バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 JTサンダーズ Vリーグ15/16シーズン サントリーサンバーズ ジェイテクトSINGS バレーボール パナソニックパンサーズ 堺ブレイザーズ 東レアローズ 豊田合成トレフェルサ

Vプレミアリーグ男子開幕!1日目

更新日:

いよいよ始まりましたね!早速ですが、見た感想を。結果は、

JTサンダース3ー1サントリーサンバーズ
ジェイテクトSTINGS3ー0FC東京

以下、雑感です。

王者JTサンダース揺るがず!?サントリー破れる

結果だけ見ればJT強しといった内容でしたが、サントリーはまだチームが仕上がっていないというような内容だったと思います。代表選手がワールドカップで合流が遅れたのもありそうですが。一応サントリーの方も序盤からサーブでターゲットを狙って、越川選手やヴィソット選手ではなくできるだけ八子選手にスパイクを打たせてシャットアウトするという形は見られました。が、八子選手がそれ以上の出来だったと言わざるを得ません。八子選手がシャットアウトを受ける場面はあったのですが、それでも力強くスパイクを打ち込んできました。そしてJTはサーブの精度を上げてリーグに挑んできたようです。サーブコースがえげつなかった。ジャンプフローターサーブでもサービスエースを奪ったりしました。1セット目はサントリーの方がサーブが良かった印象でしたが、2セット目以降はJTのサーブが走り、逆にサントリーが後手に回ってしまいました。サーブは大切ですねといった内容でした。サーブでJTはエースも狙っていましたが、とにかくサントリーのコートの前側に落とそうとネットにかかってしまってもずっとプレッシャーをかけていました。それだけで相手のストレスもあったと思います。サントリーはWSを交替させてみたりしたのですが、敵いませんでした。サーブで先手を打ってブレイクを先行することが大切な試合でした。

JTサンダースの印象

メンバーは半分くらい変わっているのですが、サーブの精度は去年よりもずっといい印象です。MBを安永選手と町野選手で来ましたが、安永選手は少し意外でした。でも試合をずっと見ていて納得できたのが、安永選手がサーブがとてもいいんですね。ジャンサ(ジャンプサーブ)もジャンフロ(ジャンプフローターサーブ)も打ってましたし、相手をかなり揺さぶっていました。ただでさえヴィソット越川と続くサーブローテーションはストレスですが、安永選手もジャンサなら気が抜けません。あと八子選手もジャンサは強烈で、コースもかなり際どいところを狙ってきたと思います。あとリベロが新人の唐川選手だったのですが、既にチームに馴染んでいて違和感がなかったです。ある時は選手に厳しく質のあるプレーを求め、できれば褒め称えるというヴコヴィッチ監督の手腕も見られました。今年も強そうです。

サントリーサンバーズの印象

やはり柳田選手はスタメンで来ましたね!しかし彼らしい本来のスパイクはあまり打てなかったと思います。本数自体も少なくて乗っていけなかったのかなと思いますが、サーブで狙われていたので、セッターの阿部選手も選択肢が少なく柳田選手にセットを上げるのをだいぶ避けていたのかもしれません。序盤からエヴァンドロ選手に頼るという苦しい場面が多かったです。そしてクイックが合わない。本数も少ないではなかなか勝つことは難しいと思います。サーブも1セット目が良かったのですが、JTに対応された後が苦しかったですね。もっと引き出しを作らないと厳しそうです。とはいえ、セッターとのスパイクの連携は今後詰めていけばいいと思いますし、柳田選手を交替させつつ育てるのがいいと思います。栗山選手も好調そうだったのでもっと使いたかったですし、今後に向けていい材料はあります。阿部選手のセットの不安定さが気になったので、そこはすぐ修正してほしいです。

ついにベールを脱いだジェイテクトの兵器。苦戦が予想されるFC東京

スタメンから面白くてつい見いってしまいました。そう来たか!という感じ(笑)お互いサーブで崩してエースを取ることや返ってきたボールをトランジション・アタックで切り返すという場面が多く見られました。コンセプトは似ているチーム同士の対決ではあったと思います。だから、いいサーブを何度も決めてブレイクできたチームが勝ったと思います。まだお互いレセプションなどのフォーメーションは詰めるところがありそうなのは否めませんでしたけども。助っ人のWSといかにコミュニケーションを取って行くかが大事になりそうです。リーグはまだ始まったばかりなので、助っ人のモチベーションを維持するためにも、勝ち星が大切です。お互いに助っ人がそこまで貢献しているような印象はなかったのですが、元々の地力で勝負していて、既にまとまっていたのがジェイテクトの方だったという印象でした。あのサーブ力は今後も鍵を握りそうです。サーブコースも良かったです。そしてカジースキ選手どうこうではなく、やるべきことをやっていて勝てた試合だったと思います。だからカジースキ選手もこれからでしょう。

ジェイテクトSTINGSの印象

WSにカジースキ選手と高橋和人選手、OPに古田史郎選手と、攻撃的布陣であると同時に首尾でも安定感が出るスタメンだったと思います。サーブの火力が高くコースも良かったので、サーブで崩してディフェンスはしやすかったと思います。本当にカジースキ選手がいい意味であまり目立たなかったので、情報が少ないのですが…。セットの修正は早めにほしいものです。カジースキ選手と合わせるところがまだ調整不足だったように思います。ディフェンスをしていて衝突とかもあまり見受けられなかったので、そういう意味では連携もできていて修正ポイントは少なくないと思われます。助っ人到着前に準備をしっかりしていたんでしょうね。全体的にまとまっているという印象でした。

FC東京の印象

こちらも昨シーズンより様変わりしたスタメンとなりました。WSにセルジオ選手と山本選手、OPに手塚選手と新しい形になりました。しかしWSの新助っ人との守備の連携ですとか、OPになった手塚選手ともディフェンスはどこを守っていくのかとか、バックゾーンでバタバタしていた印象でした。攻撃面もセルジオ選手がスパイクがほとんど決まらず、不安を残しました。レセプションの位置などもコミュニケーションが足りないように思います。まだまだ未完成なチームとなりました。助っ人との連携もそうですし、まだスタメンを固定せずいろんなパターンを試していく方針のようで、これからまだまだチームは変わっていくでしょうけど、苦しい戦いが続きそうだなと思いました。助っ人の交替の決断も遅かったように思います。今後勝ちパターンができていくことを祈ります。

2日目へ続きます。

-FC東京, JTサンダーズ, Vリーグ15/16シーズン, サントリーサンバーズ, ジェイテクトSINGS, バレーボール, パナソニックパンサーズ, 堺ブレイザーズ, 東レアローズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.