バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ16/17シーズン

Vプレミアリーグ女子16/17 第1週 開幕戦 日立vs久光のミカタ

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


​今日も観戦お疲れさまでした。リオです。

Vプレミアリーグ女子・チャレンジリーグ女子・Ⅰが開幕しましたね。

とりあえず、観戦できた久光製薬スプリングスvs日立リヴァーレの試合をお届けしたいと思います。

試合結果

久光製薬 3-0 日立

25-17,26-24,35-27

※実況は今回はなしです。途中で作業をしながら観ていたりしたので。

試合のポイント:スパイカーが打てていたかどうか

もうこれに尽きると思います。

久光は中田監督が総監督となり在籍したまま、新監督として酒井新悟監督に変わりました。

まだ発表になって日が浅いのですが、元々は「Team Core」プロジェクトの男子の監督をしていました。その前は堺ブレイザーズ監督でリーグ優勝経験もあります。こう言ってしまうと酒井監督のおかげのようになりそうですが、久光はまた1からスタートです。

そして、新助っ人はポーランド出身のマヤ・トカルスカ選手。初?のMBの獲得となりました。

日立は変わらずですが、新助っ人として、アメリカ出身のカースティ・ジャクソン選手が登場していました。ポジションは以前までのパオリーニ選手と同じMBです。

このような情報もいろいろ関係しているのかと言えば、今日の試合については、まっっっっっったく関係ありませんでした。

日立のトスが低くてスパイカーが打ち切れなかっただけです。

久光もところどころ低かったのですが、それにしても日立は酷かったです。

久光のトスについては、アジアクラブカップ選手権の時よりも高くなっていたように思います。速さで勝負というよりは、オーソドックスなものに戻ったような。

これは酒井監督がそうチームを作っていたのでしょうか。そうだと良いのですが。

まるで手を打てなかった日立…そもそものコンセプトがおかしい!

日立は序盤確かに足が動いていないと感じたのですが、それにしても立て直しが難しかったですね。

3セット目にようやくローテーションを回すということもしていたのですが、それでも突破口は生まれませんでした。

しかしそれは当然かと思います。

トスが低すぎて打てないのですから。

元々日立はとても個人の能力が高い選手が集まっています。スパイカーはとても豊富です。渡邊久惠選手は私はとても好きです。長いコースへ打つのがうまくて、引き出しがかなり豊富。

そして日立は元々スパイカーの攻撃参加意識が高く、本当にセッターとリベロ以外は全員助走に入り込んでくるようなチームです。見ていて楽しい…はずだったのに。

そのスパイカーを活かせなくては、試合に勝つことはできません。

日立は去年ファイナル6を1位通過、ファイナルで久光に最後破れましたが、強いチームなんです。

私が見ていた限りでは、去年はある程度速さと追求しつつも高さは捨てていなかったんですが、ファイナルは低い速いを追求し勝ちきれなかった。

そこをぬぐい去ってほしいなと思っていた今日の試合で、その悪癖なのかチーム・コンセプトなのかが出てしまいましたね。

セッターの佐藤美弥選手のトスは変わってしまいました。去年のファイナル6までは凄く良かったです。

こうなると、やはりチームのコンセプトを疑ってしまいます。

ベンチの指示はそれでも低い速いトスを辞めないのか?疑問で仕方がありません。

今日見た限りでは、今季の日立は厳しい戦いになるだろうなと思ってしまいました。

セッターも含めて、全員でどこを修正するべきなのか考えてほしいです。

久光も完璧ではなかったが…

相手の自滅に助けられたような気もします。

まだブロックのコンセプトが固まっていないのか、マヤ選手が推測でブロックを跳んでしまっていて、日立のスパイカーにブロック1枚で打たせてしまうシーンが多かったですね。

せっかく背の高いMBがいても、スパイカーをフリーで打たせてしまっては…というところです。

サーブである程度スパイカーを絞り込んでからブロックを2枚揃えるという形ができているといいのですが、チャンスボールなど日立がいい状態でスパイカーが走り込んできた時に、ちょっとブロックに付けていませんでした。

その辺はどう修正してくるのかというところが気になります。

女子も他に攻撃枚数の多いチームはあります。今まで見た限りですと、NEC・トヨタ車体・JT辺りは常に攻撃4枚です。PFUは明日見てみてからですが。そこを相手にした時に、今日ほどサーブで崩すことができるのかどうかという点が気になりました。

長いリーグなので、今日がダメだからすぐということではないのですがね。

本日はBSフジ・実況解説の出来は?

見たのですが…酷い実況・解説のクオリティーを何とかしてほしいです…。

解説は大林素子さんでしたが、この他にも途中で「開会式の選手宣誓は緊張しますがプレーで緊張がほぐれてきて…」などちょっと意味のわからないことをおっしゃっていたりとか。

久光視点でしか話していないので、日立がどう戦っていて何がいけないかなどのお話もなく…。

ちょっと喋ることがないからと適当なことを言わないでほしいですし、試合内容をきちんと伝えてほしいのですが…叶わず。

リーグの質にも関わると思うので、解説は本当にもうちょっと何とかなりませんか…と切実に思っています。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-Vリーグ16/17シーズン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.