バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

FC東京 JTサンダーズ Vリーグ15/16シーズン サントリーサンバーズ ジェイテクトSINGS バレーボール パナソニックパンサーズ 堺ブレイザーズ 東レアローズ 豊田合成トレフェルサ

Vプレミアリーグ男子開幕!2日目

更新日:

結果から行きましょう。

豊田合成トレフェルサ3ー0堺ブレイザーズ
パナソニックパンサーズ3ー1東レアローズ

順位(勝ち点)
1 豊田合成トレフェルサ(3)
2 ジェイテクトSTINGS(3)
3 パナソニックパンサーズ(3)
4 JTサンダーズ(3)
5 サントリーサンバーズ(0)
6 東レアローズ(0)
7 FC東京(0)
8 堺ブレイザーズ(0)
※勝ち点が同じ場合はセット率や得点率で順位が決まります。

やはり完成度の高かった豊田合成。良いところが少なかった堺

合成がサーブで攻めて、ディフェンスをしやすくしていました。それに堺が中盤から対応できなくなってしまっていたように思います。ブロックでシャットアウトもしくはワンタッチを取られるケースが多く、セッターのセットアップも不安定で悪循環に陥っていたようです。修正は早めに行いたいものですね。全体的に両チームの若い選手もフィジカルの強化が見てわかりました。スパイクやサーブも強力で、レベルの高い試合になったと思います。合成の強さが際立ちましたので、あまり堺のいいところが見えなくなってしまいました。堺はセットの方を高めに安定させれば十分な火力はあるので、スパイカーを活かせればと思いました。

豊田合成トレフェルサの印象

豊田合成のチームの完成度は毎年のようにいいんですが、今回は素晴らしかったですね。一番穴らしい穴もなく。トータルディフェンスも健在で、かつスパイカーを活かすセットアップ。元々去年からずっとこのメンバーでやっている分はあると思いますが。そういう意味では他のチームよりも長くやっているので、戦力の入れ替えもなかったです。スタメン予想も当たったくらいでしたからね。後半までこのままの調子でいけば、これは合成優勝も有り得ると思います。他のチームと当たった時にどういった勝負になるのかが気になりますね。このチームを崩すには強いサーブか、スパイクの高火力さか…もうそうなるとJTかサントかジェイテクトしか太刀打ちできないのではないか…可能性としてですけど、そう思いますね。強かったです。

堺ブレイザーズの印象

本当に呆気なく終わってしまったように見えますが、相手がサーブにディフェンスにスパイクにと穴もなく強さが目立ったので、どうしても印象としては薄くなってしまいます。セッターは佐川選手でいったようですが、途中奮わず今村選手に替えても立て直しがきかなかったのが痛かったです。サーブで崩されるのは当たり前として、そこから上に上げてスパイクへ持っていくということがなかなかできずに終わってしまったのが残念でした。セットの修正はお早めに。

実力は同じくらい

パナ対東レは、序盤2セットは本当に両者譲らずの展開が続きました。1、2セット30点までデュースが続きました。しかしなぜでしょうか。白熱した試合と思えないのは。お互いに決め手が足りないんですよね。やはりサーブでしょうか。ビッグサーブも狙いどころが甘いですし、これからはもっと厳しいところに打って決めなければ厳しいと思います。スパイカーはお互い悪くないんですけど、試合が無駄にもつれていたというか、サーブで決めてしまえばもっと楽なのになと見ていて思ってしまいました。

パナソニックパンサーズの印象

勝ったけれども、安心できない。そんな印象です。これが上位との戦いになると苦しくなりそうです。何よりビッグサーブが足りないですね。去年の課題を克服できなかったようです。ダンテ選手は相変わらずで派手さはないですが、決める時は決める選手です。それだけに、もっと他の選手が頑張らなくてはならないのですが、まだまだだったと思います。特にセットは苦しい展開で低く速くなりがちで、スパイカーも打てずフェイントになる場面が多かったです。代表であんなに良くなっていた深津選手ですが、印象はここでまたマイナスになってしまいました。深津選手がスパイカーを活かせるかどうかが鍵になってきそうです。早めに修正してほしいです。

東レアローズの印象

序盤は競ったけど、後半にパナにブレイクを先行され、途中で追い付けずに終わってしまいました。サーブの狙いどころは修正してほしいです。サーブで崩すとディフェンスはもっと楽になっていくと思います。まだちぐはぐな部分があるのか、ブロックで人がぶつかる場面もあったりしたので、今後その辺の修正も必要だと思います。スパイクは打てていたとは思いますが、スパイカーがもっと余裕があればいいなと思います。新助っ人の方は、ベテランらしくコース打ちやブロックアウトも取れる選手で、見ていて安心していられました。そこが好印象でした。

チームの完成度、助っ人との連携に明暗分かれる

もう勝ち点3を取れているか取れていないかにはっきり分かれましたね。フルセットに縺れることなく、終わりました。チーム的には3ー0か3ー1で勝ちたい、負けたとしてもフルセット負けという意識はあるでしょうから。しかしチームの完成度が勝敗に大きく影響が出たように思います。せめてセットさえもうちょっと良ければ、スパイクが強打できていればなぁという印象がどのチームもあったので、その辺は修正していただきたいものです。次週はその修正が早くできたチームから勝ち上がっていきそうですね。

今後完成度が高くなっていくチームは必ずあると思います。チームの完成度は現時点では優位性がありますが、だんだんなくなっていきます。1試合ずつ消化して相手の手の内も大体把握したでしょうから、今後は相手チームをいかに攻略していくか。完成度が高くても攻略されないようにもっと手数を増やしていかなければなりません。リーグは長期戦ですから、1試合目と2試合目3試合目では全く違った結果が出たりします。今後どうなるのか楽しみです。

来週は観戦を予定していますし、楽しみです!

-FC東京, JTサンダーズ, Vリーグ15/16シーズン, サントリーサンバーズ, ジェイテクトSINGS, バレーボール, パナソニックパンサーズ, 堺ブレイザーズ, 東レアローズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.