? V プレミアリーグ男子16/17 第2週 11/5 豊田合成vsJTのミカタ | バレーボールのミカタ

V プレミアリーグ男子16/17 第2週 11/5 豊田合成vsJTのミカタ

2017-04-23JTサンダーズ, Vリーグ16/17シーズン, 豊田合成トレフェルサ

どんどん書きます。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 3-0 JTサンダーズ

実況

試合のポイント:サーブが優位な方が試合を制した。レセプションばかりに気を取られると押される

この両者の対決は毎年楽しみにしています。

面白いからというのもありますが、外国人監督同士の対決で非常にシステムがきちんとある両者です。

コンセプトは異なりますがどちらもはっきりしていて、それに従って選手達が戦います。見ていて、徐々に「整ってきた!」という感覚が味わえる対戦です。

セットアップが終始不安定だったJT

今日のポイントはレセプションも確かに乱されていたのはありますが、何と言ってもここです。

セッターの深津旭弘選手は、途中井上選手に交替する場面もありましたが、終始修正できていませんでした。

頼みのサイドのスパイカーにいいセットアップを供給できていなかったという問題がありました。序盤から厳しいなと思っていましたが。

それでも以前のJTなら、ビッグサーブで何とかできていた部分はあったんですよね。

しかしこの試合では、ビッグサーブがやってくるのが試合のもう追い詰められた場面でしかありませんでした。

それでは苦しい状況をなかなか打開できないですね。

最初に越川選手を外してきたのも疑問でした。もちろん長いリーグを考えるといろいろな戦い方ができるに越したことはないのですが、今ここで?というのがありました。

確かに越川選手がいるとJTのフロアのディフェンスが凄く整うんですよね。ディグもよく上がります。

レセプションはそこまでいいとは言えないんですけど、失点しすぎない程度に押さえてくれる辺りはさすがベテランです。

 

 

ううーん…。

豊田合成も決していいとは言えなかったと思うんですが、何が良かったかというとやはりサーブでした。

崩すことができていたんですよね。だからディフェンスも徐々に整ってきましたし、戦えたんだと思います。

内山選手のセットアップは開幕戦よりは良かったのですが、印象がそこまで良いとは言えません。

DAZNの様子は?

本日全体的に停止が多かったのですが、これは家のネット環境やデバイスの動画処理の問題なので、仕方ありませんね。

今のところ、サーバーダウンには遭ったことがないので、サービスとしてかなり快適なものです。

自分の家のネット環境とかPCやタブレットの動作は自分で何とかしなければ…といったところです。

今日は解説は元NECブルーロケッツの選手・監督の竹内実さんでした。日本代表でキャプテンを務めたこともあります。

思わず懐かしい!の一言です。

前週の解説では最近のVリーグなど知っているのかどうかと思う程に場違いな人が来ていましたが、竹内さんは予習していてくれた模様です。

 

 

 

おっしゃっていることは当たり前のことのようでも、それすら言われなかった前週に比べたらまともと思ってしまうくらいには、バレーの解説は本当に人材難ですよ。

あとは実況さんが「入れていくサーブ」論の方だったので、そこはちょっと残念でした。

ジャンプサーブでも緩く場所を狙ったサーブに対して、「入れていきました」と。

特にJTのルブリッチ選手がジャンプサーブから途中ジャンプフローターサーブに変えた部分も合成のレセプションを乱すような場所に打っていたのを「入れにいくよりは強く打ってほしかった」などと。

あれは確かに結果的には合成がサイドアウトを取ってしまいましたけど、そうではなくてルブリッチ選手は人が密集している箇所を狙って崩す意図があったサーブだったと思うので、残念でした。

ルブリッチ選手は相手コートをよく見て戦ういい選手ですね。若いけれど、いろいろやって見せてくれています。

とまあ、完全とは言えませんが、今後も質の向上を求めていきたいと思います。

Vリーグ観るならDAZN!