? Vプレミアリーグ男子16/17 第6週 12/4 パナソニックvsサントリーのミカタ | バレーボールのミカタ

Vプレミアリーグ男子16/17 第6週 12/4 パナソニックvsサントリーのミカタ

2017-04-23Vリーグ16/17シーズン, サントリーサンバーズ, パナソニックパンサーズ

次々と更新していきます。

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-0 サントリーサンバーズ

実況

試合のポイント:サントリーの悪癖が出た。セッター交替で立て直しが急務

セッター交替での立て直しができるようなチーム作りを全力で推している私ですが、この試合はなかなか厳しいものとなりました。

サントリーはセッター交替で立て直しができなければ厳しくなるといつぞや書いたような気がするのですが、予感が的中してしまいました。

サントリーは前日とは違い、いつものメンバーでスタート。

パナは前日と同様、クビアク選手の欠場を渡辺選手で埋める形でした。

パナソニックが何もしなくても勝ててしまった…

前日のパナはもっと焦っていました。

正直チーム状況的には前日の堺の方が良くなかったですし、戦術も見ていられませんでした。

しかし、点差を開けられ、パナは、特にセッターの深津選手は凄く焦っていました。

そういう状態をサントリーも作りたかった…それなのに、自分達のコート内でうまくいかずに自滅してしまいました。

惜しい…クビアク選手がいないうちに勝ちたかったですね。

ともあれ、パナは相変わらず入れとけサーブをちょっと強めに打っているだけだったのですが、それでも崩されてしまったサントリーに問題がありましたね…。

何よりセッター交替で何とか立て直したかったんですよ。

しかし、状況は悪化する一方でしたし、そのうちにジャン選手も消耗してしまいましたし。

両者のセッターは対照的だった

最初からこんなことを書いていたようですが、その予感が本当に的中してしまいました。

山本湧選手が初めに焦り出し、どんどん追い込まれていきました。

パナを追い詰める方法はいくらでもあります。

まだ素人まがいのブロッカー・山内選手が前衛の時に、できる限りクイックや中央のバックアタックを使いたかったですね。

パナのチームで山内選手を育てなければならないはずですが、今のところ成長は見られませんから、そこから攻めない手はないですね。

これまで見ていて、山本選手は基本的に誰か特定の選手にトスを集め続けて強引に勝利を奪っていくタイプのセッターではありません。

組立てていくタイプですので、一旦追い込まれると詰め将棋で負ける時のように詰んでしまうような印象があります。

そこを何とか踏ん張って、修正していけるか。勝ちパターンが増やせるかどうかが、彼の成長のカギなのかなと思っています。

ある程度拘りは捨てなくてはなりませんが、そこを割り切ってトスを上げ続けられるかどうかも今後の見どころですね。

サントリー全体的に深津選手を焦らせるような展開に持っていきたかったですが、ブロックがプレッシャーになっていなかったのも問題ですね。

サントリーのOHがバックローテで攻撃参加しなければ、セッターも追い込まれる

あとこの試合で目立った問題点はこれです。

バックローテーションの時にもっとスパイカーも攻撃参加しなければ、やがてジャン選手の負担になっていきます。

山本選手はMBのクイックはできるだけ使うようにしていましたが、サイドアウトもジャン選手に頼ってしまうのでは苦しくなるばかりです。

先週くらいまでは、藤中選手も大分バックで助走に走っていたようにも思うんですけどもね…。

それと、走っていないスパイカーをいつまでもコートに入れておかないというのも勝利への鉄則です。

サントリーベンチは手を打つのが遅かったです。

正直、今日の試合はがっかりでした。

まだまだ課題があるんですね…リーグは長いですから、修正に期待します。

 

パナのいいところはあまりありませんでした…とにかくサントリーが酷過ぎました。

今後、クビアク選手抜きで、東レ・豊田合成・ジェイテクト・JT辺りと対戦してどう戦うのか見物です。

FC東京は対戦前に当たってみてほしかったですね…。

Vリーグ観るならDAZN!