? Vプレミアリーグ男子16/17 第2週 11/5 パナソニックvsサントリーのミカタ | バレーボールのミカタ

Vプレミアリーグ男子16/17 第2週 11/5 パナソニックvsサントリーのミカタ

2017-04-23Vリーグ16/17シーズン, サントリーサンバーズ, パナソニックパンサーズ

どうも。リオです。

昨晩はDAZNの見逃し配信のエラーで、夜のうちに試合を見ることができませんでしたね。

もっと早く見たかったのですが、朝に見ることができましたので、順次リポートをしていきたいと思います。

晩のうちにアップされていったようですね。良かった良かった。

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-0 サントリーサンバーズ

実況


試合のポイント:パナを追い詰められなかったサントリー

今季のプレミアのチームは全体的に相手を苦しめて自分達が優位に立つというところまでまだチームが仕上がっていないチームが多いように思います。

その点、パナソニックは完成度が高いので、今は全勝ですし抜けている存在になりつつあります。

逆に、パナソニックの弱点を突くことができないチームの方が多いので、1レグはこのまま苦しむことなく過ぎていってしまうかもしれません。

優勝争いとなると、パナを少し苦しませてほしいところではありますが。

サントリーはサイドアウトは悪くはないがトランジションを物にできない

特にレセプションが大きく崩れているという印象はないんですよね。昨日に見たJTの方がよっぽど崩れていたと思いますよ。

しかしサイドアウトがうまくいっていないJTに対して、逆にサントリーはサイドアウトよりもトランジションでちぐはぐが多くなってしまい、ラリー中に失点してしまいがちだと思いました。

選手交替で打開策を模索しても、なかなかうまくいかないところも苦しいところです。

セッターを山本湧選手から阿部選手に交替しましたが、セットがそこまで安定できずに修正とまではいきませんでしたね。しかし山本選手を育てながら何とか勝っていきたいという難しい状況ですね。

ジャン選手を栗山選手にようやく替えましたが、それも3セット目だったので、遅かったかと…。

途中藤中選手がバックアタック(bick)で良くなってきたように、もっと全員で攻撃を仕掛けていかないと厳しいと思います。

藤中選手の攻撃はMBがスロット3で、藤中選手がスロット1でクイックを打つような、いわゆるダブルクイックのような形で早く攻撃を仕掛けていくので、見ていて面白いです。

選手達が考えすぎているのかもしれません。

もっと考えずに自然と戦術通りに動けるようになるまではサントリーはまだまだ苦しむかと思いますが、動けるようになれば強くなれると信じています。

パナソニックは凄かった…が、まだまだ穴はある

サントリーのところでも触れましたが、何故クビアク選手に向かってサーブを打つのか!

私が見た2試合は合成もサントリーもどちらもそうでした。

もちろんクビアク選手の守備範囲はとても広いので、彼を外してサーブを打つことが実は難しかったりします。

そこはジャンプサーブだけではなくて、ジャンプフローターを用いてコントロールサーブなども打っていく必要があると思いますが。

しかし何とか福澤選手を狙ってほしいところです。まあ、福澤選手もレセプションをしながら攻撃に参加してくるようになっていますけど、クビアク選手がレセプションしながら攻撃参加するというのはもっと当たり前にやってくるので、その逆を何とか突きたいですね。

サントリーが3セット目から少し盛り返したのは、サーブの狙いを福澤選手に変えたのがあったんですよね。遅かったですが。

もっと序盤からサーブの狙いを考える必要があると思います。

まあ、パナはそれを考慮して何とかしようとしてくるとは思いますが。

あと、ブロック面では穴がまだあるなと思います。

相変わらずリードブロックを軸にした推測によるオプションを多用しているようです。

このブロックを翻弄するには、どこから打ってくるのかわからないほどに攻撃枚数を用意してスパイカーが常に4枚以上動き回ることですね。

レセプションをするOHも転んでいる場合ではありません。

しかし、いいプレーも出ていました。

個人技は本当に素晴らしいので、見ていて思わず「凄い!」と唸ってしまいます。

 

次の試合を見るまでしばらくお待ちください。

Vリーグ観るならDAZN!