過去を振り返って…蔵出しTL AVC2015 決勝 vsイラン

どうも。リオです。

しばらくバレーの試合がないというのも何とも寂しいものですね。

女子のオリンピックが始まればしばらくは女子を見ることになるかと思いますが。あと男子の海外勢同士とか。

男子は結構面白そうなので見たいのですよ。この4年間で伸びてきたチームがあったりして。

ともあれ、今回はアジア選手権的な、AVCという大会で日本が優勝した時の試合です。

2015年8月8日とかなので、ワールドカップ前の仕上がりを見ることができました。


スタメンは清水深津弟柳田浅野鈴木出耒田L酒井の布陣


清水選手が物凄かったんですよ。「今日は止まる気がしない」ってこういう日なんだなというくらいに。

勿論シャットアウトされていた場面はありましたけども、本当に止まらなくてですね。

WL2016後にこれを見たら、皆さんもビックリするかもしれません。


試合後こんなまとめになるくらい、清水選手へ高いトスが来ていて、空中で余裕があったのでスパイクを決められたんですよね。一目瞭然でした。


スパイカーがブロックをよく見て空中で判断するということをしっかりやっていたんですよね。

どうしてWL2016は…とやはりそう思ってしまいますが。

同じ人達なんですけどもね。まあ、酒井選手も鈴木選手も浅野選手もいませんけど。

しかし米山選手はいたし、出耒田選手はスタメン不動なくらいの成長を見せていましたし。

当時はあまり目立っていなかったんですよ、出耒田選手は。TLに名前がほとんど出てこない…。その頃に比べたら断然いい。今はチームの中心です。

あと無意識のうちの全員で戦っていたんだと思います。この頃に士気を高めたのがワールドカップへの好成績に繋がったとも言えるかもしれません。

勝って結果が着いてくると、若い選手には自信になりますしね。

当時は石川選手は現地にいたと思うんですけど、膝のケガの影響か出場はほとんどなくて、浅野選手と柳田選手が対角を組んでいました。

浅野選手、また代表へ戻ってきてほしいな…プレミアリーグでも活躍してほしいところです。

やっぱり浅野選手のいいところは、基本的なことがきちんとできますし、あと何と言ってもサボらないんですよね。雑なプレーが全然ないんです。

バックアタックが少なくても、助走へしっかり入っていてブロックを惑わせたりしますし。ハイセットも打ちこなします。

今のバレー界の「小さな巨人」的な存在(178cm)ですが。

いい試合をしている日本代表をたまに見たくなる…

これに尽きますね。今年は酷かったですから。

そしてこれからプレミアが始まるので、プレミアリーグも是非注目していただきたいのですけどもね。

「代表がいい」という方もいるかと思いますが…プレミアリーグは日本国内でのトップリーグですし。

ここから日本代表は選ばれる(勿論ここからだけではないけども)ので、いい選手を探しにいくといった楽しみ方があってもいいですし。

今年のプレミアリーグは代表の帰還が早かったので、準備期間も十分ありますしどのチームもいい仕上がりでスタートできるのではないかと思います。

DAZNが謎のままですが、早くリーグ始まらないかなと思うばかりです。

自分の踊っているTLを読んで、いい試合が見たくなってきた…というオチ(笑)