バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。




OQT2016 ハイキュー!! ワールドカップ2015 火の鳥ニッポン 龍神ニッポン

スポーツにとっての「日本代表の役割」とは…日本代表とは常に憧れの場であるべきだ!

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


どうも。リオです。

バレーの日本代表をよく観ていますが、今回は「全てのスポーツへ」というデカいテーマでいきたいなと思いました。

東京五輪へ向けてということもありますしね。

どんなに知られていないスポーツでも「日本代表」というのは存在するし、そこへ向けて頑張っている選手達というのは存在するんですよね。

報道があまりなくても、ひたすらスポーツをしている選手はどこにでも必ずいます。

今日は日本代表について考えてみます。

バレーの日本代表は恵まれた環境にある

年1度は民法大手のゴールデンタイムで国際大会が放送されることの有り難みというのは本当に大きいです。

これがなければ、五輪に何度も出場できていない男子なんて、人気も底辺であるに違いありません。

ですが、負けてもいい試合をすれば何とか見に来る人は集まってもらえています。

これはサッカーの人気に少し近いものがあると思いますね。

男子のサッカーはプロリーグが存在しますし、野球と一緒でメジャースポーツの1つ。そこは完全に負けていますけども。

サッカーも世界と戦っていて、とても成績がいいとは言えないですよね。

しかし競技人口は多いし、メジャースポーツです。

サッカーにとって日本代表はやはり憧れの場所ですよね。

対して野球は日本代表がというよりはプロリーグに入ることそのものが憧れの場所というような気がします。

日本のプロリーグへ行くのもそうですが、アメリカへ渡ってメジャーリーグへ進みたいというのも少年達の憧れの1つのような。

日本の野球は世界ランキングも上位ですし、強豪と言えます。

プロリーグからも公平に日本代表が選出されるようになってまだ何年も経っていませんので、その辺の憧れの認識がまた違うところはあるかと思います。

男女共に、惨めな試合を見せているバレー

これは男女共にです。

女子は世界ランキングこそ高いですが、ここ4年間の試合内容はお世辞にもいいとは言えません。

私は正直、今の女子は見ていても「つまんない」の境地です。

あんなスパイクが強打できないとか低くて打てないとか、何が楽しいんだ?という。

選手のインタビューでも「バレーを楽しむ」という言葉が出てくるので、もはや理解不能です。

OQTの日本vsタイ戦だって大分物議になりましたしね。

八百長疑惑なんてあってもおかしくはないですよ、あれでは。

「勝ちは勝ちなんで」という気持ちでいるのであれは結果として捉えていますけども、それでも女子を応援したいかと言われるともう「無理」という結論に。

女子はロンドンの時はよく見ていた私ですが、今はもう本気で興醒めしています。

「代表やってて恥ずかしくないの?」と選手含め、監督・コーチ陣・強化委員会全体へ投げ掛けたい言葉です。

男子はワールドカップで期待を持たせておいて、OQTでの惨敗で失望させている面が大きいですかね。

「なんで男子はあんなに良かったのに?」という声もよく見かけます。

それについてはOQT反省会を勝手に開催していろいろ書いたので、そこで皆さんの考える「答え」が見えてくれるといいなと思うところであります。

100点満点ではなくても、かなり上の点数は取れる内容だと自負しています(笑)

今の状況を見て、下のカテゴリーの選手が日本代表に入りたいと思えるのか?という疑問

男子においては、「あんなにケガして動けなくても試合に出なきゃいけないんだ」という悪いところを見せてしまっていると思います。

これは本当に真似しちゃいけないものです。

そういうスポーツ根性をいつまでも引きずっていては、世界と戦えるはずもありません。バレーは野球やサッカーと同じくチームスポーツなんですから。

メディアにも、「ケガを美談にするな」と言いたいです。

特に高校や大学カテゴリーの、もうすぐ代表に入ってもおかしくはない世代は特に、将来のことを考えてほしいのです。

過去、学生カテゴリーで20歳前後の大ケガを軽視して目の前の試合に出続けケガが癖になり、プレミアに入ってもプレーが不安定でレギュラー定着できなくて潰れていった選手など何人も見ています。

