? Vプレミアリーグ男子16/17 第3週 11/13 東レvsFC東京のミカタ | バレーボールのミカタ

Vプレミアリーグ男子16/17 第3週 11/13 東レvsFC東京のミカタ

2017-04-23FC東京, Vリーグ16/17シーズン, 東レアローズ

どうも。合成vs東レがなかなか全部見られなくて、時間を浪費してしまいました。

動画が戻っているといいなぁ…なかなか難しいですね。先週の分が残ってしまいました。

しかし見た分はきちんと記事にしていきたいですね。

試合結果

東レアローズ 3-1 FC東京

実況

※一部エラーでツイートが入りませんでした。申し訳ございません。

試合のポイント:ラリーに持っていかなくても1点は獲れる。ビッグサーブで!

この試合は面白かったですね。

前の試合が終わってから客席が結構減ってしまっていて、惜しかったです。

こういう面白い試合は現地で是非最後まで観ていただきたいですねぇ。

それはさておき、この試合、1セット目こそ東レが優位に進めて一方的な展開になりましたが、2セット目からは違いました。

FC東京がラリーを物にすることができるようになっていったんです。

FC東京は相変わらずペピチ選手を欠いていて、前日とスタメンを変えるということもあり、いるメンバーでゲームに慣れてくるまでに時間がかかってしまったかなと。

しかし乗ってきたFC東京のスパイカー陣は強力で手が付けられません。

しかもブロックはリードブロックを多用ししつこく、フロアはブロックを見ながら配置していって、ディグで拾ってスパイクへ繋げるということをやってきました。

要するに、FC東京はラリーを長引かせて良い状態で自分たちが得点するという手を打ってきたわけですね。

しかし、最終的にラリーをさせずに得点する方法がバレーボールにはあります。それは、サービスエースです。

この試合の東レの鈴木悠二選手のサーブは素晴らしかったですね。

特に試合を決める4セット目のマッチポイントの場面で2本連続サービスエース(SA)。

これを決められる選手がチームにどれだけいるかどうかで試合は違ってきます。

最後東レが辛くも逃げ切ったような試合でしたが、サービスエースのおかげですし、ビッグサーバーがアウトになっても強く打ち続ける意味がよくわかる試合でした。

ピックアップ・プレイ

もう結果が出てしまっているので、ピックアップでいいところをお伝えしたいです。

FC東京ファンの方にはお馴染みの竹浪選手のセッターもできるお姿でした。

こういう選手がもっと増えてほしいですね。

凄く気になりましたが、東レはローテーションは回さず。勝てたからいいものの…というところですね。手塚選手がうまいといえばそうなんですが。

いいブロックでした。たまにゲスって跳んでしまっていましたが、基本リードブロックで我慢していました。

東レは基本的に現在アニメでやっているであろう「ゲス・ブロッカー」が多いので、実際に見て「なるほど」と思われるかもしれません。

 

本来であれば9mのバックトスなどできて当然なはずなのに、それを試合で見ただけで感動できてしまうレベルです…。

こういうプレーがもっと当たり前にできてほしいですね。代表…。

パナはクビアク選手がバックレフトを守るのは百歩譲っていいのですが、それなら鈴木選手のようにバックアタックやってほしいですねぇ…。

せっかくのクビアク選手の攻撃参加意識の高さや攻撃力そのものが活かせませんから。

 

確かにFC東京はけが人で苦しんでいるような感じはありましたが、前日よりもずっと良かったので、今後も頑張ってほしいです。

東レはサーブが来るとやはり恐ろしい存在ですね。どんどんサーブで崩して上位を苦しめてほしいです。

Vリーグ観るならDAZN!