? Vプレミアリーグ男子16/17 第3週 11/12 ジェイテクトvs堺のミカタ | バレーボールのミカタ

Vプレミアリーグ男子16/17 第3週 11/12 ジェイテクトvs堺のミカタ

2017-04-23Vリーグ16/17シーズン, ジェイテクトSINGS, 堺ブレイザーズ

どんどん行きますよ。今日はあとサント合成を書いたら寝ます(笑)

試合結果

ジェイテクト 3-0 堺

実況

試合のポイント:堺の選手交替にやはり疑問

この試合は、全体的にジェイテクトが良かったというよりは、堺が悪すぎたと思うのです。

特に石島選手のコンディションは本当に気になりました。

それなのに、選手交替したのが3セット目に入ってからだったので、遅かったでしょう。

あまりに痛々しいので、実況できていませんでした。

選手交替がないまま、状況を打開できなかった堺

序盤からドシャットされていた石島選手を見ていて、「もう替えた方が…」と思ってしまうほどのコンディションの悪さでした。

とにかくこういうときにいつも思うのが、本当に「痛々しい姿のまま戦って負けてそれで満足なの?」ということですね。

チームなんですから、交替できる選手を常に用意しておくべきで、交替しても戦えるようなチーム作りはしていて当然ですよね。

日本のバレーボールチームは、この辺が本当に弱いんですよね。いつも「スタメン心中バレー」とか言われてしまうわけです。

高校や大学もそうですが、このトップリーグであるプレミアですらそうなんです。まあ、日本代表も「スタメン心中バレー」でしたが。

その辺はもう代表に期待しても仕方がないようですので、トップリーグから変わっていってほしいところです。

下から押し上げるしかないのかなと。

ジェイテクトは、戦術も普段通りやっていれば十分に勝てるような状態でした。

前の試合のパナJTもそうだったのですが、ワンポイントブロッカー(ワンブロ)の使いどころも気になるんですよね。

セットポイントで自分達がサーブの時はワンポイントブロッカーを入れて、あと1点を取るのは博打というより戦術のような気がするんですけど、この使い方以外は疑問に思うことが多いです。

ジェイテクトはラスト1点をワンポイントブロッカーで取りに行った(結果うまくいかなかったとしてもチーム戦術)。

これは理解しやすいですよね。ワンポイントブロッカーについて今後も見ながら考えたいです。

2セット目もずっと石島選手は出っぱなしです。

動きの悪い選手をずっと起用していると、チームも全体的に消耗してしまいます。

チームが気疲れというか、その選手をどこか気遣ってしまうんですよね。特にセッターは「あまりトスを上げないようにしよう」と思ってしまうのではないでしょうか。

ですが、コートにいる以上は仕事をしてもらわなくては、他の選手の負担になっていきます。

スパイカーですと、攻撃が誰かに偏っていって、打数の多い選手が消耗してしまったりします。

どうにかならんものかのー…と悩んでいましたが。

第3セット:ようやく石島選手から伊藤選手へ。しかし時既に遅し

采配ミスだったかなと感じました。

調子が悪い選手がいたら、きちんと交替で対処するべきだったでしょう。やはり。

それが国内でもベテランとは言えまだまだトップクラスのOH・石島選手であっても。そこは何が影響したのかなど考える必要がありません。

あっさり負けてしまいました。堺はこのままで良いのだろうか…。

ジェイテクトの良かったところはコレクションの中にたくさん入っていますので、是非ご覧ください。

Vリーグ観るならDAZN!