? Vプレミアリーグ男子16/17 第3週 11/13 サントリーvs豊田合成のミカタ | バレーボールのミカタ

Vプレミアリーグ男子16/17 第3週 11/13 サントリーvs豊田合成のミカタ

2017-04-23Vリーグ16/17シーズン, サントリーサンバーズ, 豊田合成トレフェルサ

これで今日ラストです。

試合結果

サントリーサンバーズ 3-2 豊田合成トレフェルサ

実況

試合のポイント:サントリーのサーブがお見事。攻撃枚数の差と互いのリベロの消耗戦

やはりサーブですね。

サーブがあれだけいいと、ディフェンスも楽なんですよね。

推測してコミット・ブロックを跳んだりしていても、サーブで攻撃枚数が絞れていれば十分に活かすことができます。

ただでさえ、豊田合成は攻撃枚数が他チームよりも少ない傾向にあります。

サーブで崩されて、「あとはイゴール選手しかない!」で今まではそれでも何とかなっていましたが、それでも足りない程に攻撃枚数は重要です。

しかも合成はOHにもハイセットを決めることを監督も求めているかと思いますが、OHの選手の物足りなさがこの試合で露呈してしまいました。

また、この試合はリベロにも注目して見ていると、また対照的だったかと思います。

サントリーはJTから移籍して2年目の酒井選手、合成は古賀幸一郎選手。どちらも35歳前後のベテランリベロです。

国内トップクラスのリベロのぶつかり合いも見物です。

サントリーのサーブ&ブロック戦術がはまっていた

若干長くかかってしまったようにも思いますが、それでも「ここに来てようやく!」という思いです。

先週まではディフェンスは広くカバーしていた酒井選手でしたが、サーブがそこまで走らず、サーブとディフェンスの連携という意味では物足りなかった印象でした。

うまく回っていました。

また、サントリーはOHの藤中選手がブロードに走ったりと面白い攻撃をしていました。

ブロードという攻撃時代はもうオワコンだと思っているのですが、MBではなくてOHの選手が走っていくのはちょっと面白いですね。

合成のリードブロックですとあまり関係がなかったかもしれませんが。

しかしこの試合の合成はサントリーの攻撃に対し、ブロックをあまり揃えられていませんでした。そこが気になるところです。

いつものリードブロックで跳んでいれば、ブロード攻撃は追いつくことができるはずなのに。

バンチリードブロックで、ブロッカーが2枚行くような状態をあまり作れていませんでした。

↑こちらは解説に対して少しツッコミを。

しかし、リベロの古賀選手がイマイチに映ったのは、ブロックとの連携があまりうまくいっていなかったせいかもしれません。

疲れが見えていたような…コンディションも良くなかったように見えました。

しかし、フルセットまで試合がもつれたのは、サントリーにも少し不安要素が見られたところにありました。

サントリーの誤算も全くない訳ではない

この3点ほど気になりました。

合成はもっと良くなかったですが、サントリーも勝ち点3取れた試合を取りこぼしたような。

しばらく勝っていかなかった合成に勝てたのは良かったと思いましたが。

しかし、合成の攻撃枚数不足には、本当に困った物です。

いつ整った合成が見られるというのか…心配になってくるほどです。

高松選手がバックローテーションの時に守備固めで元々リベロの川口選手に交替するのですが。

思わずこんなことを思ってしまうくらいには、攻撃枚数が不足してしまっています。

そこでよくブレイクを取られてしまっていては、何のための守備固めかわからないですよね。

この辺をどう修正してくるのか…次回の両者の対決を楽しみにしています。

Vリーグ観るならDAZN!