バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 JTサンダーズ Vリーグ15/16シーズン サントリーサンバーズ ジェイテクトSINGS バレーボール パナソニックパンサーズ 堺ブレイザーズ 東レアローズ 豊田合成トレフェルサ

開幕戦を終えて、改めて順位を予想してみる

更新日:

先日こちらでプレミアリーグ男子の今シーズンの順位予想をしてみましたが、開幕戦での印象を含めてまたやってみようと思いました。怪我人などを考慮せずただ予想という楽しみを実行しただけだったんですけど、今回は開幕戦を見た後の印象と分析も入れてみます。

15-16シーズンの順位予想
1 豊田合成
2 JT
3 ジェイテクト
4 サントリー
5 堺
6 パナソニック
7 東レ
8 FC東京

合成はもうこのままケガ人とか出ずにいってほしい感じでした。トータルディフェンスの精度が素晴らしかった。これはもう文句なしでそのままゴールしてほしいと思いました。強かったです。
JTは新人リベロ・唐川選手のデビュー戦が思いの外良く、しかも八子選手が好調のようで、もっと上だなと思いました。現時点のチームの完成度は合成の方が高いんでしょうけど、相変わらずメンタルが強くて、実際に両者がぶつかった時にどちらが勝つのか注目したいです。勝負どころでサーブを緩めないのが強さの要因です。
ジェイテクトは助っ人よりも他の選手が良くて上位査定です。助っ人が入ってきてもきちんと連携していけるように予め準備していたのが大きいです。去年までは外国人OPだったのに、ポジション変えてここまで安定感が出せれば十分でしょう。優勝も狙えます。
サントリーは現時点だとちょっと低め査定でした。開幕戦であまりにまとまっていなかったのが原因です。もちろん今後悪いところを修正して詰められれば、元々高火力ですから、十分優勝は狙えます。問題は選手の替え時、使いどころです。いい選手が揃っているんですから。
堺は思いの外まとまっていなかった印象で、下がりました。そんなに難しいことをやっているの?という疑問です。サーブで攻め込まれると厳しいのかもしれません。セッターには課題が残りますね。すぐ修正できればいいんですが。
パナは今年もまた厳しい戦いになりそうです。やはりサーブが弱いんです。これでは厳しいでしょうね。いくらフロアディフェンスが良くなっても、結局ビッグサーブで相手の選択肢を減らさなければ意味がないんですから。ダンテ選手も決めるときは決めてくれますし、時にはチームを叱責してくれます。頼もしいんですが、他が…。
東レは新助っ人には好印象なんですが、如何せんサーブが弱くて決め手がないので見ていて辛いです。サーブが走らないと、いくら地力があっても勝てなくなるのはわかっているはずですが。その辺はどう修正していくのか次第ですね。
FC東京は早急に勝ちパターンができてメンバーを固定できれば最下位は免れそうな…という期待感はあります。サーブについてはパナや東レに比べればいいので。私の予想なんか裏切ってくれて全然いいので(笑)

これ、1レグ(1順目)終わる頃にはまたいろいろ変わっていそうな…でも予想はここまでにします(笑)

-FC東京, JTサンダーズ, Vリーグ15/16シーズン, サントリーサンバーズ, ジェイテクトSINGS, バレーボール, パナソニックパンサーズ, 堺ブレイザーズ, 東レアローズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.