将来は日本代表に入って活躍するだろうなという選手ばかりでした。

男女共にいるんですが、もっと選手生命も伸びただろうにと今でも思います。

それなのに、日本代表があんなに不甲斐なくていいのか。

試合結果の話ではなく、結果も確かに残念ではありますが、それ以上にあんなに社畜っぽくて利害にまみれた世界に入りたいと今の若い選手達が思うのか?ということですよ。

試合に勝った負けたの勝負の世界、スポーツにはそれがあるだけでいいじゃありませんか。

プレーできない程のケガをしていても、人気があって自分が出ないと会場が成り立たないと思わされて、勝敗も依存していて、そこで無理してでも試合に出なきゃならないとかもう見ていられませんよ。

そりゃ誰がそんなのに憧れるのかって話ですよ。

サッカーが結果は強いとは言えなくても人気があるのは、日本代表が常に魅力的だからですよ。

スポーツにとって日本代表とは「常に憧れの場」であるべきだ!

人気スポーツと違って、競技人口の間口がどんどん狭まっているバレー界ですが、これを招いているのはやはり日本代表が憧れの場であるのかということに尽きると思うんですよ。

選手達もほとんどが何となく呼ばれたから代表に入っているんです。

勿論自覚を持って「自分は日本代表に入るんだ」というモチベーションでいた選手も過去にはいましたけどもね。

大概選手はそりゃ目の前の試合は勝ちたいですけど、それは今いるカテゴリーでのことであって、代表に呼ばれるのは二の次という選手が多すぎるんですよ。

6月の「Volleyball Channel」で山本隆弘氏の一言が印象に残っています。

「(東京五輪へ向けて)高校や大学からでも日本代表に選ばれるつもりでいてほしい」と。

これは思わず「それな!」という一言でした。いいメッセージでした。

まあ、その前に公平に選手選考がされるかどうかが重要ですけどもね。国内トップでもない1チームに片寄ることなく。

バレーの日本代表には下のカテゴリーから憧れられる存在に自分がなるという自覚を持ってほしい

せっかくゴールデン放送もあり、日本開催の試合も多いのがバレーの特徴です。

女子の2018年世界バレーは次回も日本開催が決まっています。

そこでも無様な試合をしていると、もう完全に見離されると思います。

男子は2017年のアジア予選で4枠に入らなければ世界バレーに出場することができません。前回は出場を逃していますしね。

ベンチも同様に、不適切な采配など見せている場合ではありません。

今後はそんなこともいっそう厳しい目で見られると思います。ベンチも日本代表として中途半端なことはしてはいけませんよ。

矢面に立つ選手を大事にしないなんて持っての他です。

誰がそんな日本代表に入りたいと思うのか。よく考えてほしいものです。

代表に選ばれた選手は「覚悟」も必要なのですが、自分が動けないなら出ないことを選ぶ勇気もほしいんです。

こうして今もなお、動けないところを無理矢理試合に出ているところをファンや下のカテゴリーに見せてしまっている。

ケガを追っても勝敗を背負うことは決して格好いいことなんかじゃない!

キャプテンとかにも言いたいですね。

感動なんか何もないです。ただ負けていくだけです。

代表に選ばれたことにより、「自分が下のカテゴリーも引っ張り、自分が皆の憧れの存在になる」ということを自覚してほしいです。

それが人気を維持することにも繋がりますし、競技人口を増やすことにも繋がると思うのです。

皆様にとって日本代表とはどういう存在ですか?

どんなスポーツでもいいので、今1度考えてみてはいかがでしょうか?











■DAZN見るなら、Amazon fire TV

■バレーボールの遠征費は、マイルを貯めやすいクレジットカードを持つのがオススメ

・ANA

・JAL

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-OQT2016, ハイキュー!!, ワールドカップ2015, 火の鳥ニッポン, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.