バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

OQT2016 ワールドカップ2015 龍神ニッポン

OQT直前企画!ワールドカップ2015男子大会当時のTLを振り返って。9.8 VSエジプト【VS大王様】

投稿日:

おはようございます。リオです。

GW真っ最中で時間もたっぷりということで、GWはこの振り返る企画を開始したいと思います。このGW中にワールドカップ男子大会を振り返っておいて、勝ちに必要なのは何なのか考えていきたいと思いました。

私のTwitterの履歴を見ていても、ヲタ事と混じっていて選別するの面倒くさいですよね。私自身も面倒でした(笑)ですので、自分の試合の実況部分だけをコレクションに入れておいて、そこからヒントを見つけていきたいかなと。

このブログはワールドカップ後に始めたので、当時の試合はお伝えできていませんしね。

【注意事項】

※私のTLはその瞬間のプレー、一瞬のことについて反応しているので、言葉がちょっとキツかったり酷かったりします。でも悪気はないです。良くないプレーは怒るし、良かったら称賛しているだけです。
※あまりに暴言じゃないかと思ってしまうなら、読まない方が良いかもしれないです。特に特定の選手のファンだという方はご注意ください。
※選手のプレーの良い悪いは、人間なので良い時も悪い時もあります。全て受け止めます!という方はどうぞ。
※例えるなら、私の試合実況中のTLは「テレビでプロ野球を見ている野球好きな年配男性」とあまり変わらないと思います(笑)

上位何個かしか見られていませんが、続きは「Twitterで表示」をクリックすると見られます。2回見ているので、結構長いです。

↑試合開始最中の一言(笑)

今じゃ考えられないですよね。

エジプト戦は「VS大王様」!!

エジプトのセッター2番のアブダラ選手が、「サーブがえげつない、そして攻撃力もナンバーワン!」という選手なんですよね。どこかにそんな選手いましたよね…

ハイキュー!!の青葉城西高校・及川徹!

しかしアブダラ選手はどちらかと言えば王様セッターというか、及川のようにスパイカーの持ち味を引き出すというタイプではなかったので、セッターとしては違いますが、選手個人の特徴はとてもよく似ています。

そのアブダラ選手のサーブが来る度に私のTLも戦々恐々としているのがわかりますね。

あと日本チームの強いサーブが来るのを心待ちにしている部分もあります。そしてサーブが入ったら興奮したりしています。

試合が長引いてしまった原因はサーブ力とディフェンスシステムにある

初戦の緊張はあったかと思いますが、本来ならばもうちょっと楽に勝てる相手だったなと思います。

勿論エジプトのサーブが走ってくれば日本が手も足も出ずにすぐ負けてしまう可能性はあったのですが、エジプトのプレーにも波がありましたしね。

試合が長引いてしまったのは、コンスタントに良いサーブが入ってこなかった点とそれが持続しなかくて単発だったところです。ビッグサーブと呼べる程崩せているのが石川選手や柳田選手と鈴木選手くらいですよね。TLを見ていると。

そしてディフェンスシステム。

「ぴょんぴょんしてる」と私がよく言っていますが、それはMBがハイキュー!!で言うと「ゲス・ブロッカー(モンスター)」で、推測でクイックが来るだろうとブロックを飛んでしまっていて相手に翻弄されている様子のことです。

ブロックがクイックに釣られてしまっているのが問題だったかと。

しかし何故かこの試合の5セット目でガラリと変わるんですよね。MBがリードブロックに切り替えるんです。

すると、高い打点の相手にもブロックで触ってワンタッチを取り、それをディグしてスパイクで切り返すという理想的なバレーを展開できるようになるんです。

これはずっと謎のままです。どうして途中で切り替わったんでしょうか。最初からやっていたら…?と思うと、「ぴょんぴょん」はとても勿体なかったです。

セットをずっと気にしている…

良くなってくる時もあったのですが、リードされると何故か不安定になっていく深津選手のセットアップをかなり気にしていました。

まあ、スパイクが決まらなければ勝ちは見えてきませんし、仕方のないことです。

もっとスパイカーに思いやりのあるトスを上げてほしいなと思います。それでもプレミアの時の方がもっと酷くて、ワールドカップの頃の方が良かったんですよ。

これは本当に困ります。

OQTではサーブ、ディフェンス、セットアップがとても重要になってきます。同じ轍を踏まないようなプレーを期待しています。

-OQT2016, ワールドカップ2015, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.