? Vプレミアリーグ男子16/17 第2週 11/6 豊田合成vs堺のミカタ | バレーボールのミカタ

Vプレミアリーグ男子16/17 第2週 11/6 豊田合成vs堺のミカタ

2017-04-23Vリーグ16/17シーズン, 堺ブレイザーズ, 豊田合成トレフェルサ

どんどんいきます。あと2つ!!

試合結果

豊田合成トレフェルサ 3-0 堺ブレイザーズ

実況

試合のポイント:ビックリするくらい書くことがない…

もうビックリしましたよ。

結果だけを見れば、「合成がストレートで勝ったし、やっぱり合成強いんだな」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしこの試合は本当にグダグダな内容だったので、どちらかと言えば、

「合成があんなにグダグダなのに、勝てなかった堺、ヤバくない?」

ということです。

どの辺がヤバかったのか、お話していきましょう。

選手交替をするも、選手が自分の役割を理解していない

2セット目後半に入って、OHは千々木選手をキャプテンの伊藤選手に交替しました。

守備固めの目的があったかと思います。

しかしデュースになり、合成がセットポイントの場面、そこで替わった伊藤選手が高く上がったトスを打たないでお見合いのような状態。

合成に得点が入り、セットを奪われた場面がこの試合で堺が1番痛かった場面ですね。

その前までは合成にいいように攻撃させなかったり、レセプションを大きく乱したり合成が嫌がることができていました。

合成がグダグダだった=それだけ堺に乱されていたということです。しかし…どうして終盤ああなったのか…。

終盤になると、ブロックもバラバラ…もう見ていられませんでした。

こういう試合は今後プロ化のことも考えると本当になくなっていってほしいものです。

采配がまず謎な堺…

これはリオOQT前までの龍神ニッポンでも本当によく見られましたが、采配が一世一代の大博打過ぎるんですよね…。

まず、出耒田選手にピンチサーバー。これはわからなくもないんですけど。

そして佐川選手に玉宅選手。セッター同士の交替ですが、ワンポイントブロッカー要員でしょう。

あとはそれまでに松本選手にピンチサーバーを入れていたので、それを戻す…これはわかるんですけども。

ワンポイントで2枚替えていて、そこで入った選手達がたった1点を取るために精神的に追い込まれるわけです。

そして、困ったことに1点ブレイクが取れてしまう…こういったことが大博打をやめられなくなってしまう理由なんでしょうね。

もっと連続ブレイクが確実に取れるという秘策があるならまだわかりますが、必ずしもそうなるとは限らない…博打なんですから。そこで選手交替を消化しきってしまうことに私は疑問を持っています。

「戦い方はそれでいいの?」と。

バレーの選手交替は1セットにつき3人までです。そして同じ選手同士の交替しか許されません。

例えば、出耒田選手と交替させたくても、同じセット中に出耒田選手→内藤選手(ピンサ)→出耒田選手、その後に出耒田選手→横田選手といった交替の仕方はできません。

交替の仕方をよく考えなくては、国外はおろか国内でも通用しないですね。

ウォレス選手は相変わらずうまいですし、選手は頑張っていると思うのですが、堺の今後が本当に心配です。

王者もまったく安心できない!豊田合成は今後も勝ちきれるのだろうか?

ここに来て、疑問符が出てきたりしています。

やっていることが去年と全く一緒なんですよね。そりゃ、対戦チームもそれなりに対応してきます。

それさえやっていれば勝てると本気で思っていたのか?と。

合成のバレーはシンプルなので、その分破られにくさはありますが、対応されたら完全に押し切られると思います。

攻略法が見つかれば、そこでジ・エンドです。

まだ調子も悪いようですし、今後整ってくることを願っていますが…。

Vリーグ観るならDAZN!