バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

ワールドリーグ2015 龍神ニッポン

過去を振り返って…蔵出しTL WL2015.6.28 日本vsフランス

投稿日:

どうも。リオです。

本日は2度目の日本vsフランスの模様です。こちらはアウェー戦。フランスのホームゲームです。

柳田・出耒田選手は参加せず。WSは石川浅野対角。MBは何と栗山選手!

南部監督は当時もやらかしておりました。

当時、ユニバーシアードの大会があったんですよ。そこで、柳田選手と出耒田選手を欠く羽目に。

そこは最初からシニアにいるという約束をするなど、監督としての立ち回りが必要だったはずです。

まずここからおかしいんですよね…もう過去のことなんですけど。

MBは元々ワールドカップのメンバーである鈴木選手・山内選手・出耒田選手で登録していたところ、鈴木選手もケガで離脱するんです。

そこで、この時のスタートは山内選手と栗山選手ということに。

栗山選手は元々MBの経験もあったそうですよ…OPもMBもWSもどこでもできちゃう人らしいのですが、それにしたって…。

まだ成長過程の石川選手が垣間見れた

この頃まだバックアタックに入る意識というのがちょっと足りなかったようなんですね。

ですので、レセプションにしろディグにしろ、拾い終わったらあまり助走に入ってこないんですよね。

今は大分積極的になったので、それは成長した部分だったと思います。

拾ったら口開けてボーッとしているので、それは怒られます(笑)

攻撃枚数が必要ですのでね。当時は浅野選手が前衛、石川選手が後衛時に攻撃枚数が減って困っていました。

石川選手は個人としては打点の高さやレシーブ力などはもう既に代表クラスなのですが、攻撃枚数を確保するなど戦術的な部分はまだ理解しきれていないような感じでした。

どんな有望選手も皆粗削りからのスタートです。

シニアやプレミアはやっているバレーが学生カテゴリーとは違うんですよ。

シニアやプレミアでは何故「時間差攻撃」や「ブロード」がほとんど見られないんでしょうね?

単純に通用しないからということなんですけど、何故見られないのかはまたいつかどこかで書きたいと思います。

それらに対応できるまで、ここからがスタートでしたね。今や懐かしいんですけども。

総括はこんな感じに…

トスがニアネットで清水選手が打てないというのが目立っていました。

今も全然間違えてるから、分析できていないというところがもう残念です。

これでワールドリーグ2015の日本の試合は終わりました。

結果予選突破できずでした。それでも新戦力が力を見せた試合ではあったと思います。

これからなんですが、AVCかな…アジア選手権の方のTLを見ていただきたいと思います。

ワールドカップ前の海外遠征なんかも実況していたような気がします…どこまで残っているかわかりませんが。

そこから深津選手のトスがふわっとし出すので、見逃せません。

というか、なんで低い速いに戻してしまうんだろう…というのは謎ですが。

-ワールドリーグ2015, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.