バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

Vリーグ15/16シーズン バレーボール

Vプレミアリーグ女子第2週

更新日:

試合結果はこちら。

2015/10/24
上尾1-3東レ
久光製薬3-2NEC
デンソー3-2トヨタ車体
岡山3-0日立

2015/10/25
上尾3-2トヨタ車体
NEC2-3岡山
久光製薬0-3日立
デンソー0-3東レ

対戦表

順位(勝ち点)
1 東レ(9)↑
2 岡山(6)↑
3 久光製薬(5)↓
4 トヨタ車体(5)↓
5 デンソー(4)↓
6 日立(3)ー
7 上尾(2)ー
8 NEC(2)ー

以下、試合を見た雑感です。

10/24
上尾対東レ
(未観戦。見終わったら投稿します)

久光対NEC
サーブ対決でした。お互いサーブで崩してブレイクを先行したいという意図が見られ、ブレイクを先行できた方がセットを取るといった内容でした。赤ロケはトータルディフェンスが良くてそこはいいのですが、試合に勝ちきるにはまだビックサーブがないのが今後の不安要素に思えます。MBの島村・大野両名のサーブはいいのですが、他ですね。もっと崩していきたいところです。あと、古賀選手が目立たない…それはいいのか悪いのかわかりませんが、もっとチームを牽引してほしいです。久光に関しては、サーブの狙いがはっきりしていて、いいサーブが入っている時は先行できていましたが、いいサーブが入らないときは苦しいところが見てとれました。

デンソー対トヨタ車体
他の試合もそうなのですが、お互い今年の初顔合わせなので、そこでお互い引き出しの引っ張り合いというか、何とか別の手を引っ張り出して、相手がどんなことをしてくるのか試したいし、自チームもスタメンだけでリーグを乗り切るのは難しいのでいろんな選手を入れてみていろんなパターンを試したい、そんな意図が見て取れました。トヨタ車体は先週と違って竹田選手をずっと入れっぱなしにしない方針に変えてきました。試合が長引き、ポリーナ選手も疲れが見え始めた時にどうするのか車体は課題になりそうです。デンソーはサーブが走っていればセットを取れますが、走らない時にどうするのか、久光と同じような課題が見えました。

岡山対日立
面白かったのはこちらです。あの、シーガルズプッシュで有名な岡山が見違えました。セッターの宮下選手がアタッカーを活かしていたんです。アタッカーが余裕を持って伸び伸びとハードヒットしている。何ということでしょう。あの岡山から、スパイクの音が聞こえてくる!と感動しました。先週とは見違えましたね。その辺がうまくいっていて、元々うまい選手が多いですから、日立を圧倒できました。まだ守備面はコンセプトが良くないのですが、アタッカーを活かせるだけでこれだけ勝ちきれるんだなぁを感心しました。やはりコンセプトって重要ですね。日立はそんな岡山のスパイクをディフェンスできず、サーブでも攻め込まれといった内容でした。逆に日立がプッシュが多くなってしまったのが痛いところです。

10/25
上尾対トヨタ車体
スパイクがハードヒット型の両者ですが、やはりサーブ勝負でした。上尾の方がサーブからブレイクできていて、車体は逆にサーブが弱かったと感じました。お互い大砲に頼らずに勝ちたいという意図は見えましたが、結局大砲に頼った車体の方が根負けしてしまったように思います。できるだけ、サーブから得点したいですね。車体の方がブロックでワンタッチにかけていたように思えたのですが、そこからのトランジション・アタックが奮わなかった印象です。

NEC対岡山
前日のまま、宮下選手のアタッカーを活かしたトス回しで勝ちました。赤ロケはどうした?と思われてしまいそうですね。別に悪くはなかったんですよ。低いクイックは逃さずワンタッチを取り、全力助走からのトランジション・アタック。バックアタックも織り交ぜた立体的なバレー。ですが、岡山が良かったんですよね。高い打点からのスパイクだといくら赤ロケのトータルディフェンスが良くてもどうにもならないんです。車体戦がそうだったように。あとはサーブですね。岡山はレシーブもいいので、サーブで崩したかったです。

