バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

ワールドリーグ2015 龍神ニッポン

過去を振り返り…蔵出しTL WL2015.6.12-13 日本vs韓国

投稿日:

どうも。リオです。

週末まで試合がない時期が続くので、ちょっと蔵出しTLでバレーを観てる気分に浸りたいというのが本音です。

今回はWL2015第3週の韓国戦です。

去年までは、このように2日間同じ対戦相手で、しかもその相手とホーム&アウェイで4試合するんです。

それが3ヵ国相手になりまして、2015年はフランス・チェコ・韓国と同じプールだったんです。

全部で6週間の予選を経て、決勝リーグとなります。

今年は3週間で予選が済むように3連戦×3週間でしたからね。選手達は大分ハードだったでしょう。

ともあれ、こんな感じで毎年ルールが変わっていますので、今年を特別視する必要がない大会なんです。

※寝癖…は栗山選手です。去年まで酷かったんですから(笑)

石川選手は授業の関係で出場せず。WSは柳田-浅野対角

こうしていろいろな組み合わせで試すことって大切だと思うんですよね。

今年福澤選手を追加で招集するのは、理解できませんでしたがまあいいとして、ここまで試すことができていたのかは疑問です。

貴重な柳田浅野対角ですが、これがとてもよく機能していたんですよね。

2人ともよく走ります。足を動かすのって大事なことです。

見た目は超小ぶりでしたけど、2人ともよくジャンプしていましたしね。

浅野選手がOQTで見られなかったのが本当に残念です。大ケガの長期治療ということで、お大事に。

プレミアのシーズンに間に合ってほしいですね。是非。

TLをまとめてみても、去年とあまり変わってない問題

ここでもバックローテな清水選手に対して、トスをネットに近付けてしまう深津選手。悪癖が出てしまい…まあ、WLが特別じゃなくて、見たときからやってます。

改善を求めます…。

こちらはブロックとレシーブの関係性です。何も言わないのか、バラバラ過ぎました。

当時は永野選手と酒井選手をどちらも起用していたんです。割合酒井選手の方が多かったくらいですかね。

OQTやWLの惨状からすると、サーブの指示はないようなので、浅野選手が自分で考えて打っているということですね。

「低い速い」の悪癖が止まらず…この頃はトスについてスパイカーもいろいろ言っていたんですけどもね。ワールドカップでもコミュニケーションをきちんと取っていました。

まあ、相変わらずフロントとバックを間違えたりするトスミスはあったのですが、それでもトスがフワッとしていたのでスパイカーがカバーできていたんです。

清水選手も調子が良かったですしね。ワールドカップは。

どうして今年ああなったのか。本気でわかりません。

この後、ワールドカップ2015で浅野選手がバックローテのみの起用に止まるのが本当に惜しいんです。

石川選手だけじゃなくて、浅野選手もいてくれれば、わりとWSを3人で回せて良かったのかもしれませんが…いずれもケガさせてしまっていることが本当に問題ですね。

采配も一気に3人替えているのを見て…やはり博打采配はずっとありました。今に始まったことじゃないということで。

最終的には、このような結論に。困ったものです。

WSやMBはいいプレーしていたし、この時期らしく自分の能力を選手達がアピールできていたと思うのですが、それにしてもセッターとリベロが足を引っ張って仕方がなかったですね。

これは…今と同じです。

そうです。変わってないんです。

選手も変わっていないというのが困ったものです。

誰々がじゃなくて、とりあえず勝ちパターンは大体わかるわけですから、どうすれば勝てるのかもっとコミュニケーションが必要だったはずです。

あと1度どころか何度も言われたら、さすがに修正しなくては。

トップカテゴリーの選手達なんですから…そこは勝てるメンバーを選べない監督にも落ち度はありますが。

今年の韓国戦はストレート勝利でしたが、セッターが関田選手でしかも調子が良かったですからね…。

そこのところが違ったかと思います。スパイカーが打てるトスを供給できるとこんなにも違うものですね。

いや、深津選手もスパイカーが打てるトスを供給してくれれば何の問題もないんですけどもね。

そして次回代表の招集があるときは、変わっていってほしいですね。

課題です。

-ワールドリーグ2015, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.