バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。

Vリーグ15/16シーズン バレーボール

Vプレミアリーグ女子、開幕戦1日目の雑感

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


女子が始まりました。開幕戦は「まずはお互い相手の手の内を探りながら、それでも負けたくはない、必ず勝って勢いに乗りたい」とどのチームも思っていることでしょう。だからか試合は長引くケースが多いです。

試合結果は、
久光製薬スプリングス○3ー1×上尾メディックス
岡山シーガルズ×2ー3○デンソーエアリービーズ
以下は試合を見た今年のチームの印象です。

久光製薬スプリングス
去年と変わらないメンツで、相変わらず日本代表選手を多く在籍させているチーム。序盤固かったのか、攻撃が決まらずサーブも走っていた上尾に1セット目を先取されました。中田久美監督は一旦セッターの古藤千鶴選手をベンチに下げて、トスを改善するよう指示したと。石井優希選手がスパイクでハードヒットできず、ほとんどフェイントでそれを拾われてアタックで切り返されてラリーを物にできない苦しい展開でした。ですが修正が行われ、石井選手も打てるようになり、サーブも走って上尾の攻撃を封じ、試合に勝ちました。楽勝ではなく、機能するまでは全体的に苦しんでいたかなといった印象でした。序盤からいい状態で行けるかどうか、悪くても今日みたいに修正できるかどうかが鍵になりそうですね、今年の久光。1つ言いたいのは、一応外国人助っ人はいますが一切使わず、相変わらず贅沢な飼い殺しをなさっていて、しかも途中出場した野本選手が序盤から調子が良さそうで、もう助っ人いらなくない?とは思いました(笑)

上尾メディックス
補強も万全のようですし、2年目に突入したアメリカ代表のマーフィー選手も調子が良さそうで。荒木恵里香選手も健在ですし、途中までは良かったのですが、相手がサーブで崩してきた時にアタッカーへのセットの質を高められればもっとラリーを物にできたような…その辺の修正をどうしていくのかは気になりました。前半は久光が打ち損じていて、後半は逆に上尾がフェイントばかりな展開に。そしてマーフィー選手頼みな展開になると一気に苦しくなるので、もうちょっと楽に戦えればなと。修正するためにメンバー交替するのですが、今一つ振るわなかったのは痛かったですね。勝てる雰囲気だったので。リーグは長いですし、どう修正していくのか気になります。

デンソーエアリービーズ
去年とは見違えました。まず移籍1年を越えた石田瑞穂選手が無事復帰して、チームに余裕ができたのか。石田選手が要所で決めてくれます。石田選手はサーブも良いので、岡山を苦しめてましたね。そしてワールドカップにも出場した鍋谷友理枝選手や大竹里歩選手も成長が著しく、すっかりチームの顔になってました。サーブも良いですしね。1つ1つのプレーに意図があって、ラリーを物にする展開ができていたので、これをどのチーム相手でもできれば、去年にような結果にはならないでしょう。去年苦しんでいたのですが、今年は一味違いそうです。面白そう。他のチームと当たるのが楽しみですね。リーグは一巡してみるとまた印象が違っていたりするので、面白いです。

岡山シーガルズ
あまり変化がない中で、新人の金田修佳選手をスタメンに抜擢していて、彼女のパワフルなスパイクに目見張りました。しかし、活かすも殺すもセットアップ次第…。その前に終盤レセプションで大分崩されていたので、メンバー交替でどうにかしようとしていたように見受けられるのですが、戻したり下げたりを繰り返していてベンチが迷走していたように思えました。レセプションが上がらないのに、セッターを替えても…替えるのはWSじゃなくて?という。上尾はセットアップの問題(スパイカーが打てていなかった)があったのでセッターを交替していた理由が見ていて明確でした。とりあえずアタッカーが活きなければ岡山も勝機が薄くなるので、そこは今後どう詰めるかですね。

女子はラリーが続くっちゃあ続くけど…
フェイントばかりなラリーって楽しいですか?
ハードヒットなスパイクが落ちないのは凄いですが、なかなかスパイクが決まらないとストレスです(笑)女子の場合はスパイクサーブで一気に決まることはありませんし、最終的にラリーを物にできるかどうかがブレイクの鍵になります。強いチームほど、ラリー中のトランジション・アタックでも強打に持っていきますし、ハイセット(二段トス)を処理できるエーススパイカーを多く揃えています。勝てない場面というのは、ラリー中にパスを速くして低い速いトスからスパイカーが不利な状態で打たなければならなくなり、苦し紛れのフェイントを相手に拾われてトランジション・アタックでやり返されるといったラリーを物にできない場面です。女子はサーブの主流がジャンプフローターサーブですし、弾かれなくて大体は上に上がります。強いチームほど、悪い状態から攻撃にしていって強打にしてくるので、打つ手がなくなってしまうんです。元々ハイセットの処理が上手い選手が女子には多いので、余裕を持った1本目とセットアップが重要です。その前に男子のようにサービスエースを取れれば、セットアップを低く速くから脱却できれば…そうすればもっとレベルが上がるし強くなれるんですけども。

10/18分を見て、全チームのお話をまたしたいです。続きます。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-Vリーグ15/16シーズン, バレーボール

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.