バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。




OQT2016 Vリーグ16/17シーズン ハイキュー!! 火の鳥ニッポン 龍神ニッポン

このまま日本のバレーが衰退していくのを見るだけなのか…とお口直し

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


どうも。リオです。

昨日は以下の記事を読んでここ数年で1番腹が立ったので、今日は落ち着いて、漫画の話でもしようかと思っています。

それくらい腹が立ちまして。

参考

ざっくり内容を書きます。たまにこの日刊スポーツの記事はアクセスしても重いのか繋がらないことが多々あるので。

  • 協会会長曰く、日本女子の今回のリオ五輪の結果は「及第点」
  • 今後の監督は眞鍋監督の続投も視野に
  • 男女共に日本人監督の予定
  • 次期監督人事は男子が10月中、女子が11月頃を目処に…

はぁ…。

今書いていても腹が立つ内容なのですがね。

今の日本女子が実力を出しきっていたとでも?

まずそこからですかね。

私は全然そうは思いませんでしたよ。

スパイカーが打てないセット、バラバラなブロック、レセプションが崩されたーとレセプションのせい。

いつも同じことの繰り返しです。

ベスト8止まりで「及第点」は有り得ないと思いますよ。前回は銅メダルなんですからね。

今後の女子の監督選考は眞鍋氏も視野にというのも有り得ないでしょう。

あんなに戦術らしいものもなく、策もなく選手たちにただ試合をさせて、それだけだったんですよ?

ちょっと信じられませんね。

皆さんは、男女共に日本人監督でいいと思いますか?

これも信じられないですよね。もう「有り得ない」「信じられない」の連呼ですよ、本当に。

日本人監督の中に、東京五輪へ向けて強化プランをしっかり立てられる人なんているんでしょうかとはなはだ疑問です。

男子は少なくとも予選突破(出場できた北京のチームでも無理だったのに)、女子はトーナメントを勝ち上がってメダル争いをしなければならないでしょう。

それなのに、今回の結果を「及第点」としてしまうのはあまりに危険だと思います。

もっときちんと今までの成績も踏まえて考えないと、東京五輪はただ出場するだけですよ。

本当に腹が立って仕方がありませんでした。

こんな時こそ、誰のファンであろうと、強化本部へ異論を出すべきですよ。

しっかりした理論でなくてもかまいません。

日本が監督を断った外国人監督が他の国を強くしている。日本も頭を下げてお願いするべきではないでしょうか?

眞鍋監督も過去の戦い方を見ていて監督として策がなく適当で選手が可哀想だと感じますし、南部監督はOQTで有り得ない交替ミスもしています。

そんな監督に続投してほしいと思うかどうか…。選ばれる選手が本当に可哀想なんです。

TwitterのJVA(@JVA_Volleyball)のアカウントへ直接リプなどしてもかまいません。もっと声が必要だと思います。

お口直し…

Kindle unlimitedというサービスが始まったのをご存じでしょうか?

月額980円でKindle内の該当の書籍が読み放題のサービスです。30日間無料体験中です。

さすがに集英社のハイキュー!!は月980円では読むことができないのですが、他の出版社の漫画は結構読むことができます。

そこにありました!「神様のバレー」が!

私の好きなバレー漫画です。

バレーを謎解きのように見せているところが好きですね。

付せんがたくさんあって、終わってみると弱小校が強豪校に勝っていって、強化に繋がっていたりするんです。

バレー界にも頭の良い人たちがいないかしら…と思わず本音が(笑)

■Kindle版 ※unlimitedで読み放題になるのは1~3巻までです。
  

監督選びは難しいでしょう。

でもここで間違った時は、また同じことを繰り返すことになるでしょう。

選手人生は短いのに、何も残せずに終わってしまう選手がいるかもしれません。

まだどうなるかわかりませんが、不安ばかりですね…。

10月11月とか、Vプレミア始まるじゃないですか…どうするつもりなんでしょうね。











■DAZN見るなら、Amazon fire TV

■バレーボールの遠征費は、マイルを貯めやすいクレジットカードを持つのがオススメ

・ANA

・JAL

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-OQT2016, Vリーグ16/17シーズン, ハイキュー!!, 火の鳥ニッポン, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.