? Vプレミアリーグ男子16/17 第3週 11/13 ジェイテクトvsJTのミカタ | バレーボールのミカタ

Vプレミアリーグ男子16/17 第3週 11/13 ジェイテクトvsJTのミカタ

2017-04-23JTサンダーズ, Vリーグ16/17シーズン, ジェイテクトSINGS

今日はここまで。

試合結果

ジェイテクトSTINGS 0-3 JTサンダーズ

実況

試合のポイント:巧みなバレーのぶつかり合い

バレーがヨーロッパ(特にイタリア)風な両者の対決となりました。

結果ストレートで終わっていますが、この両者の実力というのはほぼ互角です。

両チームともクレバーなプレイヤーが多く、うまいプレーがたくさん見られました。

ラリーがとても長かったですね。両チーム共にディフェンスのシステムがしっかりしていて、ハマるとラリーがかなり長くなっていました。

スパイクが決めきれないというよりも、ブロックでワンタッチを取ったり、ブロックの隙間を打った先にディガーが待っていてディグしたりと高度なディフェンスしていたんです。

それをかいくぐった方が勝ちましたね。

第1セット:両者ともサーブをきっかけにブレイクを取る

ディフェンスは両チーム共に目を見張るものがありました。

両チーム共に助っ人こそ2mですが、大きな選手が何人もいるというチームではありませんし、ブロックをかなり利用するディフェンスを取っているんですね。

そこは完全にシステム化できています。

面白いようにディグが上がりますが、レシーブがいい選手ばかり揃えているというわけではないんですよ。

どちらもリードを奪っては奪い返しが続いていました。1セット目については、両者譲りませんでしたね。

ここまではセットは取られたものの、ジェイテクトもスパイクがよく決まっていたのですが…。

第2、3セット:ジェイテクトのスパイクがだんだん決まらなくなる

2セット目序盤、思うようにスパイクが決まらなくなり、6-10とJTにリードされた場面で、ジェイテクトのベンチは動きました。

前のセットから、久保山選手がスパイカーに決めさせようと無理にトスを上げて行っているような印象もあったのですが、2セット目から乱れてきていました。

キャプテンの高橋慎治選手へ交替しました。

しかし、なかなか思うようにいっていなかったような印象でした。この辺は難しいのですが。

ここのラリーはオススメです。今のところ、今季で1番ですね。

ブレイクの量で若干JTが上回ったと。この試合、全て「23-25」ですからね。

ほとんど差がなかったのですが、わずかにジェイテクトがJTを追い越すことができなかったのです。実力は互角です。

ジェイテクトが弱かったというわけでなかったですね。本当にわずかにブレイクで上回ることができなかったのです。

ジェイテクトのスパイカーはJTのブロックに阻まれて相当ストレスを感じていたでしょう。

また、セッターが替わりましたが、セットの完全な改善までは至らず、合わせる間もなく消耗してしまっていたような印象でした。

トランジション・アタックが決まらないのが痛かったですね。

できる限りサーブで崩して、返ってきたところをトランジション・アタックで決めていきたかったです。

もうちょっと粘ってほしかったかなといった感じ。

JTは、サーブがあれだけ走ればいい試合展開ができますね。それをこの試合でようやく見られたと思います。

前日はガス欠しなければパナに勝てていたでしょうしね。

しかしジェイテクトも同じくらいサーブが走ればどうなっていたかと思いますので、やはりほぼ互角と見ています。

また次の両者の対決に期待しましょう!

Vリーグ観るならDAZN!