バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

ワールドリーグ2016 龍神ニッポン

WL2016 6/18 日本vsキューバ 勝敗と育成、どちらを取るか…バレーボールのミカタ

投稿日:

どうも。リオです。

今日も中途半端なところ、なかなか解消できずに終わってしまいました。

しかも起用的には勝ちに行って負けるという感じが拭えないようでした。これはどう捉えるべきか難しい試合となってしまいました。

「今いる選手でどう勝つか本当に考えないと…」米山選手のインタビュー記事の言葉が浮かびます。


米山選手が大活躍と言える試合だったが…

奮闘していたと言えますよね。柳田選手も半分くらい交替しながら出続けていました。

それにしても、4セット目を取られてしまった時点で、5セット目に柳田選手を戻す必要があったのか?ということが気になります。

柳田選手は相変わらず良くはなっていないので、そこで4セット目を是が非でも取りたければもっと早く戻すべきだったと思います。

しかし替わった星野選手が良くない弱いから4セット目を取られたというわけではなくて、もっと他の選手が出場していてもブレイクチャンスを物にするチームの戦い方ができていなかったということですよね。

最後に5セット目だけ柳田選手を出場させてもといった感じです。

それよりも決して状態の良くない清水選手をずっと出し続ける意味をもうちょっと考えた方がいいと思います。

バンチ・リードブロックの餌食

途中深津選手がどこへ上げても誰もスパイクを決められない状況があったかと思います。

相手キューバのバンチ・リードブロックの図中に完全にハマっていて、それを打開できなかったのです。

バンチ・リードブロックの効果は4セット目と5セット目に完全に効いていました。

5セット目に米山選手がブロックアウトを取ろうとしたスパイクのアウトになったのもそういったことです。

ブロックの駆け引きになかなか勝てなくなっていきました。

ここで打開できるような策がほしいところです。

なかったんでしょうけどもね。

采配の意図がよくわからない

深津選手が相当途中困っていたと思うんですよ。セットアップは乱れていました。

そこで交替という選択を取らなかったりするので、改善されずどんどん時間が過ぎていきます。

関田選手のスタートで行って、セッター交替後にピンチサーブのみというのもそういった起用だけでいいのかという。

途中たったワンポイントのピンチサーバーの時に、ピンチブロッカーまで入れるのもよくわからないなぁと思いました。

その際に後半に交替を2回分使いきるわけです。

セット後半とはいえ、25点にはまだなっていないわけです。

デュースになって30点くらいにまでなると、交替要員をそこで使わなければ、後半で苦しんで流れを変えられずにセットを取られることもあるわけです。

また、30点ゲームになった時に、入れるのがピンチブロッカーのみというのも厳しいです。

ほとんど博打ということですよね。

これが続いていても、百害あって一理なしです。

ワールドリーグは確かに全敗は避けたい

勝てるところは勝っておきたいところです。

何故かというと、現在日本はグループ2に所属していますが、全敗してグループ3に落ちてしまうと、来年のWLでレベルがやはり下がってしまうというのが苦しいですね。

キューバとはフルセットで負けましたから、勝ち点1は取ることができたのは良かったものの。

取りこぼしは避けたいですが、若手も起用しても良かったのではと思ってくるくらいに清水選手の具合も良くない様子です。

勝てる試合にはすんなり勝っておきたいというベンチの気持ちはわかります。勝てませんでしたけどね。

しかし、そこはケガ人を酷使してまでというのも気になりますし、他のメンバーでも勝てるような強化が必要だと感じます。

今やらないと、東京五輪で恥をかくことになります。

新しく入った選手達の攻撃参加意識が足りない

まず、全員で攻撃に参加するんだという意識で助走することを意識統一させることから始めてほしいです。

替わった選手も自分は代替え品のように感じてしまうかもしれませんが、自分をアピールするチャンスだと思って、力一杯助走してほしいです。

ラリー中も、すぐ決まったと思わず、何回でも下がって、何回でも助走するということが必要です。

今すぐできることはそこですかね。

技術はまだいいので、まずは攻撃参加です。石川選手や柳田選手もそこから始まりましたしね。

ブレイクチャンスを物にすること

https://twitter.com/stellakin/status/744100391806189569

サーブで効果を出す、意図をもってサーブを打つこともそうですが、サーブで崩した後のブレイクチャンスで、2枚ブロックを付けられないのが苦しいですね。

途中はプレッシャーになっていたようなブロックもあったかと思うんですが、試合の終盤には打たれ放題だったので、終盤に特に頑張ってほしいですね。

ディフェンスはOQTの頃よりはワールドカップに近いような形になっています。

リードブロックは今の方が多い印象ですかね。

サーブ権がある状態で、日本からサーブを打って、すぐブロックに跳ばなければならないのですが、そこでブロックを1枚にしているようでは…と思っていました。

そこからワンタッチを取って、ボールを何とかスパイカーへ持って行くということにしたいですね。

そこでスパイクを決めると、ブレイクできますから。

ある程度負けてもいいので、若手はある程度我慢もしてほしいし、フルセットで負けるなら、もっと若手と併用で良かったでしょうと。

次の試合ももっと考えて起用していってほしいです。

実況・解説がうるさすぎず、いいコンビだった

うるさすぎず…ということですが、静かっちゃあ静かでしたけども。

地上波ばかりを見ていた人はきっとビックリするはずです。

山本氏は戦術分析に定評がありますし、すぐに「バンチ・リードですね」など言っていきました。

実況の森アナもどうして地上波ではこういった知識を出してくれないのかなと思ってしまいました。

落ち着いていて、良かったですよ。もっとバレーの面白さを伝えていってほしいです。

-ワールドリーグ2016, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.