バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。




ハイキュー!! 龍神ニッポン

OQT男子大会メンバー登録20名とバレー界

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


書こうか書かないか迷ってしまって、気がついたら数週間経っていましたが、お付き合いください。あと率直に感想を書きたいと考えていますので、ご了承ください。

男子はNTCで合宿中ですが、このメンバーで行くようです。公式サイト

この中から14名まで絞って行くわけですね。

相変わらずビッグサーバー少ない…

例えワールドカップと同じメンバーでスタートに入れたとしても、弱すぎないですかね…という印象です。柳田選手も国内でビッグサーバーとしてさほど結果は残せていませんでしたし、日本人の中でももっと上がいるわけです。

しかも石川選手は膝の故障で取材の時は軽めのメニューなんだとか。そのケガってワールドカップ中だったらしいので、それならどうして無理して大学リーグに出たり天皇杯にも出場したりしたのか!と憤慨でした。

そんな状況なら、ワールドカップ後ここまでお休みで良かったじゃないですか。まだ無理するときではないでしょうに。

話題にはなりましたけどもね。確かに大学リーグも大盛況でしたしね。まだこんな若い子に無理させなきゃいけない状況なのかというのがおばさんは悲しくなります。

勿論国内には石川選手以上の選手達がまだ現役でやっているというのを踏まえて、彼らにももっと活躍してほしいものなんですけど。すっぱり切られてしまって全てNEXT4で埋めようとしている協会やスポンサーに不信感が募っていきます。

選手は何も悪くはないのにね。

ポジション争いの行方

MBは元のメンバー+国内リーグトップの豊田合成から傳田選手が加わり、競争らしくていいと思うんですけどもね。

しかしセッターはどうなんだ。深津選手もまだ経験が足りないしたまにMB忘れるし不安定だし困るのに、さらに若い関田選手を残すなど。

リベロはワールドカップメンバー通りになりそうな予感です。

WSはどうなるのでしょうかね。困った時は福澤選手に任せればいいのでしょうか。ちょっと前の彼を知っているだけに、ええ…大丈夫かなという気持ちになってしまいます。

勿論いい意味で裏切ってくれたら嬉しいですけど。

あとOPは「清水選手がケガしませんように」っていうこの選考はどうなんだと思いますね。他にもっといましたよね!?という気持ちです。特に毎日試合に出場できるかどうか体調面を考慮しなければならない子に14名の1枠を取られたのでは困りますね…。

監督はどうしてもパナのチームでやりたいらしい

こう思わざるを得ません。元監督だったしね。足りない部分を他のチームから補っているだけというイメージがどうしても付きます。そんなにパナソニックパンサーズが素晴らしいのかというと、正直そんな素晴らしいバレーはしていません。

これでも私は解説の山本隆弘氏が現役だった頃のパナは好きでしたけども。

なぜこのような選考になってしまったのか、不思議で仕方がありません。清水選手や福澤選手は北京五輪に代表メンバーでしたが、試合に出場していた訳ではありませんでしたしね。勝ち方がわかっていないんです。なのに、勝ち方をわかっている選手達を呼ばずに大丈夫なのかと思います。

あと「やりたいらしい」というのは、勝つ気があるのかどうか微妙という意味でこういう表現をしました。勝ちたいのかどうかはちょっと私には理解できません。

最近はOQTのテレビ放送へ向けて番宣が始まりましたね。

【チームの雰囲気】とか【男の約束】とか、また訳のわからない単語で選考理由を誤魔化しているような気もします。

ですが、バレーは本来スポーツですし、勝負事ですので勝たなければ意味がないと思うんですよね。

勝たなければ本当に意味がない

私はNEXT4は出て来てくれて良かったと本当に思うんです。おかげで人気も大分戻ってきましたからね。男子はVプレミアや大学リーグもたくさん集客できましたし、今後に繋がりますよね。

NEXT4だけではなく、今後出てくる彼らがバレー界を賑わせてくれたり引っ張ってくれたりと広がっていってくれるのかと思うとそれに対しては希望が持てます。

ですが、情とOQTでオリンピック出場権を獲得できるかどうかの勝負はまた別の話です。

これで出場権が獲れなかった場合、一旦バレー人気はまたどんどん下降します。これは断言します。今までそういったのを何度も見てきましたから。

期待と勝負は別です。

石川選手のような貴重な選手も簡単にポイ捨てされます。そんなことがあっていいものかと思いますよね?

