Vプレミアリーグ女子、開幕戦2日目の雑感

10/18分、2日目!続きです。今週は1試合ずつだったのですが、普段は毎週末土日で2試合あります。

試合結果は、
NECレッドロケッツ×0ー3○トヨタ車体クインシーズ
東レアローズ○3ー1×日立リヴァーレ

よって現在の順位は、()内は勝ち点です
1 トヨタ車体(3)
2 久光製薬(3)
3 東レ(3)
4 デンソー(2)
5 岡山(1)
6 日立(0)
7 上尾(0)
8 NEC(0)

説明が遅れましたが、Vリーグは勝ち点制です。3ー0か3ー1で勝てば3点、3ー2で勝てば2点、2ー3で負けても1点、それ以外は勝ち点なしになります。勝ち点が並べばセット率、得点率で順位が決まります。勝率よりも勝ち点で争われるので、例えば全勝していてもフルセット勝ちが多ければ勝ち点が低くなり、順位が落ちたりします。
ここからが各チームの今年の印象です。

トヨタ車体クインシーズ
現在首位。唯一セットを落とさなかったチームですね。相手のNECレッドロケッツ(通称・赤ロケ)が良くなかったとかそういう問題ではなくて、とにかくトヨタ車体が良かったんです。目立つのがウズベキスタン出身の助っ人198cm・ポリーナ選手なんですが、高さだけではなくパワーもあるしコースの打ち分けることもできるし凄かった…でもそこだけに尽きないんですよね。序盤はポリーナ選手にわりと速めのトスだったのですが、2セット目辺りから完全にハイセットのみになっていきました。速いトスのデメリットとして、2ndテンポの時にトスが自分に来るのがわかっていても助走が取れない場合には高さが出なくなってしまうというのがあるんです。ポリーナ選手が速いトスにギリギリで着いていって高さがでなくなる場面が中盤ありました。ブロックを振るよりも、しっかりと助走させ高さを活かしてブロックを見て打ち分ける。アタッカーを活かす。これが良かったと思います。そして他のアタッカーも全くサボっていませんでした。サーブで相手が嫌がるところを狙う。しつこくブロックでワンタッチを取って、トランジション・アタックでポリーナ選手がハイセットを決める。形ができていたと思います。完成度が高かったですね。台風の目はここかもしれません。打数でポリーナ選手に頼りすぎないところがあっても良かったですね。

NECレッドロケッツ
メンバーが去年と大きく変わることもなく…古賀紗理那選手がレギュラーになりましたね。でも序盤は良かったのですが、だんだんとサーブで崩されて攻撃陣を活かせなかったのかなと思います。低いクイック連発でトヨタ車体にブロックでワンタッチされたのが多く目につきました。クイックは高さで勝負したいところです。あとサーブでもう少し相手を崩したかったですね。ポリーナ選手がいい状態で打てないようにしたかったです。しかしあんなに綺麗に打ちやすいハイセットばかりだと苦しいでしょうけども。あまり打つ手がなく終わってしまった試合でしたが、いいところは、ブロックがしつこかったところです。相手のトスが低いとなったら、チャンスを逃がさなかったのは今後に繋がると思います。この試合は本当に良い意味でラリーが続かなくて、締まった試合をしてくれました。本来はそうあるべきだと思うので、これからは決定力を活かしてほしいなと思います。初戦でベンチもちぐはぐでしたが、手を打つのが少し遅かったと思います。セッター交替は早めに決断しなくては。

東レアローズ
去年苦しんだチームですね。去年後半に出来上がった体制を少し作り込んでそのままリーグに突入したという印象でした。木村沙織選手と迫田さおり選手がレフト、高田ありさ選手がライトで安定してきましたね。ある程度決まった型ができたので、そのままやっていれば強さが戻ってくる…といいな。わりと日立がまだ型がハマってなかった印象だったので勝てましたけど、これがもっと上位になるとどうなんでしょうねぇ。とは言え、セッターの田代佳奈美選手が終始安定していたのは良かったです。大きく崩れることもなく、後半にはブロード攻撃などもアタッカーが強打できていたので。序盤はアタッカーがフェイント多めだったので不安でしたが、修正してくれました。元々アタッカーが高火力なチームですし、アタッカーが活きてくれるといいなと思います。サーブも効果的でした。

日立リヴァーレ
別に印象は悪くはなかったんですけど…サーブで崩しきれなかったのかなと。ブロックももうちょっとしつこく行きたかったですし、パオリーニ選手がもっと目立っても良かったですね。良いところは、真ん中のバックアタックの本数です。かなり使っていたと思います。MBの本数がもう少し多ければ、もっと理想的なんでしょうね。若い選手もいい動きをしていましたし、立体的なバレーはこれから楽しみです。ブラジルでなくても世界の男子のようなバレー、目指すところはいいと思います。超高速を吟っているけど、アタッカーの高さは死んでおらず、アタッカーにも選択肢があった。とりあえず2ndテンポ一辺倒なので相手がブロックで追い付いてきますし、ここに1stテンポが入ってきたら面白そうです。フェイントばかりのバレーなんてつまらないので。ところで、ライト側からはバックアタックはしないんでしょうかね…内瀬戸真実選手。内瀬戸選手が後衛に下がったら攻撃枚数が減ってしまうので、決まらなくてもバックアタックは見せると違うと思うんですが。

代表よりもリーグの方が…
蓋を開けてみれば面白そうですね。スパイクも強打だし、高さとパワーで勝負しているところが代表よりもよっぽど面白い試合をしていますね!既に完成度が高いチームもあれば、まだまだ詰めていくところもありそうなチームが多いですが。

優勝の行方
読めない(笑)まだ穴もあるチームが多いですし、ある程度穴を突かれてきた時にどう対処するかが勝敗の鍵になるので、現時点での完成度は優勝決定にはまだ遠いですね。もう初戦で既にけが人が出ているのがチラホラ見受けられるので、そこは気になりますが。1レグ…1度総当たりしてみてまた印象が変わりそうです。1stインプレッションとしてはこんな感じです。久光強しみたいなリーグよりも今年は盛り上がりそうですね。