バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

OQT2016 龍神ニッポン

OQT2016男子大会総括⑤…疑問点を踏まえて、男子バレーの今後について考える

投稿日:

今日も燃料いただきました。リオです。

この記事を持ってOQT反省会は最終回にしたいと思っています。また燃料をいただけば書くかもしれませんけど。

しかし長い道のりですが、OQTを1つきっかけに今後バレー界がもっと発展するように、全日本が強くなるようにと願うばかりです。

さて、今回は「今後どうするのか?」というところですね。①~④までで問題点の洗い出しは十分できました。

現状理解をした上で、日本が強くなるために必要なこと:日本に必要な「慣れ」とは…

参考:未来のために 日本男子バレー界への提言

この記事で「海外の高さやパワーに慣れないから、プレミア1シーズン後慣れるところから始まってしまう」ということが書かれています。

本当にそうでしょうか?これも言い訳かなと思ってしまいます。

④戦い方で大分お話ししましたが、日本が強くなるために必要なのは「戦い方」を変えることです。

世界がどういう意図でプレーしているのか、多くを理解することです。

まず理解することから始めなければ、何も変わらないまま東京五輪で惨敗するのがオチだと思います。

確かに国内リーグと海外リーグは単純に見ると高さもパワーも違います。

ですが、元々はシステムの違いが大きく、日本が慣れなくてはならないのは海外がやってくる「戦い方」の部分だと思うんですよね。

https://twitter.com/stellakin/status/740037713571647489

https://twitter.com/stellakin/status/740038446119452672

今のNEXTの子達は、そもそも国内ですら高さもパワーも足りないですし、国内で日本トップクラスのビッグサーバーや助っ人のビッグサーバーも受けられるとは思いません。

また戦術的な攻撃参加を妨害されるようなサーブ、ジャンプフローターサーブなども受けられないと思います。国内リーグでもある程度あるんですよ。

日本代表だからこの若い選手は凄いのかと言われると、残念ながら今はそうではないんです。NEXTだけあって、将来的にそうなるだろうという選手だというのはわかりますけど。

これも指導のされ方によって今後が左右されます。

今フィジカル面や基礎技術面なども国内ですら通用しないのに、国内リーグの高さやパワーの問題になっているのがよくわからないなと思った記事です。

これが国内で「戦い方」のレベルが上がってくると、海外に行かなくても良くなると思うんですよね。戦い方のレベルが高いチームはもうありますし。

いかに日本国内での「戦い方」のレベルが低いかという根本的な問題が抜けているのではないかと感じます。

また、学生チームでそれをやりたいと思っても、学生こそポテンシャルばかりで生きている選手達で、社会人のプレミアとは高さやパワーがまた違うのになと思うところです。

天皇杯で1度勝ったくらいではどうにもならないと思うんですよね。ガチメンの豊田合成に勝ってから言ってほしいです。

東京まであと4年…今いる選手達で何とかしなくてはならないはずです。

現状理解をしっかり行ってほしいです。

現状理解をした上で、日本が強くなるために必要なこと:「慣れ」以外に必要なこと

https://twitter.com/stellakin/status/741822129524461568
簡単にメモのように書いたので、追記しますね。

・「試合中に修正能力が高い選手の選考」

修正能力が高いチームは強いと思うんです。それは選手達が修正できるよう、頭を使って戦えているかどうかの問題です。

相手が違うことをしてきたら対応できないようでは、一向に強くなんてなれません。

ベンチも例外ではありません。修正ポイントをいち早く発見して、選手達に伝えていくことが必要です。

・「高さやパワー以外の世界標準のディフェンスシステムをかいくぐるための慣れ」

バンチ・リードブロックのトータル・ディフェンス・システムとどう戦っていくのか?ということです。

サーブで崩されサイドに2枚綺麗に着いてきてそこからブロックアウトやリバウンドが取れればいいですが、ブロックを避けてアウトになったり打ったコースに位置取りの正確なディガーがいること。

そういったことに慣れなくてはなりませんよね。

ブロックアウトやリバウンドといった戦い方がチーム全体的にできたらいいのですが、常時それができるのは米山選手のみで、他の若い選手は被ブロックもまだあります。

・「日本に合ったリードブロックベースのディフェンスシステムの構築」

リードブロックベースの、ワールドカップ2015時のようなオプションのコミットブロックを入れたような戦術とはまた違い、複雑なディフェンスシステムを構築できるかどうかは大きな鍵を握りそうです。

