には見るという目標を持っています。

イタリアも気になりますし…いよいよですからね。

プレミア男子はとりあえずあと残り1試合だけになりましたので、これは近日中に公開終わりたいと思います。

試合結果

JTサンダーズ 1-3 東レアローズ

実況

試合のポイント:安定感のある東レとまだチームが固まっていないJT

まだなの?と言いたくなるところですが、一応冷静に分析したいと思います。

東レは安定感もあるし、ニコ選手と藤井選手を2枚替えさせる余裕も見せています。

戦術が多様化しているということですね。

あとは低い速いクイックでMBが打った後転んだりとかそういう危なっかしい場面が減るとうれしいです。

サーブが安定して走っているので、試合で優位に立つことができていますよね。

JTのセッター交替について分析してみる

この試合については、積極的にセッターの交替が行われたので、いろいろと思うところがありました。

深津選手と井上選手についてですね。特長に違いがあります。

どちらを起用するかによって、JTのチームの戦い方に影響が出てきます。

深津選手は守備範囲が広くて、バックローテーションで越川選手と深津選手が並んでいるとフロアのディフェンスが強くなります。

MB・とい本選手が前衛の時は、彼らのディグ力が頼りです。JTの「つなぎ」の部分を支えています。

井上選手は身長もありますし、高いところでボールをさばくことができるので、レセプションする側は楽になります。

そして、個人技としてサーブ力とブロック力があります。

結構得意としているプレーが真逆なので、起用の仕方によっては活きたりそうでなかったりします。そこが難しい。

深津選手は試合前半から安定感に欠けていて、トスが全体的に低くなってしまっていました。交替…までは良かったのですが…。

井上選手の起用が当たったのは3セット目ですね。サーブが良かったです。

しかし、セッター交替をしたことによって、かえってディフェンスが整わなくなってしまったような印象もありました。

いつもは整っているディフェンスが、

深津選手先発の段階でフロアが整わなかった→井上選手投入でフロアが迷宮入り→深津選手に戻してもトスが乱れ…

だったのが苦しかったですね。

ヴコヴィッチ監督もその辺はまだ手探りなのでしょう。

交替して入る井上選手が深津選手とそん色ないくらいディグ力があれば問題なくプレーできるのでしょうが、特長が違うので、井上選手が入った状態でディフェンスを整えるには、チーム全体が違った戦い方に変えなくてはならないようです。

それでもヴコヴィッチ監督はトライしたかったのでしょうね。

難しいな…と思いながら見てました。

それにしても、もう少しチーム全体的にブロックでの効果を出したかったですね。

東レのクイックは速いですが、対応すれば十分にシャットアウトやブロックタッチは狙えますので…。

今までいかにフロアのディフェンスに頼りきっていたのかが露呈してしまったような試合でした。

JTはレセプション・アタック(サイドアウト)よりブレイクで上回りたいチーム

豊田合成戦では、相手のビッグサーブに対してレセプション・アタックで切ることができていたので、ここまで苦しい展開にはなりませんでした。

しかしこの東レ戦では、強いサーブからレセプションが乱れたこともそうですが、スパイカーにあまりいいセットが上がらなかったので、スパイカーが消耗してしまいました。

いつもなら上がってくるはずのディグも上がらなかったですし、そうなった場合の打開策がまだできていないですね。

元々レセプションは苦しむことは折込済みで、それ以上に相手をブレイクで上回りたいという戦い方です。

サーブは全体的にいいですし、あとはブロックとフロアのディフェンスをいかに早く整えて上がったボールからスパイクを打ち、ラリーを制したいです。

スパイカーが打てるトスを…ですね。

酷い誤審を見た…

チャレンジ・システムで対応してほしいところでした…。

その辺、まだまだ課題がありますね。

Vリーグ観るならDAZN!