バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

OQT2016 ワールドカップ2015 龍神ニッポン

OQT直前企画!ワールドカップ2015男子大会を振り返って。VSベネズエラ【勝ったはいいけど】

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

こんばんは。このブログ更新ペースもすっかり慣れてきました。もはや習慣になりつつあります。

龍神ニッポンはアメリカ遠征で、渡米したみたいですね。もう15名が発表になっていました。

いろいろと思うことはあるのですが、とりあえず実戦を見てみなければもはやどうなるのかわかりません。蓋を開けたらいいバレーをしていてOQTでリオ五輪の出場権が取れたら、それはそれで少しは良かったと思えるはずですから。

さて、対ベネズエラですが、こちらも今回OQTで対戦するチームとなりました。南米予選で開催国のブラジル、南米大陸予選を勝ち上がったアルゼンチンがもう出場権を獲得しましたので、この最終予選に回ってきたわけです。

こちらもほぼ若手で挑んでいたと思いましたが、カナダやオーストラリアは相手が自滅してくれたのもありましたが、ベネズエラはワールドカップでいいバレーをしていて普通に勝てた試合だったと思います。

TLの中身が異常に少ないんです。これは諸事情により、家を離れていたので実況する時間があまりなかったのが原因ですが、そこまで大きくツッコミを入れることもしなくて良かったという試合だったんです。

ようやく安定してきたと言えると思います。

OQTでは、ベネズエラは初戦で戦います。普通に戦えば、いいコンセプトでバレーができていれば勝てる相手なのですが、初戦の緊張に飲まれないように注意が必要だと思います。1セットでも1点でも少なく、大差で勝ってほしいところです。

【注意事項】

※私のTLはその瞬間のプレー、一瞬のことについて反応しているので、言葉がちょっとキツかったり酷かったりします。でも悪気はないです。良くないプレーは怒るし、良かったら称賛しているだけです。
※あまりに暴言じゃないかと思ってしまうなら、読まない方が良いかもしれないです。特に特定の選手のファンだという方はご注意ください。
※選手のプレーの良い悪いは、人間なので良い時も悪い時もあります。全て受け止めます!という方はどうぞ。
※例えるなら、私の試合実況中のTLは「テレビでプロ野球を見ている野球好きな年配男性」とあまり変わらないと思います(笑)

戦評らしきものはこちら

柳田選手が腰痛があるというのでピンチサーバーのみの出場でした。とりあえず石川選手にトスが集まっていて、石川選手がよく決めていたということですね。それでも勝てたからいいけど、他の選手ももっと使おうってことで。

そして!

これまで結構ボロクソに言っていたくらいの深津選手のセットアップが良くなっていたと褒めています。だって本当にそうだったんですから。

しかしやはり「守備固め」に不安を感じたようです。

そうなんです。元々浅野選手は攻撃型の選手ですし、高いブロック相手にスパイクを決めるシーンを何度も見ているので、前衛でもそうですが後衛に下がってもバックアタックを使ってほしいというところです。

米山選手も本来レセプションして転んでからも走っていくタイプですし。選手を活かしてほしいんですよね。

早速ハイキュー!!の台詞を引用しました。深津選手がもっと良くなっていくようにと思いまして。

最後は柳田選手の腰痛の具合を心配して終わりました。

バレー選手は肩・腰・膝・指・足首は怪我しやすいので注意してほしいです。無理しませんように。

-OQT2016, ワールドカップ2015, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.