? Vプレミアリーグ男子16/17 第3週 11/12 サントリーvsFC東京のミカタ | バレーボールのミカタ

Vプレミアリーグ男子16/17 第3週 11/12 サントリーvsFC東京のミカタ

2017-04-23FC東京, Vリーグ16/17シーズン, サントリーサンバーズ

どうも。リオです。

記事はいろいろ書きながら、試合レポートも続けています。あと2試合…女子はいつ見られるのやら。

試合結果

サントリーサンバーズ 3-0 FC東京

実況


試合のポイント:ブロックが冴えたFC東京、サーブ&トランジション・アタックが冴えたサントリー

淡々と試合が進んでいって、そのまま終わってしまった印象でした。

FC東京も怪我人が出たようで、苦しい戦いだったと想像します。ペピチ選手と手塚選手両方欠いてしまいました。

その2人でなかなかうまく回っていきそうな予感もあったので、残念で仕方がなかったです。

しかし悔やんでもいられません。リーグはまだまだ先が長いので、選手が離脱したからといって待ってはくれないのです。今いるメンバーでどうやって勝っていくのか考えなくてはなりません。

この試合の印象はこんな感じでした。

サントリーはサーブとトランジション・アタックが良かった

エスコバル選手といい柳田選手といい、サーブが走っていましたよね。

しかもこの2人のビッグサーバーを連続していることで、相手に対してプレッシャーをかけることができます。ビッグサーバーによるブレイクチャンスを作っていました。

この並びはなかなか効果的ではないでしょうか。

サーブが走っていましたし、かなり火力を感じましたよね。

また、トランジション・アタックも効果的だった印象です。

実際シャットアウトされた本数を数えてしまうとわりと多いのではないかと思いますが、それでも肝心な時にきちんとスパイカーが決めきれていたのか?というところが重要です。

全てスパイクを決めるというのは相手がいることですのでなかなか難しいのです。しかし決め時に頑張ってくれるスパイカーは頼もしいですよね。

この試合はエスコバル選手がトランジションの場面で大分頑張ってくれていた印象です。

ちょっとスパイカーが安易に打ちに行きすぎていたような気もします。FC東京のブロックもサイドへ2枚着けてきていたので、注意したかったですね。

被ブロックがなければもうちょっと楽に勝てた試合だったかもしれません。

FC東京はブロックが良かった

ブロックは組織化されていないのですが、いいプレーもありました。

私が注目したのはこのプレーですね。

スパイカー1人に対して複数のブロッカーで着くということができていましたね。

サントリーの藤中選手がスロット1(セッターのそば)からクイックでMBがスロット3(いわゆるBクイックの位置)にダブルクイックのような形で同時に助走していきます。

サントリーは、ローテーションが左から塩田選手・藤中選手・山本選手のローテーションの時によくこの攻撃を使ってきています。

トスが低くなったりブロッカーも2枚いたので、攻撃そのものは通りませんでしたが、いい攻撃だったと思います。

よくOHの選手はレフト側、MBは中央から攻撃という固定概念があるのですが、レセプションの取る位置の関係でそれだとどうしてもこのローテーションはOHとMBが交差しなくてはならなくなるんです。

そこでサントリーでは、藤中選手がセッターに近い中央からで塩田選手がレフト寄りから攻撃するということが決まっているようです。

藤中選手もいいクイックを打ちますからね。今後ももっと見たいです。

まあ、話しがそれましたが、それに対してFC東京のブロッカー陣が囮(この場合ですと塩田選手)に釣られることなく藤中選手にブロックを着けていたのはいいプレーだったです。

しかし、これも全てというわけではなくて、MBによってはきちんとサイドのスパイカーへ跳べていなかったりしましたが、その辺はFC東京の課題なんでしょうね。

坂本監督はポジションの概念に捕らわれず、いろいろなポジションで選手を起用してくるので、怪我人の状態によっては来週またスタメンが変わっていくかもしれません。

竹浪選手はレフティで元々はOPやOHをやっている選手ですからね。

次の日の試合がもっと面白い内容になっているので、この日の敗戦は引きずっていないようですし。

負けが混むとモチベーションが厳しくなっていきますが、今後勝ち点を1点でも多く取っていってほしいです。

Vリーグ観るならDAZN!