そういった監督を選出できるかどうかがまず先ですかね。

「Aパスが返ったらコミット」がまず日本からなくなってほしいですね…。

・「世界標準な基礎技術の習得」

ブロックアウトやリバウンドも基本中の基本なのですが、二段トス…ハイセットのまずさも露呈していました。

④戦い方で動画を交えて書いた部分ですね。

この辺が当たり前のようにできなければ、世界と戦って勝つのは厳しいと思います。

追加。

・「控えの拡充」

例えば、チームで海外へ行ったとしても、気になるのがここの問題です。

そのある固定のチームだけでは戦えないでしょう。いろいろなチームから能力の高い選手を集めなくてはならないと思いますよ。

お気に入りの選手だけを連れていっても意味がないと感じます。

また、南部監督の体制で、控え選手がレギュラーに混じっても戦えるように準備できていたかどうかが本当に疑問でなりません。

控え選手が入ることで、上がるボールと上がらないボールが生じたり、ブロックの跳び方も統一されていませんでした。

これは練習方法からどこかおかしいのではないかと推測します。

北京五輪出場チームは、控えも充実していたんですよね。その辺はどうするのかというのが気になります。

また、チームで代表作りを海外で行えたとしても、ケガ人が出たらそのメンバーが入れなくなり試合にならなくなる「スタメン心中バレー」になる懸念は拭えないです。

それでいいのかどうか。

・「フィジカルの問題をどう解決するのか」

もう当初からの話で、「ケガをしないための体作り」からまず着手しないと、連戦でボロボロの選手達を見ると切なくなります。

そういう意味ではもう遅いのかもしれませんけどね。

世界に慣れるために連戦で強化できたのかもしれませんが、フィジカルの強化を軽んじてケガ人は出してしまったという反省点がほしいところです。

課題がたくさんありすぎますね。

とはいえ、選手個人の海外進出は多いにアリ!

私は海外へ行くなら武者修行しても全然いいと思います。今はネットのツールを活かして試合を見ることが可能ですしね。

ただ、基本的には「使いながら手取り足取り教えてもらう」ということをしてもらわなくてはなりません。

イタリア、ブラジル、ロシア…海外にはさまざまなリーグが存在しますが、どのチームもトップレベルはスター選手がレギュラーです。

海外のプロリーグは収益も必要なので日本のリーグ以上に「勝つ」ことが求められますし、中途半端なプレーは見せられません。

「使いながら」となると、越川優選手がイタリアのセリエA2という下位リーグからスタートして、起用され続けた例があります。

オリンピックに出られないような日本のまだ基本技術の足りない若手選手をいきなりスター軍団に入れるというのは厳しいことです。

せっかく出向いても、出場機会がなくベンチを温めるだけで終わってしまいます。

厳しい言い方になりますが、これが本当の現状なのです。

いや、単純にもっとわくわくしたいですよね。

選手達が自信を持ってプレーして勝利する喜びを味わいたい。気持ちはどんなファンであろうと一緒なんだと思います。

綿密なプランのある外国人監督の招聘にも期待したい

私個人的にはもう南部監督には何も期待できないですし、今後あっても地獄かなと思うので、早々に退任していただきたいですね。

外国人監督と言っても誰でもいいということではないのですがね。

しかし最低限ほしいのは「基礎技術の習得」を促せるかということと、「日本に合ったディフェンスシステムの構築」だけは早急にお願いしたいところなのです。

日本は選手が自主的にそれを習得するという感覚があって、そこがまた困ります。個人によって知識の差ができますからね。

チームとして1つのことに取り組んでほしいです。

バレーの面白さを伝えられないメディアも何とか東京までには…

解説が本当に酷かったというのがOQTでも感じました。

何を思ったのか山本氏をコートサイドに追いやるという…バカげた話です。

その場に合わせた雰囲気だけの人達をいつまでもそこに置いておく必要があるのかどうか。

山本氏の「セイエドを無視しろ」も全くできていなかったし、聞く耳も持たなかったんでしょうね。

これだけ成績も悪いのに、監督退任の話題などファンからもっと上がってこないところもメディアが監督のまずさを指摘しきれていない面があります。

最後に…

強くなるって大変なことだなと感じるかもしれません。

しかしこれまで何度も同じような課題は上がっていても、目先の勝利に囚われて長期改革を怠ったツケが若い選手達に来ているというだけのことです。

戦い方を変えるだけで全然変わると思うんです。

中国戦の後も書きましたけど、「戦い方に差が出ている」ということは本当に理解してほしいです。

中国は同時多発位置差攻撃を披露するなど、世界と戦えるベースができていますよ。それであの高さ…あとは対応能力のみです。

あと数年したら置いていかれるのではないかと感じます。

とりあえず来年の世界選手権のアジア予選で4枠以内には確実に入りたいです。

せっかくいい若手が出てきて明るいニュースもあるのに、その足を引っ張っているのは何なのか、皆さんも考えてみてはいかがでしょうか?

-OQT2016, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.