どうせそのような選手はどんどん出てくるし量産できるからいいと胡座をかいていられる程バレー人口は多くないはずです。年々減っているはずです。

いい選手がどんどん出て来て、選手寿命に関わらずいろんな世代を起用して強さを維持するというのはバレーボールがいつどんな時でも魅力的なスポーツであることが不可欠だと感じます。

勿論バレーそのものには魅力がたくさんあるのですが、いつの時代も「日本代表が活躍している」というのが子供達にも響くと思います。そのためにも勝たないと意味がないんです。このOQTだけは本当に。

こういった日本代表の選手選考が特定のチーム主体で露骨なのも良くないと感じています。昔からなのですが、それでも「じゃあこのチームに入らないと日本代表になれないのか」と若い子達に思わせるのも良くないかなと。夢がないですよね。

夢もないし勝てないでは本当に踏んだり蹴ったりです。日本代表の役割というのは重要です。しかし以前もそんなことは多々あったわけですが。

今はハイキュー!!もありますし、日本代表(選手だけではなく監督やコーチも)ですら戦術などもよく話せないのでは困りますしね。わからないでは済まされません。視聴者の目は誤魔化せません。

野球やサッカーのメジャースポーツはプロ選手達で海外まで行っている選手を召集して戦いますよね。バレーにもそういった流れがほしいものです。

企業スポーツの枠に捕らわれず、Vリーグはプロ化してもいいのではないかと思ったりもします。

ともあれOQTの日程

【女子】
5月14日(土) 日本×ペルー フジテレビ
5月15日(日) 日本×カザフスタン TBSテレビ
5月17日(火) 日本×韓国 フジテレビ
5月18日(水) 日本×タイ TBSテレビ
5月20日(金) 日本×ドミニカ共和国 フジテレビ
5月21日(土) 日本×イタリア TBSテレビ
5月22日(日) 日本×オランダ フジテレビ

【男子】
5月28日(土) 日本×ベネズエラ TBSテレビ
5月29日(日) 日本×中国 フジテレビ
5月31日(火) 日本×ポーランド TBSテレビ
6月1日(水) 日本×イラン フジテレビ
6月2日(木) 日本×オーストラリア TBSテレビ
6月4日(土) 日本×カナダ フジテレビ
6月5日(日) 日本×フランス TBSテレビ

ほとんど毎回なのですが、OQTはフジテレビとTBSの協賛で放送が行われます。この通り、交互に放送があるわけですね。

私はスカパーで見たりします。CMないですし、タレントとか出て来ないので、そっちの方が好きかなと…放送があるといいですが。

あと今回は観戦にも行く予定でいます。とても楽しみです。

また、日本戦は夜なのですが、ポーランドやフランスなどの海外の強いチームも来ますし、ハイキュー!!ファンの方でしたらそちらの方も是非見ていただきたいです。真っ昼間から会場へ行けば海外同士の試合が見られるはずです。

同時多発位置差攻撃やトータルディフェンスなど生で見られますので是非。近々来日するチームの特徴をプレミアリーグ前にもやったようにまたご紹介したいと考えています。

大会まで日にちがありますが、盛り上がってくれると嬉しいなと思います。











■DAZN見るなら、Amazon fire TV

■バレーボールの遠征費は、マイルを貯めやすいクレジットカードを持つのがオススメ

・ANA

・JAL

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-ハイキュー!!, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.