バレーボール全日本男女、次期代表監督の発表!…大丈夫かな。

どうも。リオです。

今日はTwitterのニュースを見ながらハラハラしました。

誰かは前日の時点でわかっていたのですが、それ以外の部分ですね。今日の会見で何を言うかというところなど。

男子は中垣内祐一氏、女子は中田久美氏が次期代表監督就任へ

会見の全文を書いていますので、おすすめ記事はこちら。

中垣内祐一、中田久美が抱負を語る 全日本バレー男女代表監督 就任会見

男子は中垣内氏でちょっと安心…かな?

南部氏はどうなるのかはわかりませんが、それはまた今後ということになりそうですね。

私は男子が中垣内氏というのはちょっと意外でした。

まあ、上の会見記事にも書いてあるんですけど、中垣内氏はスキャンダルで一旦干されているんですよね。

ですからマスコミの目も気になるでしょうし、南部氏と中垣内氏をどちらかと考えた時に、惨敗でも強化本部のメンツが変わらないJVAは南部氏を選ぶのではないかと思っていたので。

いや、私は中垣内氏で少し安堵したというのが本音です。

さすがにOQTはめちゃくちゃ過ぎましたし、「その状態で南部氏になったとしても選手が着いてくるのかな?」と思っていたので。

インタビューを読んでいて、女子よりはある程度のビジョンがあるんだなというのは伺えましたし。

まとめると、

  • U-23などの下位カテゴリーとシニアを一環で強化する「縦の一環指導」
  • そして、大学・Vリーグの横も「横の一貫指導」
  • サーブの強化
  • オポジットの考え方を見つめ直す

ということみたいですね。

ビジョンをある程度おっしゃってくれたので、「なるほどなぁ」と思うことができました。

女子は本当に、本当に不安なんです。

女子は世界クラブ選手権でも惨敗の久光を率いる中田氏ということで、本当に不安です。

世界的に言うと日本は女子の方が好成績ですが、中身は女子の方が闇の根が深くてヤバい…といつも思っています。

ロンドン辺りはまだ応援できたのですが、リオのこの4年間はちょっと見るに堪えがたい状態で、それが今も続いています。

応援したいとせめて思わせてください…。

中田氏が記事のインタビューで、「眞鍋監督の方向性は間違っていない」という言葉に愕然としていて、今に至ります。

女子バレーを潰しかねないと思っています。そうではなくなることを祈りますけど。

とりあえず、

まずはなぜリオ五輪で結果を残せなかったのかの検証と分析が必要なのかなと思います。

検証と分析はしていただきたいですね。是非!

というか、会長の一言にやはり腹が立った!

相変わらず会長が地雷を踏みつけてくれました。

しかし、おっしゃる通り!と思った記事はこちらです。

あらゆる選択肢を精査したとは言い難い

木村会長は「(身長)2メートル級を集めて世界一になった監督が、体の小さい人間を集めて勝てる確率は、日本人監督より低いと思う」とする。だが日進月歩する世界の戦略や理論を理解した上でこそ独自の工夫が可能なのではないのか。地元五輪への選考としては多くの疑問が残った。

そして、この会長の言葉には「はぁ!?」の一言です。

世界の有名な監督…例えばもうこれはレゼンデ氏とブラジルのことしか考えられません…彼が2メートル級の選手を集めて世界一になった、と!?

はぁ!?

今の世界のバレーが2メートル級の選手ばかり集めて勝てる時代だと本当に思っているんですかね…。

記者さんがおっしゃる通り、世界の戦略や理論を理解した上で独自の工夫が必要…本当にそうですよ。

技術や戦術もそうですが、メンタルやフィジカルも鍛え上げてこその世界一です。ブラジルについては、国で若いカテゴリーから一貫指導で強化できるシステムがありますし。

日本は「世界の戦略や理論の理解」がとても遅れていると感じるところです。

協会会長の言葉にはとても憤りを感じました。

相変わらず、実際に世界と戦う選手のことをバカにしていますよね…そればかりか、世界のトップのこともバカにしています。身長があれば勝てると思い込んでいます。

体の小さいって言いますけど、MBの出耒田選手や山内選手は2メートル級ですから。日本人でもいますから…海外のMBほど厚みはないですが。

先のことに少しは夢を見たいけれど、そうはさせてくれないこの一言…とても残念です。

独自の工夫よりもまず戦術理解が必要だと思う…

個人的には独自の工夫の前に理解が最も先だと感じていますし、そして技術ばかりを追い求めることは少し反対なのです。

選手が世界に出たいと願っても、まずは戦術を理解してくれるならいいんだけれども、というところです。

大学以下のカテゴリーですと戦術の理解が遅れていて、「シニアは頭を使う」と最初はVリーグのバレーに慣れないのでその辺がもう残念だと思います。

Vリーグのバレーですら、最先端ではないというのに。遅れているんです。

その下位カテゴリーからまずバレーの理解を深めて、チームで戦術的にバレーをしていくということを目指してほしいです。

社会人になってからいきなりビックリしても、その選手達がまた可哀想でしょう。

そういったことは、ある程度、大学や高校のうちから戦術というものに触れていると違ってくるかと思います。

しかし、監督が変わるだけで一気に改善されるはずもないですし、多くは期待していません。

せめて想像よりは少しでもいい日本代表が見られるといいな…とそれを期待しております。