久光対日立
久光は新鍋選手に替えて野本選手を起用しました。が、敗因は主にサーブだったと思います。サーブで攻めきれなかったんですよね。この辺は後でまた書きますが。別にレセプションはそんなに悪くはなかったんですが(結構セッターに返っていたと思います)、そこからアタッカーを活かしきれなかったですね。フェイントを拾われ、日立にトランジションでやり返される。そこでディフェンスをうまく敷けずにそのまま決められるといった流れで。そもそもサーブがもっと走ればここまで苦しい展開にはならないと思うので、やっぱりサーブが大事だと思いました。

デンソー対東レ
(未観戦。見終わったら投稿します)

もう順位が変動。東レが首位に

まあ、元々初日の順位のまま後半までいくってことはほとんどないわけですが。それにしても、東レが勝ち点3×3試合って去年とは全然違いますね。ベテランが支えていますが、若手も噛み合ってきたんでしょうね。不安なのは昨年王者の赤ロケですかね。リーグのレギュラーラウンドは3回総当たりするのですが、2回目3回目でチームが仕上がってきて首位になることもありますし、ファイナル6でも巻き返せるので、とりあえずファイナル6には残ってほしいものです。上尾も。

既に見えてきたサーブの重要性

プレミア女子チームの男子化がいいですね。サーブで1点取ってしまおうという意図のあるサーブを打ち込んでくるチームが増えました。上尾や日立は元々そうでしたが、他のチームもそうです。長いラリーを制するよりも、サーブで1点取ってしまった方が圧倒的に楽ですからね。リーグも長いので、消耗するくらいならサーブで1点取ってしまった方がベターなんです。同じ1点ですから。男子は完全にそれですし、女子もそれに移行しつつあるのかなと思いました。それは、今週2日間だけでサーブでブレイクを先行しているチームがセットを取っているんです。これは見ていたので間違いありません。スタッツの数字だけ見ると、ブレイクになっているのはスパイクやブロックの得点、スパイクの失点だったりするのかもしれませんが、実際はサーブで崩してスパイクのミスを誘ったり、シャットアウトしたりブロックのワンタッチからトランジション・アタックで切り返して得点しているケースが多いんです。ラリーポイント制のバレーらしくなってきたなと思いました。

では、サーブでブレイクを先行されたらもう諦めるしかないの?

いえいえ、そんなことはありません。ただ、今週の試合に関しては、なかなか追い付けずにセットを奪われるというシーンが目立ちましたが。どのチームもそれが課題になってくるんですけど。でもそこで諦めていいのかというと、そんなことはないんです。ヒントはJT男子チームにあると私は思います。

必要なのはブレイクチャンス

JT男子を見ていると、まずサーブからノータッチで直接ポイントを結びつけることができるビッグサーバーが3人以上います。威力もえげつないんですが、コースもいいんです。それに加えて、チームでいいサーブの選手が2人連続するローテーションがあるんです。WS越川選手とOPヴィソット選手。そのローテはブレイクチャンスで、両者のサーブでいかにブレイクを奪えるかがJTの勝敗の鍵を握ります。勿論その他の選手も嫌らしいところにサーブは打ってくるのですが、ブレイクチャンスで確実に点数を重ねることができるのがJTなんです。ブレイク先行も大事なのですが、先行されてもブレイクチャンスで必ず巻き返せるという自信があるから、ブレイクチャンスの場面で追い付き引き離すことができるのです。サーブ強者をローテーションで並べることは、レセプションを受ける側としてもストレスになります。1人目を凌いでも2人目がいますからね。プレミア女子チームにおいて、こんなブレイクチャンスがあるのはちょっと見受けられないですね。

ブレイク先行するに越したことはないけど

当然そうなのですが、先行されたしまったらどうするのかが足りなかったですね。むしろ、ブレイク先行されることはよくあることだと思って試合に挑むかどうかが大事なのでは?と思います。ブレイク先行させるのをまず想定しておくことが大事かなと。想定外で手の打ちようがありません、ではなかなかいろんな相手に柔軟に試合をこなすのが難しくなってくると思います。相手もブレイク先行を阻止しようといろいろやってくるわけですから。あとリードされたときにこそサーブで攻めることが重要ですね。失点を恐れていてはラリーポイント制では戦えません。サーブミスをするなではいけないんだと思います。

とはいえ、プレミア女子がブレイク先行しようとするようないい傾向が見られてきたので、見ていて楽しいです。あとアタッカーが打ちまくっていて面白いですよ。

-Vリーグ15/16シーズン, バレーボール

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.