? Vプレミアリーグ男子16/17 第6週 12/3 パナソニックvs堺のミカタ | バレーボールのミカタ

Vプレミアリーグ男子16/17 第6週 12/3 パナソニックvs堺のミカタ

2017-04-23Vリーグ16/17シーズン, パナソニックパンサーズ, 堺ブレイザーズ

どうも。バレーヲタのリオです。

次々といきます。

試合結果

パナソニックパンサーズ 2-3 堺ブレイザーズ

実況

試合のポイント:パナ初攻略できたのは堺!見ていて危なっかしいけど…

クビアク選手はケガで離脱。

2レグは厳しいでしょうということで、替わりに渡辺選手が出場していました。

昨シーズンもダンチ選手の対角を務めていたのは渡辺選手ですので、そこまで違和感はありません。

サーブが持ち味でしたね。なので、彼に期待したいのはサーブでした。

堺は、セッターは玉宅選手を起用してきました。スタートとしては初ですね。

前週に続き、石島選手の対角は高野選手が務めました。

若い風が入ってきましたね。これでどうなるかと戦況を見つめていました。

地味にクビアク選手がいないことが響いていたパナソニック

バレーボールの中では地味なプレーと言われるような部分ですが、とても重要な部分が足りないので苦しい結果となりました。

本来戦力的にはパナソニックが勝ち点3でもおかしくはないんです。

しかし、ハイセット(二段トス)をスパイカーが打てる位置にきちんと届けられたかどうかというのは、クビアク選手がいなくなって苦しくなっていました。

パナはスパイカーが揃っているので、トスさえ十分にあげてくれればスパイカーが何とかしてくれるはずです。

そこで苦しいトスを打ってシャットアウトされる場面が多くなってしまったのが痛かったです。

トスだけは丁寧にいきたかったですね。

あとサーブ効果のいいセットは取れるのですが、サーブが走ってこないセットはどうしても落としてしまいますね。

レセプションは堺のサーブもそこまで良くはなかったので何とかなっていましたから、サイドアウトは問題なかったかと思います。

あとパナのサーブが良かったとしても、堺がもうちょっとブロックが揃っていたらセットを取れていたかどうかわかりません。

堺がほとんど1枚で打たせてしまっていたので、楽に決められていましたけども。

そして堺よりもサーブ効果がいいチームはもっとあるわけで、今後どう戦うのかきになりますね。

堺は勝てたけど、勝ち点3いきたかった。中弛みがもったいない

取られた2セットというのは、ほとんどサーブの効果がなかったセットだったと思います。

もうマンツーマンかというくらいにブロックが1枚ずつしかない中で、ブレイクを上回るのはやはりサーブなんですよ。

堺はマンツーマンブロック状態でした。レフト・センター・ライトへほとんど1枚ずつしか跳んでいなかったんですよね。

もう自由過ぎて何がしたいのかは見ていてもはやわかりませんけど。

しかし、サーブで崩せた時は、必然的にパナがハイセットをあげますから、ブロックを2枚・3枚にすることができましたよね。

攻撃の的を絞ることができれば、いくら普段はマンツーマンでもトスがあがった場所へ跳びにいくことができますから、自然と複数枚のブロックが集まるわけです。

それからディグで拾ったりしてボールが繋ぎやすくなります。

この試合はブロックフォローなどの繋ぎが良かったかと思います。

高野選手&玉宅選手。若手の踏ん張りがあった

まだ線も細いですし、技術もまだまだな選手ですが、頑張ってくれるので応援したくなります。

唯一の癒されどころでした…。

どんなにディフェンスがダメでも、頑張ってねって言いたくなります。

やはり何かしなくてはと選手が思うことは大事です。

今の状況を何とかしなくてはとベンチから見ていて危機感を持っていたのではないでしょうか?

そういうものがチームを動かすこともあります。

本当に今の堺はディフェンスが崩壊状態なのと攻撃枚数をなかなか確保できていないので不安要素は多いのですが、こういった選手の頑張りは見てほしい部分ですね。

ただ、

博打采配が本当にこわいよー…。

解説に今井啓介氏が初登場

広島大会の時に平野信孝氏を紹介しそびれたのですが…あまりお話しが聞けませんでしたが、今回はよく聞こえましたので、ご紹介したいと思いました。

元パナのMBで、中央大卒。学年的には、川村監督の1つ下ですね。

早い内にインドアを引退して、ビーチバレーに転向しました。

記憶に残っているパナのMBの中でも、覚えている元選手と言えば、白数氏、北川氏(現・愛工大明電高監督)、今井氏、、、

打点が高いことなど…代表に呼ばれた時期もありましたし、有名な選手でした。

元MBの方だからかブロックの位置取りや手の出し方などよく見ていてくれますし、ビーチの選手らしくレセプションやディグの守備の位置やボールの取り方などよく見てお話しされていました。

堺の松本選手についてもお詳しいですが、同じ大学の後輩の選手に当たりますので、当然でしょう。

クイックに対する知識のアップデートはまだのようですが…今はネットから離れてもクイックを使う時代ですから。

消音する必要はなかったので、良かったです。

Vリーグ観るならDAZN!