? Vプレミアリーグ男子16/17 第2週 11/5 堺vsFC東京のミカタ | バレーボールのミカタ

Vプレミアリーグ男子16/17 第2週 11/5 堺vsFC東京のミカタ

2017-04-23FC東京, Vリーグ16/17シーズン, 堺ブレイザーズ

今日も観戦お疲れ様でした。リオです。

今日もサクサク試合のレポートをして参りましょう。

試合結果

堺ブレイザーズ 3-1 FC東京

実況

試合のポイント:最後セットを取るまでの集中力と詰めの部分

この試合では、両者ともサイドの火力が高く、サーブで攻めるチームでした。

元堺のペピチ選手がいるFC東京、そしてFC東京から1年移籍している玉宅選手がいる堺…と実はちょっと複雑?な関係です。

まあ、対決するからには関係なくなるのでしょうが、お互いの手の内をある程度知っているという意味ではFC東京も少し有理かと思っていました。

堺のしつこいブロックとFC東京の攻めの姿勢

堺は火力は十分なのですが、最大限に出せていたか?と言われるとむしろ微妙な試合だったと思います。 序盤OHの石島選手や千々木選手はおとなしく感じるくらいにあまりスパイクも決まっていませんでした。 1セット目はどちらかというと、FC東京が自滅しているような印象でした。 序盤はとにかくFC東京がペピチ選手を中心にボールを集めていて、そこで決めきれないといったことが続いていたんですよね。 そして、2セット目からは手塚選手にボールを集めて、困ったときはペピチ選手という前週の良い状態に持って行くように修正してきました。

 

チームがうまく回り出しているなと感じました。

その火力に2セット目は押され、押し切れられ、堺はセットを失いました。 ビッグサーブが入ってくると驚異ですし、どこからでも打ってくる手塚選手はなかなかシャットアウトすることができません。 その勢いで一気にセットを取ることができたFC東京ですが、後半になってくると、堺のブロックがじわじわ効いてきました。 出耒田選手がサイドへブロックに行くことで、ブロッカーが2枚になります。そこで苦しい時にはFC東京のスパイカーもシャットアウトされる場面が増えていきました。

 

最後は肝心なところでセットが乱れたりして、ブロックに遭いましたが、この試合はとても面白かったです。

 

惜しい試合でした。

やはり両者攻めている試合というのは面白いものですね。

次回の対決も楽しみになってきました。

Vリーグ観るならDAZN!