Vプレミアリーグ男子【ファイナル6】 2/27・28

ファイナル6最後の週となりました。

試合結果
2/27
パナソニック3ー0JT
堺0ー3ジェイテクト
豊田合成2ー3東レ

2/28
JT3ー1堺
パナソニック2ー3ジェイテクト

順位(勝ち点)
1 豊田合成(17)★★
2 東レ(17)★
3 パナソニック(11)★
4 ジェイテクト(7)
5 JT(6)
6 堺(2)

上位3チームに優勝の可能性。豊田合成は再来週のファイナル進出、東レ・パナソニックは来週ファイナル3へ

ファイナル6最終順位の確定です。早かったですね。
豊田合成は1位通過し、1週間空けて決勝の試合に挑むことになりました。この結果がどう出るのかはなかなか難しいところですが、休めると捉えることもできますね。一方ファイナル3の勝者は休むことなく来週・再来週と試合が続くことになります。連勝で勢いに乗ることもあります。昨シーズンは女子のファイナル3を勝ち進んだNECがファイナルで待っていた久光を破って優勝するということもありましたし。最後までわかりません。

結果についてどうこうよりも、試合内容は見ていてつまんなすぎたよ正直

合成は何かチンタラしていて「2セット取れれば1位通過できるしいいや」という風に見えたんですよね。東レは2セット取るまでは凄く勢いが良くて、このまま1位通過してしまうんじゃないかという程に合成を追い込んでいたのに、4セット目に失速してしまうという。
パナソニックはギアを上げて本領を発揮し始めたダンチ選手に皆おんぶしていって、ダンチ選手だけで勝ってしまうという全日本選手を多く抱えているとは思えない内容、ジェイテクトは27日は良かったものの、28日はダンチ選手を封じることができずそのまま万事休す。
ようやくサーブが走ってきたのに27日サーブで攻めきれずパナに負けてしまうJT、最後までベンチワークや選手層の薄さに悩まされた堺…この最終週に関しては「これでいいのか!日本バレー!」と言いたいですね。

先週が面白かっただけに、期待ハズレでした。来週は面白いことを願います。

ジェイテクト、JT、堺は今シーズン日程終了。お疲れさまでした

勝手に総括します(笑)

今シーズン少し楽しませてくれたジェイテクト

本当に最終戦で課題のライト側からの攻撃を見事に封じられるという失態を犯し、しかもメンバー交替でそれを払拭できなかったのが見ていて辛かったです。サーブが走れば面白い試合が見られました。本当に侮れない存在になりましたね。このままプレミアに定着して楽しませてくれると嬉しいです。
ライトは本当に途中息をしているのかと思う程に誰も攻撃に参加しなくなるのが残念ですが、それでも日本人OPを起用して育成していってほしいものです。OP外国人助っ人というのはもう飽きていますしね。
今後サーブ戦術などもっと詰めてほしいところですし。折角ビッグサーバーが揃っているのに、サーブが戦術として機能することがまだ完璧ではないですしね。

今後はポテンシャルの高い選手・組織的な守備連携がうまく回るかどうかが課題・JT

苦しみましたね。怪我人の穴を埋めるチーム力には頭が下がるところですが、守備連携は課題が大きいですね。
特にブロックとフロアの関係がいい時はうまく回るのですが、ブロックが機能しないとフロアのディグ力に頼ってしまいがちで、いつもは上がるボールがなかなか上がらなくて苦しんでいる印象でした。レセプションにおいても、WSの負担が大きすぎるのかもしれません。越川選手を封じられると、他に八子選手が調子が良ければ勝てる力はあるのですが、調子が悪いときにどう戦うのか考えていかなくてはならないと思います。昨シーズンは小澤選手がいましたけれどもね。
来季は大型セッターの高卒ルーキー・金子選手の入団で本格的に起用しながら戦うのかどうか、その辺も気になります。

課題ははっきりしてきた堺

もう監督が思い描いているバレーはかなりできていると見ているのですが、いかがでしょうか。それでも調子の良い悪いは相変わらず波が激しいチームです。
それを打開するには、選手層の厚さが必要になってくると感じます。ビッグサーブな石島選手が故障した時に他の選手で立て直しができないので、ブレイク力がかなり落ちてしまい苦しいですしね。セッターに関しても同様で、佐川選手が凄く成長しているので1stセッターは佐川選手でいいと思うのですが、劣勢時に立て直しがきかない部分がここです。ビッグサーバーに関しては他にブレイクを取れるようなビッグサーバーが現れてくれるといいのですが、セッターに関しては2人だけでは苦しそうです。
ベンチワークもまだ完璧に機能しているようではないようです。去年よりは監督が選手の特色を理解し交替をうまくしていたと思いますが、やはりベテラン監督などとは少し差を感じますね。

それぞれ課題を克服して、来季また頑張ってください!楽しみにしています。

ファイナル3の見所・ギアを上げたダンチ選手に東レがどう戦っていくのか

パナのチームとしてではなく、ダンチ選手を持ち上げて東レと…と書かなければならないのは不本意なのですが、実際パナがそうなんだから仕方がありませんよね。しかし、東レのサーブはとても良いですから、そこで大分崩すとディフェンスも守りやすいですし有利になりますね。どうなるのか気になります。ダンチ選手がブロックに飛ぶレフト側と対する東レのニコラ選手がジェイテクトのように封じられると厳しくなると予想されます。戦っていなければわかりませんが、楽しみです。

最後に1つ。
最後の勝利チームで選手が必ずインタビューに答えますけども、このファイナル6で最後の試合になったJTの越川選手がとても素敵な受け答えをしてくれていたのが印象的でした。
最後ファンに一言…という場面で、越川選手は負けた堺のチームや応援団のことも讃えてくれたんです。負けたチームには選手がファンに対して「1シーズン応援ありがとう」と言うことができませんが、それを察して越川選手が配慮してくれたのだと思います。越川選手は以前海外でプレーした選手ですし、元々そういったファンサービスや配慮が上手な選手なのは間違いないのですが、これは若手選手が是非取り入れていってほしいですね。VOMが越川選手で良かったと思いました。