バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

ワールドリーグ2016 龍神ニッポン

WL2016 大阪大会 6/17 日本vsフィンランド 若手育成とは…バレーボールのミカタ

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

昨日は観戦お疲れさまでした。リオです。まさかの寝落ちしてしまい…朝早くの投稿です。

ともあれ、日本はストレートで勝ちました。

スタートとしては幸先いいような気もしますが、いろいろ書いていきます。

以下はいつものTLコレクションです。


若手育成とは…

スタート起用こそ高橋健太郎選手がオポジットとして登場しましたよね。セッターは関田選手。

そこは「おー」と思ったのですが、途中勝てそうな雰囲気になってくると、ライト側の2枚替えをして清水選手と深津選手を投入…。

若いの育てるんじゃなかったんかい!

と皆思ったはずです(笑)

もうOQTメンバーはお腹いっぱいです。そこでOQTメンバーで固めても意味がないです。

しかし柳田選手のサーブがかなり好調だったので、清水選手にしなくても勝てたかもしれませんよ。

あとこれは相手のフィンランドがこの状態だったから良かったものの、柳田選手のサーブがここまで走らなかったらと思うと怖いですしね。

3セット終盤、関田選手のサーブでひっくり返したところを考えると、関田選手が常にサーブを打ってくれればと思ってしまうところ。

OQT中もそうでしたが、関田選手のサーブは貴重なブレイクチャンスです。

かなり状態の悪そうな柳田選手に星野選手を交替する形も見られたし、もっと若手を起用していってほしいです。

それにしてもまあ、星野選手は守備型でもないのにバックローテのみの起用とか、相変わらず采配には疑問符です。

2セット終盤のように前衛でも起用して、パワフルなスパイクを見せてほしいです。

あと米山選手をバックローテで使った時と同じで、バックアタックがほしいです。

https://twitter.com/stellakin/status/743765146657427456

今後キューバ戦はちょっと苦しい展開が予想されますが、そういう勝てないような勝ちを捨てた試合に若手を起用するのではなくて、勝てそうな試合だからこそ若い選手をもっと積極的に使うべきです。

それが若手の成長に繋がります。

例えば、2セット取ってから、フルセットになってもいいから若手を起用でも良かったはずですよね。

何のための若手招集なのか、ちょっとよくわかりません。

フィンランドはどういうチームだったのか

https://twitter.com/stellakin/status/743749325298110466

https://twitter.com/stellakin/status/743751612204613632

https://twitter.com/stellakin/status/743754961717059588

戦い方は世界の当たり前と同じで、それを当然のようにやってくるので、その辺が好感でした。

日本はこういう戦い方をしていってほしいです。技術は二の次です。まずは戦い方から成長しないと。

とはいえ、フィンランドはブロックが全然良くなかったので、助かっていた部分もありましたけどね。

龍神ニッポンの様子

https://twitter.com/stellakin/status/743758630952935430

米山選手もそうですが、WS2人がブロックを利用するのがうまくてですね。

軽くポンと当ててコートの外に出したりと、技ありでしたよ。

また、出耒田選手が本当に成長しました。

クイックは高いのもそうですが、トスが低くなってもブロックに当てて出したりと、打ちこなしていました。

ブロック面ももはや要と言える存在ですね。

ぴょんぴょんは「Aパスが返ったら~」のパターンを今回もやっていて、リベロの指示でしょうから、どうもリベロが変わらないと止められそうもないですかね…。

お腹いっぱいOQTメンバーのはずなのに、課題がたくさん

まず、ほとんどジャンプできていない清水選手や柳田選手をずっと起用し続けるのはもう見ていて苦しいです。

それでも柳田選手のサーブなしに、この日のような展開はなかったでしょうけど。

もっと交替をうまく使ってほしいです。

https://twitter.com/stellakin/status/743765870606901248

https://twitter.com/stellakin/status/743770853507141633

これも交替の話になってくるのですが、深津選手がかなり荒れていると思ったらベンチが交替させるべきです。

落ち着いて修正すればいいんです。タイムアウト中も指示は出ていたんでしょうか。

ちょっと、ただでさえしんどい柳田選手や清水選手にニアネットのトスをどんどん上げていたので、やめてあげてと思ってしまいました。

相手には厳しく、味方には優しく!ですよ。

OQTの課題が拭えないのですが、今後どうなるのやらです。

次の試合もこの試合と同じスタートでいってほしいのですが。

-ワールドリーグ2016, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.