バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。




OQT2016 ハイキュー!! ワールドカップ2015 龍神ニッポン

OQT直前企画!ワールドカップ2015男子大会当時のTLを振り返って。9.9 VSアメリカ【世界トップの動きに慣れろ】

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


こんばんは。本日2回目の投稿、黒鷲が見れなくてやさぐれているリオです。

今回は2日目のアメリカ戦のTLまとめです。これは1ー3で負けてしまった試合ですね。しかしこれはベンチも想定内だったはずです。今の実力でどれくらい世界のトップと戦えるのか、見極めたかったはずですから。

実際にアメリカは世界トップクラスのチームです。世界ランキングは常に上位国ですかね。

さて、いつものいってみましょう。

【注意事項】

※私のTLはその瞬間のプレー、一瞬のことについて反応しているので、言葉がちょっとキツかったり酷かったりします。でも悪気はないです。良くないプレーは怒るし、良かったら称賛しているだけです。
※あまりに暴言じゃないかと思ってしまうなら、読まない方が良いかもしれないです。特に特定の選手のファンだという方はご注意ください。
※選手のプレーの良い悪いは、人間なので良い時も悪い時もあります。全て受け止めます!という方はどうぞ。
※例えるなら、私の試合実況中のTLは「テレビでプロ野球を見ている野球好きな年配男性」とあまり変わらないと思います(笑)

誤字も結構あるので、恥ずかしくなってきますね…。

この試合の重要なことは結構敗因分析してまとめていた!

ここ5つくらいが超重要ポイントでしたね。

3セット目くらいからWSの2人の打点がどんどん下がっていったんです。

それを見て、他にもスパイクを打つ人の選択肢がほしいなと思ったり、それ以前にやはり世界とやり合うのに、石川選手や柳田選手にはまだしんどかったかなという印象でした。

あとアメリカがブロックアウトに対するディフェンスの対策をしてきたところで、WS2人が困り出すんですよね。

世界の強豪だとブロックアウトくらい当たり前。それを掻い潜る為にスパイカーの引き出しがもっと必要

ハイキュー!!ですと、14巻にブロックアウトに対抗するためのディフェンスの仕方が描いてあります。

ブロックアウトをよく取って来る和久谷南戦。澤村も怪我してしまい、そこで替わりに入った縁下の提案したディフェンスの仕方とは?

 

アメリカには同じことをやられました。

空中戦でもっと引き出しが必要だと感じた試合でしたね。そして引き出しが増やせるようなセットアップも。

スパイカーの持ち味を活かすってそういうことですよね。











■DAZN見るなら、Amazon fire TV

■バレーボールの遠征費は、マイルを貯めやすいクレジットカードを持つのがオススメ

・ANA

・JAL

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-OQT2016, ハイキュー!!, ワールドカップ2015, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.