? Vプレミアリーグ男子16/17 第6週 12/3 豊田合成vsJTのミカタ | バレーボールのミカタ

Vプレミアリーグ男子16/17 第6週 12/3 豊田合成vsJTのミカタ

2017-04-23JTサンダーズ, Vリーグ16/17シーズン, 豊田合成トレフェルサ

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

今日も男子はプレミア4試合、インカレ2試合あり、今週はてんてこ舞いです。

しかもフルセットになった試合が多く、見るのに時間がかかりそうですが…ちょくちょく見ていたので、全て見てしまったものから記事にしたいと思います。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 0-3 JTサンダーズ

実況

試合のポイント:JTのサーブ戦術が活きた。豊田合成にストレスを与えていた

この試合に関しては、これに尽きますね。

JTは現状6位とファイナル6から漏れそうな争いをしている順位にありますが、本来の戦い方ができてきたと思いました。

豊田合成は強いチームなのですが、為す術なく終わってしまいました。

JTのサーブ戦術に対応できなかった→崩され、スパイカーにいいトスが上がってこない→スパイカーがストレスを感じる

といった具合で、イゴール選手へも安定した良いトスが上がってこないので、シャットアウトされる場面が増えました。

2セット目などは特によく見られました。

スパイカーがJTのサーブにストレスを感じて、イライラしてスパイクを打ってしまい、JTのブロックにかかってしまっていました。

とはいえ、このカードならではの繋ぎの良さ、整ったディフェンスは見られたので、ストレートで終わっていますが、見応えのある高度な戦いだったと思います。

豊田合成の選手交替は?

試合中に何かうまくいかないことがあれば、選手に修正を促すこともそうですが、選手の交替などチームで対応して行かなくてはなりません。

今週も白岩選手がスタートではありませんでした。

もしかしたら選手を休ませる意図もあるかと思うので、その辺は白岩選手がいないから負けたということではないです。

敗因はサーブで崩されたりシャットアウトされて連続ブレイクを取られたことですから、誰が出ていなかったからということはないんです。

単純にJTがブレイクで上回ったということです。

しかし、うまくいかないときは何か手を打たなくてはならないですよね。

OHは途中で岡本選手も入ったりしたのですが、基本はスタートを崩さずに戦っていました。

また、セッターも交替したのですが、3セット目の時だったので、これも遅すぎたかと思いますが。

2セット目以降が特にそうなのですが、JTのブロックは揃っていましたしトスも良くなかったので、シャットアウトされることはある程度は仕方のないことなのですが、ブロックフォローももっとしたかったですね。

その辺は全体的に「歯車がかみ合っていない」と感じました。

いつもの豊田合成なら上がるのにな…というボールが拾えなかったり。

その辺はサーブでかなりストレスがかかっていたと感じました。

JTの勝因:今までと何が違ったのか?

3連敗したりとなかなか勝てていなかったJTですが、かなりいい状態だったと思います。

イゴール選手のビッグサーブをなるべく連続ブレイクされないようにしていましたし、さらに自分達がブレイクで上回っていました。

合成のサーブが不甲斐ないところもありましたが。

JTは元々レセプション成功率が高いチームと言えませんから、連続ブレイクを取られた分は自分達がもっとブレイクするというコンセプトで戦っています。

それがうまくできた試合だったと思います。

ルブリッチ選手の工夫も大きい

1レグ中は、自分の得意なコースへ打ち込んだりしているなと様子をうかがっていましたが、試合を重ねるごとにデータも揃って対応されてしまっていました。

スパイカーとしては、自分の打ちたいコースへブロックやディガーがいるというのは嫌なものですので、ストレスだったと思います。

しかし、この試合では相手をよく見ていて、あまりディガーがいないコースへ打ったり、際どいところへ打ったりとうまいプレーをしていました。

ここがかみ合ってくると、JTは元々もっと勝ち星をあげられるチームだと思うので、後半が楽しみになってきました。

Vリーグ観るならDAZN!