バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

ワールドリーグ2016 龍神ニッポン

WL2016 中国大会 7/3 日本vs中国 大分悲惨な試合だった…

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

観戦お疲れ様でした。リオです。

そして龍神ニッポン2016の試合日程が終了しましたので、関わった皆様、全員お疲れ様でした。

特にユニフォームを着た選手の皆様、モチベーションもキープするのが大変な大会だったと思うし、今はお体を休めて、次の戦いに備えてください。

本当にお疲れ様でした。

ほとんどいいところもなく、ただ中国はサーブで攻めていれば勝ててしまった

「負けて情けない」をそろそろ通り越しているんですが、いかがでしたでしょうか。

そして、どうしてコートが悪い状態のまま放置し続けるんでしょうか。

負けたら選手のせいですか?

ベンチワークには呆れを通り越して怒りしかありませんでした。

前日も書いた通り、深津選手が酷いのはもう最初から見ていてわかるわけで、そこで途中からやっと関田選手を投入しましたが、どうしてもっと早くそれをしなかったのか?というのが。

そしてその後もトス自体が改善されたことはなかったのに、それでも放置ですか?

負けても実にならなかったら意味がないでしょう。

それこそせっかく海外と試合ができるチャンスなのに、棒に振るんですか?

選手達よりはやはり監督へ矛先がいきます。

やはりメンバーチェンジの問題が大きかったと思います。

トスが酷いのは目に見えてわかっていましたからね。

よく清水選手がドシャットされて批判されがちなのですが、本質を見誤ってはいけません。

特にバックローテの場面でトスをネットに近付けてしまうと、清水選手はアタックラインを踏み越さないように踏み切ってから約3m前に跳んでいかなくてはならなくなります。

ただでさえ深津選手のトスは速いです。

そこで清水選手が一生懸命走って跳んでも間に合わなくなっていた場面が多かったです。

ハイキュー!!で言うと、中学時代の影山の王様のトスです。無茶振りトスというものです。

こんなに酷かったのにメンバーチェンジなしというのは、深津選手へ愛がないなと思ってしまいます。かなり罪深いです。

これで監督が「最後は選手達に任せました」と言ったら、矛先は確実に深津選手へ向きます。

心中とはまさにこのことです。

深津選手には、何度も言っていますが試合中にローテーションを把握することから始めてほしいのですが、トスももっと改善しなければならないです。

オポジットの選手が前衛か後衛かわからなくなるなんて、セッターとして致命的です。

自分も今前衛なのか後衛なのかわからないということになりますしね。

深津選手が今後も代表として試合に出続けるなら、彼自身が変わらなくては、私にはちょっともう到底受け入れられません。

変わってくれるなら、深津選手は元々バレーセンスが高いですしブロック・ディグ・サーブどれを取ってもいいので是非と。

何よりもこういう心中バレーにしてしまったベンチがやはり良くないと感じますけど。代表メンバー選考の段階からです。

https://twitter.com/stellakin/status/749574194958962688

まず変わらなくてはならないのは、ベンチの頭の中ですね。いつの時代も。

全日本男子代表の未来は…

ここが1番不安なところですよね。

とりあえず解散して、皆一旦チームに戻ります。その後国内リーグへ向けて調整を開始します。

本当に酷い試合を見せてしまっているのですが、それでも未来はまだ明るいと信じて、応援を続けてみてほしいです。

私は選手達がわざわざ海外へ出向かなくても、国内で個々に自分の課題を克服することに努められれば自ずと日本代表の強化に繋がると思っています。

選手それぞれが今回の結果をどう受け止め、どういうモチベーションで国内リーグへ挑むのかということですね。

意識の高い選手は過去にもきちんといましたし、その選手以外でも今の選手達は心配ないと思っています。

意識の高い選手であれば、どこでプレーしていても成長できると思うんですよね。

試合を見ていても、対戦相手だったり自チームの先輩だったりいいプレーヤーから技を盗んで自分の物にしていく選手はきちんといるんですよ。そういう成長の仕方だってありますよね。

勿論将来的には海外へという気持ちでいいと思うんですが。チャンスがあったら是非行ってほしいです。

そしてある程度カテゴリーのレベルは必要かと思いますけどもね。

個人の能力だけではなくて組織で戦うことに慣れる必要がある選手には、国内でもそれをやっているチームに身をおいてほしいところもありますが。

それよりも国内で問題なのは、代表監督の選考だったり選手の選考だったりと、上層部の問題が大きいと感じます。

日本の強化に繋がるのは、何も選手達個々のレベルアップだけではないと思うんですよ。

よりレベルの高いトップの就任を希望します。

今のままでは選手がいくら頑張っても到底勝てるようになりません。

プレミア優勝監督が自動的に代表監督へ就任する体制の見直しからお願いしたいところです。

プレミアの日本人監督はやはり海外を知らない人が多いですから。

その辺も含めて、どうなるやらと思いますけど。

ワールドリーグ、日本の試合は終わりましたが、まだ大会は終わりではない

私はグループ1のファイナル4が楽しみです。注目しています。

今後はそれを見つつ、国内はいよいよVリーグが始まりますので、それに向けていろいろ書いていければいいなと思っています。

WL反省会も一応…するべきか今悩んでいるところです。OQTと内容が変わらないかなと思ったりもするので。

まあ、この1年、代表選手達を見てきて、個々にどういったことが課題だと感じるか?ということを書いても面白いかもしれないですね。

叩きだと思われるような内容になるかもしれませんけど。

好きな選手が今どういうレベルなのか知りたくないですか?悪いことばかりは書きませんよ勿論。

そして国内リーグ、レベルが高いし面白いですよ!

来年の代表の活動へ向けて、バレーを観る目を肥やしましょう。

バレーがわかると観戦が楽しいですよ。

あとはオリンピック、日中韓のクラブチームマッチにジェイテクトSTINGSが参加したり、アジアクラブ選手権に豊田合成トレフェルサが参加したり、こちらも楽しみにしています。

とりあえず本当にお疲れ様でした。

-ワールドリーグ2016, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.