バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

JTサンダーズ Vリーグ15/16シーズン ジェイテクトSINGS パナソニックパンサーズ 堺ブレイザーズ 東レアローズ 豊田合成トレフェルサ

Vプレミアリーグ男子【ファイナル6】ビッグサーブ炸裂 2/14

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

試合結果
東レ3ー1ジェイテクト
豊田合成3ー2JT

順位(勝ち点)
1 豊田合成(10)
2 東レ(10)
3 パナソニック(5)
4 ジェイテクト(3)
5 堺(1)
6 JT(1)
1位2位は同じ勝ち点ですが、得点率で豊田合成が上回っています。

サーブ強者同士の戦い

どちらのカードもサーブが良かったので、見ているのはとても楽しかったです。サーブが決まれば1点取れるようなビッグサーブの持ち主が多いのが特徴です。ですので、勝負を分けたのはいかに最後までサーブで攻め続けられるかが見所になってきました。

東レvsジェイテクトは、東レが勝りましたが、途中ジェイテクトがセットを取れたのはサーブのおかげです。
MBの辰巳選手のジャンプサーブが何本も決まったんですね。2セット目は中盤に辰巳選手のサーブで何本かやられた後に、20点以降で辰巳選手のサーブが回ってきた時に東レのベンチはWSの鈴木選手をレシーバーの井手選手に交替しました。いわゆる守備固めをしたんです。しかし、辰巳選手のジャンプサーブは中盤と同じかそれ以上の威力で来たんです。サーブで攻めました。すると、東レがサイドアウトを取れなくなってしまったんです。23ー20くらいから辰巳選手の連続ブレイクでジェイテクトが取りました。これはサーブで攻め続けた結果ですし、東レベンチの采配は消極的だったと言わざるを得ません。サーブを上に上げて、ハイセットで打てるWSを残すとサイドアウトで苦労しなかった可能性は高かったですね。
しかしジェイテクトはカジースキ選手のサーブの調子が今一つで、勝つには辰巳選手だけではなくもっとビッグサーバーのいいサーブがもっと入って来なければ厳しくなります。

JTvs豊田合成はようやく例年通りの面白い対戦となりました。私は監督が海外のプロ監督になってから、この対戦が楽しくて仕方がないのです。レギュラーシーズンでJTが調子悪くて、いつもの通り面白いというわけではなかったのですが、このファイナルに来てようやくそれが見られて嬉しく思いました。
JTがサーブで攻め続けて、昨シーズンのようにヴィソット選手と越川選手のビッグサーブが炸裂し、あわや3ー0で勝てるのではないかと思う程に豊田合成を追い詰めました。これこれ!という感触でした。合成相手にサーブでここまで攻められるチームが今季少ないんですよね。JT自身は不調続きでしたし。ブレイク力が元々高いチームだったのに、今年は何だか歯車が合っていなかった印象でした。しかしファイナルの追い詰められた場面で力を発揮するのはさすがですね。誤審もあったとは思いますが、敗因をそれにしてはいけないと思います。確かにジャッジに文句は言いたいですが、それでもサーブで攻めていれば結果は違ったはずですから。
豊田合成はJTがサーブを最後まで緩めなければわからなかったですね。

観戦のポイント

次週はテレビ中継がありますが、是非、サーブミスの数を数えないようにしましょう。そしたら、きっと試合が楽しくなるはずです。点数の取り方に注目して試合を見ると一層試合が楽しくなりますよ。サーブ権を持っている側がサーブで崩して何本ブレイクを取れるのか、そういったところを見ていただきたいです。

ビッグサーバーを探そう

そのチームごとにビッグサーバーがいます。ビッグサーブとは、ジャンプサーブの中でも威力が高く入ればサービスエースを狙えるようなサーブをよくそう言っています。
勿論ジャンプサーブの威力が弱くても、コースを狙ったり相手チームのジャッジが甘かったりするとサービスエースを取ることもあるのですが、ビッグサーブが入った時の1点の大きさはチームにもいい影響を与えますし、大量のブレイクが狙えます。やはり弱いサーブでは1本目は良くても2本目は拾われてしまったりしますからね。
ビッグサーバーが多ければ多いほど相手にプレッシャーをかけることができます。3人以上と思っていましたが、それも少ない方かもしれません。4人以上全員ジャンプサーバーでもいいくらいだと考えます。プレミアのチームではMBはまだジャンプフローターが多いのですが、やはりジャンプサーブを…と思ってしまいます。強いチームはMBもビッグサーバーがいますからね。WSやOPはビッグサーバーが当然のようになっていますけれども、そこで3人。あとMBやセッターでビッグサーブが打てればなぁと思うところです。
サーブミスがダメなんではなくて、むしろ「入れとけサーブ」は相手に簡単にサイドアウトを取られてしまう消極的なプレーです。サーブで攻めて大量にブレイクできれば楽に勝つことができます。ビッグサーバーを育てることが重要です。

しかし続くな誤審…

JTの監督や選手が誤審を試合後の会見で誤審について指摘している面もありましたが、レギュラーシーズンから続いていますね。中継を見ていてわかるのもありますから、考えなくてはならないですね。ちょっと露骨かな?と思う程に片方のチームへのジャッジが不利かなと思ってしまう試合は確かにあるので。何とかこういった抗議はなくなっていってほしいんですけどね。チャレンジ導入でもいいですし。
次週は何もありませんようにと祈るばかりです。

-JTサンダーズ, Vリーグ15/16シーズン, ジェイテクトSINGS, パナソニックパンサーズ, 堺ブレイザーズ, 東レアローズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.